私市保彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

私市 保彦(きさいち やすひこ、1933年10月14日 - )は、日本フランス文学比較文学者、武蔵大学名誉教授

バルザックジュール・ヴェルヌを中心とするフランス文学研究と、フランス文学を基礎に、幻想文学、児童文学の分野での比較文学的研究を行う。そのかたわら、創作活動も行う。

略歴[編集]

東京の阿佐ヶ谷生まれ。戦争中に長野県諏訪郡富士見村に個人疎開、1946年長野県立諏訪中学入学、1947年千葉県立船橋中学に転校、1952年県立船橋高校卒業、1956年東京大学文学部仏文科卒業、61年同大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。1961年和洋女子大学専任講師。1968年武蔵大学助教授、のち教授。2004年定年後特任教授、名誉教授。2004年から日本比較文学会会長を四年間務める。2007年『名編集者エッツェルと巨匠たち』で日本児童文学学会特別賞を受賞。『白い繭』で宗左近賞受賞。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『幻想空間の東西 フランス文学をとおしてみた泉鏡花金沢大学フランス文学会編 平川祐弘ほか共著 十月社 1990
  • 『「赤ずきん」のフォークロア 誕生とイニシエーションをめぐる謎』今井美恵共著 新曜社、2013 

翻訳[編集]

1『百歳の人』
2『アネットと罪人』監訳
3『呪われた子』
5『動物寓話集』
  • 『ジュール・ヴェルヌの世紀』ミシェル・セール序 監訳 東洋書林 2009
  • 『バルザック芸術/狂気小説選集』全5巻 加藤尚宏、芳川泰久共編 水声社 2010
①「ピエール・グラスー」
②「ファチーノ・カーネ」
④「絶対の探求」、「赤い宿屋」
⑥動物寓話集 他大下瑞枝共訳
  • サド全集 第6巻 恋の罪、壮烈悲惨物語』橋本到共訳 水声社 2011
  • ヴェルヌ『海底二万里』岩波少年文庫、2005
  • ヴェルヌ『二年間の休暇』岩波少年文庫、2012 
  • バルザック『神秘の書』加藤尚宏、 芳川泰久、大須賀沙織共訳 「ルイ・ランベール」水声社 2013
  • 『バルザック愛の葛藤・夢魔小説選集』全4巻 水声社 2015-17
1、『偽りの愛人』 加藤尚宏、澤田肇、博多かおる共訳 「ソーの舞踏会」
3、『マラーナの女たち』加藤尚宏、大下瑞枝、奥田恭士、東辰之助共訳「マラーナの女たち」
4,老嬢、片桐祐共訳、「老嬢」、「コルネリュス卿」、「二つの夢」

参考[編集]

  • 私市保彦教授略歴・著作年表 (私市保彦教授記念号) 「武蔵大学人文学会雑誌」2000