カルロス・フエンテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルロス・フエンテス
Carlos Fuentes
Carlos Fuentes.jpg
誕生 カルロス・フエンテス・マシーアス
Carlos Fuentes Macías
(1928-11-11) 1928年11月11日
パナマの旗 パナマパナマ市
死没 (2012-05-15) 2012年5月15日(満83歳没)
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
職業 作家評論家
国籍 メキシコの旗 メキシコ
ジャンル 小説・エッセイ・戯曲・文芸評論
代表作 『澄みわたる大地』
『アルテミオ・クルスの死』
『テラ・ノストラ』
主な受賞歴 ビブリオテーカ・ブレーベ賞(1967)
セルバンテス賞(1987)
アストゥリアス皇太子賞(1994)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

カルロス・フエンテスCarlos Fuentes Macías1928年11月11日 - 2012年5月15日)は、メキシコ作家批評家

略歴[編集]

外交官であった父のラファエル・フエンテスが赴任していたパナマ市に生まれる。翌年からキトモンテビデオリオ・デ・ジャネイロに住む。1934年に父がメキシコ大使館の参事官として赴任した街であるワシントンD.C.の小学校に通う。夏季はメキシコシティで過ごし、母語であるスペイン語とメキシコの歴史の勉強に励む。サンティアゴ・デ・チリ(1940-1944)とブエノス・アイレスに住み、この時にアメリカ大陸の文化的特徴の影響を受ける。

16歳にしてメキシコへ戻り、メキシコ高校へ通う。雑誌「Hoy」誌の寄稿家として作家活動を始め、コレヒオ・フランセス・モレーロス文学コンクールで最優秀賞を獲得する。1949年に法律を志すがすぐに諦め、ロンドンへ旅立つ。1958年に出版した処女長編『澄みわたる土地』で早くも名声を獲得し、その後も『アウラ』『アルテミオ・クルスの死』(ともに1962年)を発表するなど、ラテンアメリカ文学のブームを牽引する存在となった。『テラ・ノストラ』でラテンアメリカ文学最高の名誉とされるロムロ・ガジェーゴス賞を受賞する(1977年)。

37歳(1965年)で両親と同じく学者になり、パリロンドンで教える。また、ハーヴァード大学コロンビア大学などでも教え、その後ブラウン大学でも教える。1975年にはフランス大使に任命されるが、1978年にディアス=オルダス元大統領がスペイン大使に任命されたのに抗議し、職を辞する。

2012年5月15日、メキシコシティで死去[1]。83歳没。

作品[編集]

小説[編集]

  • 『仮面の日々』 (Los días enmascarados) 1954年
  • 『澄みわたる大地』(La región más transparente1958年
  • 『良心』(Las buenas conciencias1959年
  • アルテミオ・クルスの死』(La muerte de Artemio Cruz) 1962年
  • 『アウラ』(Aura) 1962年
  • 『盲人の歌』(Cantar de ciegos) 1964年
  • 『聖域』(Zona sagrada) 1967年
  • 『脱皮』(Cambio de piel) 1967年
  • 『誕生日』(Cumpleaños) 1969年
  • テラ・ノストラ』(Terra Nostra) 1975年
  • 『ヒドラの頭』(La cabeza de la hydra) 1978年
  • 『遠い家族』(Una familia lejana) 1980年
  • 『焼けた水』(Agua quemada) 1984年
  • 『老いぼれグリンゴ』(Gringo viejo) 1985年
  • 『胎児クリストバル』(Cristóbal nonato) 1987年
  • 『コンスタンシア、そして乙女たちのためのその他の小説』(Constancia, y otras novelas para vírgenes) 1989年
  • 『闘い』(La campaña) 1990年
  • 『オレンジの樹、あるいは時の円環』(El naranjo,o los círculos del tiempo) 1993年
  • 『ダイアナ、あるいは孤独な狩人』(Diana, o cazadora solitaria) 1994年
  • 『ガラスの国境』(La frontera de cristal) 1995年
  • 『ラウラ・ディアスとの歳月』(Los años con Laura Díaz) 1999年
  • 『メキシコの五つの太陽』(Los cinco soles de México) 2000年
  • 『イネスの本能』(Instinto de Inez) 2001年
  • 『鷲の椅子』(La silla de águila) 2003年
  • 『心配な仲間』(Inquieta compañía) 2004年
  • 『すべての幸福な家族』(Todas las familias felices) 2006年

戯曲[編集]

  • 『すべての猫は褐色』(Todos los gatos son parados) 1970年
  • 『片目は王』(El tuerto es rey) 1970年
  • 『月光に蘭』(Orquídeas a la luz de la luna) 1982年
  • 『夜明けの祝祭』(Ceremonias del alba) 1991年

評論・エッセイ[編集]

  • 『イスパノアメリカの新しい小説』(La nueva novela hispanoamericana) 1969年
  • 『二つドアのある家』(Casa con dos puertas) 1970年
  • 『メヒコの時間』(Tiempo mexicano) 1971年
  • 『セルバンテス、あるいは読みの批判』(Cervantes o la crítica de lectura) 1976年
  • 『すばらしい新世界』(Valiente mundo nuevo) 1990年
  • 『埋められた鏡』(El espejo enterrado) 1992年
  • 『二つの村のための三つの議論』(Tres discursos para dos aldeas) 1993年
  • 『小説の地理学』(Geografía de la novela) 1993年
  • 『メヒコの新しい時間』(Nuevo tiempo mexicano) 1994年
  • 『時の中の肖像』(Retratos en el tiempo) 1998年
  • 『ラ・マンチャのマチャード』(Machado de la Mancha) 2001年
  • 『これを信じる』(En esto creo) 2002年
  • 『幻を見ながら』(Viendo visiones) 2003年
  • 『反ブッシュ』(Contra Bush) 2004年
  • 『それぞれの68年』(Los 68) 2005年

日本語訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Carlos Fuentes, Mexican Novelist, Dies at 83 New York Times 2012年5月16日閲覧