バベルの図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
収録(再録)短編集『伝奇集

バベルの図書館」(バベルのとしょかん、原題: La biblioteca de Babel )は、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説であり、またそれに登場する架空の図書館である。

初出は短編集 El jardín de senderos que se bifurcan (1941)。『伝奇集Ficciones (1944) に再録された。

内容[編集]

図書館[編集]

「バベルの図書館」と呼ばれる(主人公は「宇宙」と呼ぶ)その巨大な図書館は中央に巨大な換気孔をもつ六角形の閲覧室の積み重ねで成っている。閲覧室は上下に際限なく同じ部屋が続いており、閲覧室の構成は全て同じである。

閲覧室の壁の内、4つの壁には5段の本棚がそれぞれに設置されており、各段に32冊ずつ本が収納されている。残りの壁はホールに通じており、そのホールを抜けると別の閲覧室の回廊に続いている。ホールには左右に扉があり、それぞれ立ったまま眠る寝室とトイレになっている。また螺旋階段が設置されており、それを使って上下の閲覧室に行くことができる。明かりはランプという名の果実がもたらしている。

司書たちはそこに住み、そこで生涯を終える(死体は換気孔に投げ捨てられる)。彼らのほかに、「捜索係」や「翻訳者」などもいる。この物語は、その図書館の中で一生を過ごした老司書の述懐という形式で述べられている。

蔵書[編集]

この図書館の本には次のような特徴がある。

  • 全て同じ大きさの本であり、1冊410ページで構成される。さらにどの本も1ページに40行、1行に80文字という構成である。また本の大半は意味のない文字の羅列である。また、ほとんどは題名が内容と一致しない。
  • 全ての本は22文字のアルファベット(小文字)と文字の区切り(空白)、コンマ、ピリオドの25文字しか使われていない。
  • 同じ本は2冊とない。

それゆえ司書たちはこの図書館は、この25文字で表現可能な全ての組合せを納めていると考えている。すなわち、これまでに書かれたすべての本の翻訳、これから書かれるすべての本の翻訳、それらの本の落丁・乱丁・誤訳版、および不完全な版を指摘した解説書、解説書の偽書、解説書の偽書一覧目録(これにも偽書あり)等のすべてを含む。つまり本作『バベルの図書館』自体がバベルの図書館に所蔵されている。序章でボルヘスはこの作品自体、すでに書かれていたものであるとしている。

与えた影響[編集]

  • ウンベルト・エーコ薔薇の名前』の図書館のイメージはここからきているとされ、またその登場人物である図書館長ホルヘはボルヘス自身がモデルであるとされる。
  • 1988年~1992年に国書刊行会から、ボルヘスの編纂による『バベルの図書館』という名の叢書が全30巻で刊行された。

全30巻 編纂・序文=J・L・ボルヘス

  1. チェスタトン 富士川義之訳
  2. サキ 中西秀男訳
  3. ホーソーン 酒本雅之・竹村和子訳
  4. カフカ 池内紀訳
  5. ジャック・ロンドン 井上謙治訳
  6. オスカー・ワイルド 矢川澄子・小野協一訳
  7. ヴォルテール 川口顕弘訳
  8. H・G・ウェルズ 小野寺健訳
  9. メルヴィル 酒本雅之訳
  10. 蒲松齢(聊斎志異) 中野美代子訳
  11. E・A・ポー 富士川義之訳
  12. マイリンク 種村季弘訳
  13. レオンブロワ 田辺保訳
  14. ヘンリー・ジェイムズ 大津栄一郎・林節雄訳
  15. 千夜一夜物語・バートン版 由良君美訳
  16. ロシア短篇集 川端香男里・望月哲男・金澤美知子訳
  17. スティーヴンソン 高松雄一・高松禎子訳
  18. ルゴーネス 牛島信明訳
  19. カゾット 渡辺一夫・平岡昇訳
  20. アルゼンチン短篇集 内田吉彦訳
  21. アーサー・マッケン 南條竹則訳
  22. J・L・ボルヘス 鼓直訳
  23. ベックフォード 私市保彦訳
  24. 千夜一夜物語・ガラン版 井上輝夫訳
  25. ヒントン 宮川雅訳
  26. ダンセイニ卿 原葵訳
  27. キプリング 土岐恒二・土岐知子訳
  28. アラルコン 桑名一博訳
  29. ヴィリエ・ド・リラダン 釜山健・井上輝夫訳
  30. パピーニ 河島英昭訳