ハイロ・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はディアス第二姓(母方の)はエルナンデスです。
ハイロ・ディアス
Jairo Díaz
コロラド・ロッキーズ #37
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アンソアテギ州プエルト・ラ・クルス英語版
生年月日 (1991-05-27) 1991年5月27日(28歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 2014年9月8日 クリーブランド・インディアンス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ハイロ・ホセ・ディアス・エルナンデスJairo Jose Díaz Hernandaz, 1991年5月27日 - )は、ベネズエラアンソアテギ州プエルト・ラ・クルス英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBコロラド・ロッキーズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス時代[編集]

2007年8月1日にロサンゼルス・エンゼルス捕手として契約。

2008年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・エンゼルスでプロデビュー。31試合に出場して打率.184、1本塁打、7打点、1盗塁のを記録した。

2009年もルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・エンゼルスでプレーし、24試合に出場して打率.118、5打点を記録した。

2010年から投手へ転向。ルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・エンゼルスでプレーし、16試合に登板して3勝1敗3セーブ、防御率3.67、28奪三振を記録した。

2011年はまずルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・エンゼルスでプレーし、11試合(先発10試合)に登板して4勝1敗、防御率4.08、44奪三振を記録した。8月にA級シーダーラピッズ・カーネルズ英語版へ昇格。4試合に先発登板して0勝3敗、防御率8.20、10奪三振を記録した。

2012年はまずA級シーダーラピッズで13試合に先発登板して2勝7敗、防御率7.70と結果を残せず、6月からパイオニアリーグのルーキー級オレム・オウルズ英語版でプレー。14試合に先発登板して5勝6敗、防御率5.30、61奪三振を記録した。

2013年からリリーフに転向。開幕からA級バーリントン・ビーズ英語版[1]でプレーし、32試合に登板して0勝3敗8セーブ、防御率3.97、28奪三振を記録した。7月にA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版へ昇格。A+級インランド・エンパイアでは13試合に登板して0勝2敗、防御率8.87、21奪三振を記録した。

2014年はまずA+級インランド・エンパイアでプレーし、29試合に登板して2勝3敗4セーブ、防御率4.78、37奪三振を記録した。6月にAA級アーカンソー・トラベラーズへ昇格。AA級アーカンソーでは27試合に登板して2勝1敗11セーブ、防御率2.20、48奪三振を記録した。9月8日にエンゼルスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[2]、同日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー。9点リードの9回裏から登板し、1回を無安打無失点2四球2三振に抑えた。この年メジャーでは5試合に登板して防御率3.18、8奪三振を記録した。

ロッキーズ時代[編集]

2014年12月11日にジョシュ・ラットリッジとのトレードで、コロラド・ロッキーズへ移籍した[3]

2015年は21試合に登板して0勝1敗、防御率2.37、18奪三振を記録した。

2016年3月6日にトミー・ジョン手術を受ける事が発表され[4]、この年は全休した。

2018年6月10日にDFAとなり[5]、12日に自由契約となった[6]。6月18日に再びロッキーズとマイナー契約を結んだ[7]

2019年の開幕は傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスで迎え、5月22日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 LAA 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.2 4 0 3 0 0 8 0 0 2 2 3.18 1.24
2015 COL 21 0 0 0 0 0 1 0 7 .000 78 19.0 16 2 6 0 0 18 0 0 6 5 2.37 1.16
2017 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 30 5.0 12 0 5 0 1 2 0 0 6 5 9.00 3.40
MLB:3年 30 0 0 0 0 0 1 0 7 .000 132 29.2 32 2 14 0 1 28 0 0 14 12 3.64 1.55
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 49(2014年)
  • 47(2015年、2017年)
  • 37(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 2013年よりエンゼルス傘下
  2. ^ Brian Dulik (2014年9月9日). “Diaz strikes out two in MLB debut after callup”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  3. ^ Rockies acquire RHP Jairo Diaz from Angels”. MLB.com Rockies Press Release (2014年12月11日). 2014年12月27日閲覧。
  4. ^ Colorado Rockies' Jairo Diaz to undergo Tommy John surgery – MiLB.com News – The Official Site of Minor League Baseball”. MiLB.com (2016年3月6日). 2016年5月27日閲覧。
  5. ^ Anne Rogers (2018年6月10日). “Vasto earns first callup; Oberg to DL” (英語). MLB.com. 2018年6月11日閲覧。
  6. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年6月13日閲覧。
  7. ^ Jeff Todd (2018年6月18日). “Rockies To Re-Sign Jairo Diaz” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年5月23日閲覧。
  8. ^ Thomas Harding (2019年5月22日). “Diaz's emotional road culminates with callup” (英語). MLB.com. 2019年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]