パン (撮影技法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パンで撮影した高速で走行するレーシングカー

パン (Pan) は、映像撮影技法の一つで、カメラを固定したまま、フレーミングを水平方向、または垂直方向に移動させる技術。垂直方向のそれを特に「ティルト」と区別し、パン、ティルトともに相互に利用され得る。パンニングとも呼ばれる。語源は「パノラマ」。

歴史[編集]

1900年パリ万博に於いて、エジソン・マニュファクチャリング・カンパニーより派遣されたジェームス・H・ホワイトは、120°ほどのパンを駆使した撮影に初めて成功し、この技法をPanoramaと命名する。

Panorama of Eiffel Tower

[1]

用途[編集]

移動中の被写体を撮影する場合にパンが用いられるが、静止中であってもフレームに納まりきらない被写体を撮影する際にも使用される。

CGアニメなどの、撮影を伴わない映像においても、パンという表現は使用される。 同じシーンに対して同様のパンを3回連続で行う演出方法は、アニメ作品『あしたのジョー』において多用され、現代アニメにおいて典型的な演出手法となっている。この手法は俗に「三段パン」と呼ばれる。

写真(スチル)の場合でも、移動する被写体を追いながら撮影(流し撮り)すればカメラの向きを振ることになり、その操作もパンと呼ぶ。

関連用語[編集]

固定したカメラで、移動する被写体をフレーミングで追従し撮影することを「フォロー・パン」と呼ぶ。これに対して、被写体と共にカメラそのものが移動する撮影手法はドリー撮影と呼び、その際にカメラを載せる台車を「ドリー」(dolly)と呼ぶ。ドリーには、カメラを三脚ごと載せるYの字形のものや、テレビ局のスタジオで局用カメラを載せるペデスタルドリー(pedestal dolly)などがある。ペデスタルドリーはカメラを固定したスタンドに車輪を付けた構造。

また、カメラを固定して動かさない撮影技法を「フィクス」と呼ぶが、仮に三脚に載せても、カメラが首を振ればパンである。

チルト式モニター
デジタルカメラなどに搭載されている可変角度式の液晶画面。無理な姿勢をすることなく液晶を見ながら高低からの撮影が可能な仕組み[2][3][4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Panoramique - 仏ウィキペディア
  2. ^ 自由なアングルで撮影できる、チルト可動式液晶モニター
  3. ^ ニコン、FX初のチルト式液晶を装備した「D750」
  4. ^ モニターを確認しながら、かんたんキレイに自分撮りができる
  5. ^ 180度チルト式モニターになった「PowerShot N2」
  6. ^ チルト可動式液晶モニター【チルトカドウシキエキショウ】

関連項目[編集]