ヒューバート・H・ハンフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒューバート・H・ハンフリー
Hubert H. Humphrey
HubertHumphrey.png
生年月日 (1911-05-27) 1911年5月27日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスダコタ州ウォーレス
没年月日 (1978-01-13) 1978年1月13日(66歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ウェヴァリー
出身校 ミネソタ大学
ルイジアナ州立大学
キャピトル薬科大学
前職 薬剤師
所属政党 ミネソタ民主農民労働党
配偶者 ミュリエル・バック・ハンフリー
サイン Hubert H Humphrey Signature.svg

在任期間 1965年1月20日 - 1969年1月20日
大統領 リンドン・ジョンソン

選挙区 ミネソタ州
在任期間 1971年1月3日 - 1978年1月13日
1949年1月3日 - 1964年12月30日

在任期間 1977年 - 1978年
仮議長 ジェームズ・イーストランド

在任期間 1961年1月3日 - 1964年12月30日
前任者 マイク・マンスフィールド

在任期間 1945年7月2日 - 1948年11月30日
テンプレートを表示

ヒューバート・ホレイショー・ハンフリー・ジュニアHubert Horatio Humphrey, Jr.1911年5月27日1978年1月13日)は、アメリカ合衆国の政治家である。

その名前は「ヒューバート・H・ハンフリー・メトロドーム」とミネアポリス・セントポール国際空港の「ハンフリー・ターミナル」に冠されている。

生い立ち[編集]

サウスダコタ州ウォーレスで、父ヒューバート・ハンフリー・シニアとノルウェー移民の母ラグニルド・クリスティン・サンズの間に生まれる[1]。幼少期をダコタ・プレーリーに位置するドナルドで過ごした。当時のドナルドは人口およそ700人の小さな町であった。町で薬剤師として働いていた父親はドナルドの町長および町議会議員を務め、地域社会の指導者でもあった。1920年代後半の不景気がドナルドを直撃し、町に2軒あった銀行は閉業した。ハンフリーの父親は自らの薬局を続けるために苦闘した。

ハンフリーがドナルドの高校を卒業すると、父親はドナルドを離れヒューロンで新たな薬局を開業した。父は運命の好転を願ったものの、1年間に及ぶ財政的な戦いの結果、ハンフリーは父親の薬局を手伝うために大学をやめなければならなくなった。彼はコロラド州デンバーのキャピトル薬科大学で薬剤師の資格を得(2年間の課程を半年で修了した)、その後1930年から1937年まで父を助けて薬局で働いた。時がたつにつれ、ヒューロンの「ハンフリー・ドラッグ・カンパニー」の業績は好転し、一家の生活は裕福なものとなった。

しかしながら、ハンフリーは薬剤師として働くことを楽しんではいなかった。彼の夢は政治学の博士号を得て大学教授になることであった。1937年に名門ミネソタ大学に復学し、1939年に学士号を得た。 1940年にはルイジアナ州立大学で修士号を得、政治学の助手として務めた。当時の級友には後にルイジアナ州から上院議員となるラッセル・ロングがいた。

第二次世界大戦では3度陸海軍に志願したが、色覚異常などの理由で不合格となった。結局従軍経験がなかったため、後年の政治生活で徴兵忌避との指弾を受けることとなった。

政治経歴[編集]

1943年にミネソタ州最大の都市であるミネアポリス市長選挙に出馬するが惜敗。同年から翌年まで、マカレスター大学で政治学教授となる。1944年にはミネソタ州の民主党ミネソタ農民労働者党英語版の合併によるミネソタ民主農民労働者党英語版(DFL)の設立に参加。1945年にはDFLの主導権を得ようとした共産主義グループの排除に加わる。

1945年のミネアポリス市長選挙で圧勝し、1947年に再選され1948年まで在任した。

1948年にはミネソタ州選出合衆国上院議員選挙のDFL予備選挙で圧勝。本選挙では共和党現職のジョセフ・ボール英語版を大差で下して当選。民主党系では南北戦争以来初の同州での上院議員当選[2]となった。以後、1949年-1964年、1971年-1978年に民主党会派所属上院議員を務めた。リベラル派の上院議員として知られていた。

1960年大統領選挙の民主党候補指名争いでは、ジョン・F・ケネディとウィスコンシン、ウエスト・バージニアの2州の民主党予備選挙で争った。

1961年には民主党会派(多数党)の院内幹事に選出され、一旦上院議員を離任する1964年まで務めた。

1963年のケネディ暗殺副大統領リンドン・ジョンソンが大統領に昇格。1964年大統領選挙でジョンソンはハンフリーを副大統領候補に指名し、当選。第38代副大統領となる。

1968年大統領選挙では、民主党予備選挙最有力候補のロバート・ケネディが暗殺されたことを受けて急遽ハンフリーが大統領候補指名を受ける。しかし、ベトナム戦争問題で現職ジョンソンが不出馬に追い込まれていた状況にもかかわらず、党有力者の合議で現政権副大統領が指名されたため、党大会では指名に不服な反戦派が暴動を起こしている。本選挙では共和党リチャード・ニクソンに敗北した。

落選後、1969年から70年までマカレスター大学とミネソタ大学で教鞭をとるが、1970年の中間選挙で、再びミネソタ州から上院議員に当選し上院復帰。

1972年大統領選挙の民主党予備選挙に出馬したが、ジョンソン政権の副大統領であったことから、兵役世代の若者の支持が伸び悩むこととなった。それでも予備選挙で一般票得票最多となるが、当時勝者総取り方式を採用していた代議員数最大のカリフォルニア州を落としたことと党員集会を採用する州での劣勢などからジョージ・マクガヴァンに敗れる。

1975年には両院合同経済委員長英語版に就任。

1976年大統領選挙でも出馬を望む声があったが、不出馬。この頃すでに膀胱癌に侵されていた。同年の上院改選で再選された後、多数党院内総務の地位を望むが、互選でロバート・バードに敗れる。1977年には初代の上院仮議長代理に就任。癌が末期であることを公表した後、議員としては異例の両院合同会議での演説機会が与えられた。上院議員・仮議長代理在任のまま翌1978年1月13日に死去。翌14日と15日には議事堂ロタンダに棺が安置された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ RootsWeb's WorldConnect Project”. Ancestry.com. 2006年12月29日閲覧。
  2. ^ 1900年12月5日から1901年1月28日まで、民主党のen:Charles A. Towneが公選を経ず補欠任命されている。

外部リンク[編集]

公職
新設 アメリカ合衆国上院仮議長代理
1977年1月5日 – 1978年1月13日
次代:
ジョージ・J・ミッチェル
空位
最後の在位者
リンドン・ジョンソン
アメリカ合衆国副大統領
1965年1月20日 – 1969年1月20日
次代:
スピロ・アグニュー
先代:
マーヴィン・クライン
ミネアポリス市長
1945年 – 1949年
次代:
エリック・G・ホイヤー
アメリカ合衆国上院
先代:
ユージーン・マッカーシー
ミネソタ州選出上院議員(第1部)
1971年1月3日 – 1978年1月13日
同職:ウォルター・モンデール, ウェンデル・アンダーソン
次代:
ミュリエル・ハンフリー
先代:
ジョセフ・H・ボール
ミネソタ州選出上院議員(第2部)
1949年1月3日 – 1964年12月29日
同職:エドワード・ジョン・サイ, ユージーン・マッカーシー
次代:
ウォルター・モンデール
先代:
マイク・マンスフィールド
上院多数党院内幹事
1961年 – 1964年
次代:
ラッセル・ロング
党職
先代:
ユージーン・マッカーシー
ミネソタ州選出上院議員(第1部)
ミネソタ民主農民労働党候補

1970年, 1976年
次代:
ボブ・ショート
先代:
リンドン・ジョンソン
民主党大統領候補
1968年
次代:
ジョージ・マクガヴァン
民主党副大統領候補
1964年
次代:
エドマンド・マスキー
先代:
エルマー・オースティン・ベンソン
(農民労働)
エド・マーフィー
(民主)
ミネソタ州選出上院議員(第2部)
ミネソタ民主農民労働党候補

1948年, 1954年, 1960年
次代:
ウォルター・モンデール
名誉職
先代:
リンドン・ジョンソン
アメリカ合衆国議会議事堂ホールに
死後安置された人物

1978年1月14日 – 1978年1月15日
次代:
ベトナム戦争時代の無名兵士
マイケル・ブラッシー