牛島信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛島 信明(うしじま のぶあき、1940年8月14日 - 2002年12月13日)は、スペイン文学

経歴[編集]

大阪市生まれ。東京外国語大学スペイン語科で会田由に学ぶ。マドリード・コンプルテンセ大学大学院修了。1983年にペルーに赴任し、カトリック大学客員教授。母校教員を長く務め、定年後は名誉教授。琉球大学教授になるがまもなく没す。没後に正四位勲三等瑞宝章

スペイン語文学(スペイン文学、及びイスパノアメリカ文学)を数多く翻訳し、『ドン・キホーテ』の新訳(岩波文庫版)を刊行した。1991年、ビオイ=カサーレス『モレルの発明』の翻訳でBABEL国際翻訳大賞日本翻訳大賞・文学部門を受賞。

著書[編集]

  • 『反=ドン・キホーテ論 セルバンテスの方法を求めて』(弘文堂、1989年)
  • 『スペイン古典文学史』(名古屋大学出版会、1997年)
  • 『ドン・キホーテの旅 神に抗う遍歴の騎士』(中公新書、2002年)

共編著[編集]

  • 『教養のためのスペイン語』 富田育子共著(大修館書店、1991年)
  • 『スペイン学を学ぶ人のために』 川成洋・坂東省次共編(世界思想社、1999年)

訳書[編集]