中央ヨーロッパ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CEU Entrance

中央ヨーロッパ大学 (Central European University、略称:CEU) は、1991年に創立された、ハンガリーブタペストにある英語で授業を行うスタイルの国際的な私立大学院大学である。米国から正規の高等教育機関としての認定を受けている。同大学では社会科学、人文科学、法学、公共政策、ビジネスマネジメント、環境科学、数学の学位を取得できる。

100カ国以上の国からの出身者を含む、およそ1,600人の学生が学んでおり、教員は300人以上で、出身国は学生同様30カ国もの国々に渡り、総じて極めて国際的でリベラルな校風である。ブダペスト出身で共同創設者の一人であるジョージ・ソロスは、設立に当たり4億2,000万ユーロを自身の財団(Open Society Institute)を通じて同大学に出資している。その後の更なる資金援助により、CEUは現在、8億8,000万ドル(2010年)もの豊富な大学基金を持つ、ヨーロッパで最も資金力のある大学の一つである[1]

CEUは1991年に創立されたばかりのいまだ若く新しい大学であるが、すでに優れた業績で知られており、さまざまな大学ランキングにおいて高い評価を得ている。ドイツの新聞ディー・ツァイトの調査によれば、政治科学部は、ヨーロッパにおけるもっとも優れた政治科学部の一つ[2]であり、第5位に位置付けられている。[3]また、QS TOPMBAの調査によれば、常にヨーロッパのもっとも優れたビジネススクールの一つとされている。[4]

CEUは1991年に、共産主義の崩壊と共に設立され、創設の目的は、開かれた社会民主化に向けた取り組みを研究することにあり、西側をモデルとした教育機関が地域間の協調を推し進め、民主化に向けた旧共産主義国の新しい世代のリーダーを育成することであった。設立から10年を迎えた頃より、関心領域はさらに世界各国における民主化人権へと拡大され、学際的な研究と実際的な政策決定を主導し、良い統治法の支配を広げるため、地域研究と国際的な研究を組み合わせた比較研究を発展させている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]