マイケル・トマセロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・トマセロMichael Tomasello1950年1月18日 アメリカ合衆国フロリダ州バートウ - )は認知心理学者。ドイツライプツィヒマックス・プランク進化人類学研究所の所長を務める。

霊長類学発達心理学、特に言語獲得を専門とする。言語獲得では、認知言語学構文文法に近い立場を取り、ノーム・チョムスキー生成文法理論を激しく批判している。生得的な言語構造を認めず、発達の初期に個別の語ごとに固定された表現を学習し(動詞島仮説)、そこから徐々に一般化することによって、より抽象的な文法をボトムアップ的に獲得するとしている。トマセロの言語獲得の理論は社会語用論的アプローチと呼ばれ、共同注意(ジョイントアテンション)を初めとする社会的・コミュニケーション的な側面の果たす役割の重視を特徴としている。

1972年にデューク大学から心理学の学士号を、1980年にジョージア大学より実験心理学の博士号を取得。エモリー大学ヤーキーズ霊長類研究所に勤めた後、1998年からマックスプランク研究所で現職を務める。2006年5月、ジャン・ニコ賞 受賞。

主な著書[編集]

心とことばの起源を探る:文化と認知 勁草書房 ISBN 4326199407
  • Tomasello, M. (2003). Constructing a language: A usage-based theory of language acquisition. Cambridge, MA: Harvard University Press. ISBN 0674010302 (hbk.), ISBN 0674017641 (pbk.).
ことばをつくる―言語習得の認知言語学的アプローチ 慶應義塾大学出版会 辻幸夫, 野村益寛, 出原健一 , 菅井三実, 鍋島弘治朗, 森吉直子訳 (2008)

外部リンク[編集]