望月哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

望月 哲男(もちづき てつお、1951年1月6日[1] - )は、ロシア文学者北海道大学スラブ研究センター特任教授[2]中央学院大学現代教養学部教授、北海道大学名誉教授。ロシア文化・文学専攻[3]

来歴[編集]

静岡県生まれ。1975年東京大学露文科卒、1982年同大学院博士課程単位取得退学、同助手、1986年北大助教授、1994年教授、1996年木村彰一賞受賞。『アンナ・カレーニナ』、『白痴』の新訳を出した。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『現代ロシア文化』共著 国書刊行会 2000 
  • 『創像都市ペテルブルグ-歴史・科学・文化』(編著)北海道大学出版会(スラブ・ユーラシア叢書) 2007

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]