ハーバート・ギンタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハーバート・ギンタス
ラディカル派[1]
生誕 1940年
研究分野 ゲーム理論など[2]
母校 ハーバード大学Ph.D、経済学、1969年[3]
影響を
受けた人物
カール・マルクス[4]
サミュエル・ボウルズ[4]
テンプレートを表示

ハーバート・ギンタス: Herbert Gintis1940年 - )は、アメリカ合衆国経済学者中央ヨーロッパ大学教授兼サンタフェ研究所外部教授[3]。経済学以外にも自然科学[† 1]生物学[† 2]進化理論[† 3]教育学[† 4]社会学[† 5]政治学[† 6]哲学[† 7]神経・神経科学[† 8]を始めとする多数の分野の国際学術誌に研究論文が掲載されており、特にラディカル経済学、遺伝と文化の共進化の理論、生物経済学などの創設に貢献した[5]

来歴[ソースを編集]

ハーバート・ギンタスは、1961年米国ペンシルベニア大学で学士号を、ハーバード大学で修士号を受けた数学専攻の学生であったが、その後経済学専攻に転じ、1969年にハーバード大学で経済学の博士号を取得した[3]。学位取得後は数年間ハーバード大学経済学部で助教授および准教授を勤めた後に1975年マサチューセッツ大学に移籍した[3]。さらに2002年にはハンガリー中央ヨーロッパ大学に移籍し、2011年現在には米国サンタフェ研究所外部教授を兼任している[3]

著作[ソースを編集]

  • "Inequality: A reassessment of the effect of family and schooling in America", with Christopher Jencks, et al. (Basic Books,1972) .
  • "Democracy and capitalism: Property, theory, and the contradictions of modern social theory",with Samuel Bowles (Basic Books, 1986).
  • "Democracy and markets: participation, accountability, and efficiency", with Samuel Bowles and Bo Gustafsson (eds.) (Cambridge University Press,1993).
  • "Macroeconomic policy after the conservative era: Research on investment, savings, and finance", with Gerald Epstein (eds.) (Cambridge University Press, 1995).
  • "Game theory evolving" (Princeton University Press, 2000).
  • "Foundations of human sociality: Ethnography and experiments in fifteen small-scale societies", with Joe Henrich, Robert Boyd, Samuel Bowles, Colin Camerer and Ernst Fehr (Oxford University Press, 2004).
  • "Unequal chances: Family background and economic success",with Samuel Bowles and Melissa Osborne (Princeton University Press, 2005)
  • "Moral sentiments band material interests: On the foundations of cooperation in economic life", with Samuel Bowles, Robert Boyd, and Ernst Fehr (MIT Press, 2005).

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ NatureScienceProceedings of the Natural Academy of Science等が挙げられる[5]
  2. ^ Journal of Theoretical BiologyTheoretical Population Biology等が挙げられる[5]
  3. ^ Evolution and Human BehaviorEvolutionary PsychologyJournal of Bioeconomics等が挙げられる[5]
  4. ^ Harvard Educational ReviewSociology of Education等が挙げられる[5]
  5. ^ Annual Review of SociologyCritical SociologyRationality and Sociology等が挙げられる[5]
  6. ^ American Political Science ReviewPolitics and Society等が挙げられる[5]
  7. ^ Philosophy and Public Affairs等が挙げられる[5]
  8. ^ Behavioral and Brain ScienceJournal of Consciousness等が挙げられる[5]
[ヘルプ]

出典[ソースを編集]

  1. ^ ギンタス 2011, pp. 410-411, 「訳者あとがき」.
  2. ^ ギンタス 2011, 「訳者あとがき」.
  3. ^ a b c d e ギンタス 2011, p. 409, 「訳者あとがき」.
  4. ^ a b ギンタス 2011, p. 411, 「訳者あとがき」.
  5. ^ a b c d e f g h i ギンタス 2011, pp. 409-410, 「訳者あとがき」.
[ヘルプ]

引用文献[ソースを編集]

  • ハーバート・ギンタス(成田悠輔他訳) 『ゲーム理論による社会科学の統合』 NTT出版〈叢書制度を考える〉、2011年ISBN 978-4-7571-2240-6