チャールズ・W・フェアバンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国の政治家
チャールズ・W・フェアバンクス
Charles Warren Fairbanks
Charles Fairbanks photo portrait seated.jpg
生年月日 1852年5月11日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Ohio.svg オハイオ州ユニオンビル
没年月日 1918年6月4日 (66歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Indianapolis.svg インディアナ州インディアナポリス
出身校 オハイオ・ウェスリアン大学
所属政党 共和党
配偶者 コーネリア・コール (1874年結婚・1913年死亡)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
26代目副大統領
在任期間 1905年3月4日 - 1909年3月3日
大統領 セオドア・ルーズベルト
テンプレートを表示

チャールズ・ウォレン・フェアバンクス(Charles Warren Fairbanks, 1852年5月11日 - 1918年6月4日)は、アメリカ合衆国の政治家。インディアナ州選出上院議員及びセオドア・ルーズベルト政権で26代目アメリカ合衆国副大統領を務めた。

彼はオハイオ州ユニオン郡ユニオンビル・センターの近くで生まれた。1872年にオハイオ州デラウェアオハイオ・ウェスリアン大学を卒業した。フェアバンクスはペンシルベニア州ピッツバーグ及びオハイオ州クリーブランドAP通信社の記者を務めた。1874年にオハイオ州で法曹界入りし、同年インディアナ州インディアナポリスへ転居した。

フェアバンクスは1893年に上院選に出馬したが落選した。彼はカナダ問題を調整するために1898年にケベック市で開催されたアメリカとイギリスの高等委員会の委員に任命された。1896年には共和党から上院議員に選出され、1902年に再選された。彼は上院議員職を1897年3月4日から副大統領就任のために1905年3月3日に辞職するまで務めた。彼は移住委員会及び公共建築・土地委員会の議長であった。彼は共和党セオドア・ルーズベルトの伴走候補者として1904年に副大統領に選出され、1905年3月4日から1909年3月3日まで同職を務めた。1916年に共和党の大統領候補の指名を求めたが予備選挙で落選し、チャールズ・エヴァンズ・ヒューズの伴走候補者として副大統領候補の指名を勝ち取った。ヒューズとフェアバンクスは民主党のウッドロウ・ウィルソン及びトーマス・R・マーシャルに選挙で敗北した。

フェアバンクスはインディアナポリスで弁護士業を再開し1918年に死去した。66歳であった。彼はクラウン・ヒル墓地に埋葬された。

ちなみにアラスカ州フェアバンクスは彼にちなんで命名された。

関連項目[編集]