ハーバート・ギンタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーバート・ギンタス
Post-Walrasian Economics
生誕 1940年
研究分野 経済理論ミクロ経済学
社会心理学互恵的利他行動
ゲーム理論二重相続理論
影響を
受けた人物
カール・マルクス
フリードリヒ・ハイエク
レオン・ワルラス
サミュエル・ボールズ
テンプレートを表示

ハーバート・ギンタス(ギンティス)(英語:Herbert Gintis1940年 - )は、アメリカ合衆国経済学者

ギンタスは、1961年ペンシルベニア大学数学学士号を、1962年ハーバード大学で数学の修士号を、その後1969年にハーバード大学から経済学博士号を得た。ギンタスは、(1989年から断続的に、2002年からは現在まで)イタリアシエナ大学の経済学部客員教授であり、2001年からサンタフェ研究所の在外教授職である。また2003年からはマサチューセッツ大学の名誉教授であり、2005年からはブダペスト中央ヨーロッパ大学の教授である。

1997年から2006年にかけて、人類学者であるロバート・ボイドとともに、学際的研究プロジェクト「経済的環境と規律・選好の進化」のディレクターを務めた。また長年の盟友であるサミュエル・ボールズとの共著『アメリカ資本主義と学校教育』は教育書博物館の本世紀賞を獲得している。

著作[編集]

  • "Inequality: A reassessment of the effect of family and schooling in America", with Christopher Jencks, et al. (Basic Books,1972) .
  • "Democracy and capitalism: Property, theory, and the contradictions of modern social theory",with Samuel Bowles (Basic Books, 1986).
  • "Democracy and markets: participation, accountability, and efficiency", with Samuel Bowles and Bo Gustafsson (eds.) (Cambridge University Press,1993).
  • "Macroeconomic policy after the conservative era: Research on investment, savings, and finance", with Gerald Epstein (eds.) (Cambridge University Press, 1995).
  • "Game theory evolving" (Princeton University Press, 2000).
  • "Foundations of human sociality: Ethnography and experiments in fifteen small-scale societies", with Joe Henrich, Robert Boyd, Samuel Bowles, Colin Camerer and Ernst Fehr (Oxford University Press, 2004).
  • "Unequal chances: Family background and economic success",with Samuel Bowles and Melissa Osborne (Princeton University Press, 2005)
  • "Moral sentiments band material interests: On the foundations of cooperation in economic life", with Samuel Bowles, Robert Boyd, and Ernst Fehr (MIT Press, 2005).

外部リンク[編集]