小野寺健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野寺 健(おのでら たけし、1931年9月19日 -2018年1月1日[1])は、英文学者翻訳家横浜市立大学名誉教授。英国20世紀小説を専門とし、ジョージ・オーウェルアニータ・ブルックナーE・M・フォースターなど翻訳多数、またエッセイ集もある。

神奈川県横浜市生まれ。東京大学英文科卒、同大学院に学び、1958年茨城大学専任講師、1962年横浜市立大学助教授、1967年英国リーズ大学に留学。横浜市立大学教授を96年定年退官、日本大学教授、2002年退職。文化学院・文芸学科講師。

2018年1月1日午前3時5分、老衰のため死去した。86歳没。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『イギリス気質の英語』筑摩書房(ラクーン英語読本) 1995
  • 『心にのこる言葉』河出書房新社 全4巻 1992-99 & 河出文庫 全3巻 1997-98
    • 『心にのこる言葉 ベストセレクション』ちくま文庫 2010

翻訳[編集]

  • P.H.ニュービー『薔薇と革命』弥生書房 1959
  • モルデカイ・ロシュワルト『レベル・セブン 第七地下壕』弥生書房 1960
  • ウィリアム・ヴァン・オコナー『現代小説のすがた』南雲堂(不安の時代)1961
  • アーネスト・ガン『悲劇と脱出 一飛行士の回想』河出書房新社 1962
  • C.M.ダウティ『アラビア砂漠』世界ノンフィクション全集 筑摩書房 1963
  • ジェームズ・ミッチェナー『小説人間の歴史 第1 中野好夫沢崎順之助共訳 河出書房 1967
  • カイル・オンストット『マンディンゴ』第1・2 河出書房新社 1968
  • アイリス・マードック『赤と緑』河出書房新社 1970
  • リチャード・ヒューズ『ジャマイカの烈風』筑摩書房(世界ロマン文庫)1970、晶文社(文学のおくりもの) 1980
  • マーガレット・ドラブル『碾臼』河出書房新社 1971、河出文庫 1980
  • レイモンド・ウィリアムズ『辺境』講談社 1972
  • 『ハックスリー J.ブルック 英文学ハンドブックー「作家と作品」シリーズ50』研究社出版 1972
  • D.H.ロレンス『息子と恋人』筑摩書房「筑摩世界文学大系」 1973
    • 改訳版『息子と恋人』 武藤浩史共訳 ちくま文庫、2016
  • マーガレット・ドラブル『黄金のイェルサレム』河出書房新社 1974
  • パール・バック大地』世界文学全集 集英社 1975/岩波文庫(全4巻) 1997。改訳版
  • イヴリン・ウォー『青春のブライズヘッド』世界文学全集 講談社 1977/岩波文庫(全2巻) 2009。改訳版
  • ミュリエル・スパーク『マンデルバウム・ゲイト』世界の文学 集英社 1977
  • アラン・シリトー『ニヒロンへの旅』講談社 1979
  • バーナード・マラマッド『ドゥービン氏の冬』白水社 1980
  • V・S・ナイポール『暗い河』ティビーエス・ブリタニカ 1981
  • 『オーウェル評論集』岩波文庫 1982
  • マーガレット・フォースター『ジョージー・ガール』晶文社 1982
  • カズオ・イシグロ『女たちの遠い夏』筑摩書房 1984、ちくま文庫 1994
    • 『遠い山なみの光』ハヤカワepi文庫 2001
  • エド・マクラナハン『少年の夏』河出書房新社 1984
  • バーナード・マラマッド『コーンの孤島』白水社 1984
  • ジョージ・ミケシュ『ふだん着のアーサー・ケストラー』晶文社 1986
  • 『20世紀イギリス短篇選』岩波文庫(上下) 1987
  • H・G・ウェルズ『白壁の緑の扉』国書刊行会(バベルの図書館) 1988
  • アニータ・ブルックナー『秋のホテル』晶文社 1988
  • アーノルド・ベネット『ヒルダ・レスウェイズの青春』国書刊行会 1989
  • アニータ・ブルックナー『結婚式の写真』晶文社 1989
  • ジョージ・オーウェル『パリ・ロンドン放浪記』岩波文庫 1989
  • J.L.カー『ひと月の夏』白水社 1989、白水Uブックス 1993
  • オズワルド・ワインド『ジンジャー・ツリー 愛と追憶の日本』河出書房新社 1990
  • アニータ・ブルックナー『英国の友人』晶文社 1990
  • アニータ・ブルックナー『異国の秋』晶文社 1992
  • クリストファー・ド・ヴィンク『群衆のなかで、さよならと手をふる人』河出書房新社 1993
  • ウィリアム・ボイド『アイスクリーム戦争』早稲田出版 1993
  • アニータ・ブルックナー『嘘』晶文社 1994
  • 『E.M.フォースター著作集 民主主義に万歳二唱』みすず書房 1994
  • 『E.M.フォースター著作集 インドへの道』みすず書房 1995
  • 『E.M.フォースター著作集 アビンジャー・ハーヴェスト』みすず書房 1995
  • ジョージ・オーウェル『一杯のおいしい紅茶』朔北社 1995
  • E.M.フォースター『フォースター評論集』岩波文庫 1996
  • アニータ・ブルックナー『招く女たち』晶文社 1996
  • エマ・テナント『ペンバリー館』筑摩書房 1996
  • クリストファー・ド・ヴィンク『そしてイルカは跳ぶ 人生の詩と真実』河出書房新社 1997
  • エスタ・フロイド『郷愁のモロッコ』河出書房新社 1999
  • E.M.フォースター『老年について』みすず書房〈大人の本棚〉 2002
  • ヘンリ・J.M.ナウウェン『心の奥の愛の声 苦悩から自由への旅』女子パウロ会 2002
  • アニータ・ブルックナー『ある人生の門出』晶文社 2004
  • ロバート・ウェストール『青春のオフサイド』徳間書店 2005
  • バーバラ・ピム『秋の四重奏』みすず書房 2006
  • ケイト・アトキンソン『博物館の裏庭で』新潮社新潮クレスト・ブックス〉 2008
  • エミリー・ブロンテ嵐が丘光文社古典新訳文庫(上下) 2010 
  • オリヴァー・ゴールドスミス『ウェイクフィールドの牧師―むだばなし』岩波文庫 2012 

論文[編集]

脚注[編集]