太田朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田 朋子
Tomoko Harada cropped 1 Tomoko Harada 201611.png
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真
生誕 (1933-09-07) 1933年9月7日(88歳)
日本の旗 日本 愛知県みよし市
研究分野 遺伝学
研究機関 国立遺伝学研究所
出身校 東京大学農学部ノースカロライナ州立大学
主な業績 中立進化説
主な受賞歴 猿橋賞(1981年)
日本学士院賞(1985年)
クラフォード賞(2015年)
文化勲章(2016年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

太田 朋子(おおた ともこ、1933年9月7日 - )は、日本遺伝学者木村資生による、遺伝子の「分子進化の中立説」(Kimura 1968, 1969) 発表後、木村資生と共同で中立進化説の基礎固めを行い、その業績によりクラフォード賞を受賞。学位は、Ph.Dノースカロライナ州立大学・1966年)、理学博士東京大学・1972年)。国立遺伝学研究所名誉教授。文化功労者文化勲章受章。愛知県西加茂郡三好町(現:みよし市)生まれ。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

栄典 [編集]

進化の「ほぼ中立」説[編集]

生物の突然変異は生存に有利か不利のどちらかであり、有利なものが生き残るという自然淘汰説が1960年代半ばまで主流だったが、国立遺伝学研究所の木村資生名誉教授が突然変異のほとんどは有利でも不利でもないとの「中立説」を発表し、1970年代に太田が、わずかに不利な「ほぼ中立」の変異でも、集団の規模が小さければ偶然広がる確率が高まるという説を発表した[2]。この「ほぼ中立説」は1990年代以降、蛋白質や遺伝子の研究が進むにつれ、認められるようになった[2]

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

関連文献[編集]

  • Kimura M. (1968) Evolutionary rate at the molecular level. Nature 217:624-6.
  • Kimura M. (1969) The rate of molecular evolution considered from the standpoint of population genetics. Proc Natl Acad Sci USA 63(4):1181-8.
  • Kimura M, Ohta T. (1971) Protein Polymorphism as a Phase of Molecular Evolution. Nature 229:467-469.
  • Ohta (1973-11-09). Slightly Deleterious Mutant Substitutions in Evolution. Nature 246: 96–98. doi:10.1038/246096a0. PMID 4585855.
  • Kimura M, Ota T. (1974) On some principles governing molecular evolution. Proc Natl Acad Sci USA ;71(7):2848-52.
  • Ohta, Gillespie (1996) Development of Neutral and Nearly Neutral Theories. Theoretical Population Biology 49 (2): 128–142. doi:10.1006/tpbi.1996.0007. PMID 8813019.
  • Jukes (2000) The Neutral Theory of Molecular Evolution. Genetics 154(3): 956-958.
  • Akashi H, Osada N and Ohta T. (2012) Weak Selection and Protein Evolution. Genetics 192(1): 15-31.

外部リンク[編集]