ヌワラ・エリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ヌワラ・エリヤ
නුවරඑළිය
நுவரேலியா
Nuwara Eliya
ヌワラ・エリヤ近郊の紅茶プランテーション
ヌワラ・エリヤ近郊の紅茶プランテーション
愛称 : リトル・イングランド
座標 : 北緯6度58分 東経80度46分 / 北緯6.967度 東経80.767度 / 6.967; 80.767
行政
スリランカの旗 スリランカ
  中部州(スリランカ)の旗 中部州
  ヌワラ・エリヤ県
 市 ヌワラ・エリヤ
地理
面積  
  市域 13 km2
標高 1,868 m (6,128 ft)
人口
人口 (2012年[1]現在)
  市域 27,326人
    人口密度   2,102人/km2
その他
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
市外局番 052

ヌワラ・エリヤシンハラ語: නුවරඑළිය [nuːrɛliːjə]タミル語: நுவரேலியா英語: Nuwara Eliya)は、スリランカ中部州ヌワラ・エリヤ県の都市である。スリランカ中央高地の南側、標高1,868 mの地域に位置しており、美しい風景と涼しい気候、そしてその気候を生かした紅茶セイロンティー)の生産で知られている。都市からはスリランカ最高峰のピドゥルタラーガラ山を望むことができる。ヌワラ・エリヤ県の県都である。

歴史[編集]

ヌワラ・エリヤ近郊に位置する滝

ヌワラ・エリヤの町は、1846年に後にナイル川の探検でアルバート湖発見で知られることになるサミュエル・ベーカー英語版により設立された。この地域の涼しい気候は当時スリランカを支配していたイギリスの役人や入植者にとって素晴らしいものだった。ヌワラ・エリヤはリトル・イングランドと呼ばれ、入植者達はこの地で鹿のハンティング、それにポロゴルフクリケットを楽しんだ。今日でも多くの人が特に花のシーズンの4月にこの地を訪れており、ポニーカートのレース、オート・ラリーが催されている。

ヌワラ・エリヤにはクイーン・コテージ英語版ゼネラル・ハウス英語版グランド・ホテル英語版ヒル・クラブ英語版、それに郵便局といった植民地時代の建築物が多く残されており、新たに建設されたホテルの多くも植民地風のスタイルになっている。またイギリス風の芝生や庭園を維持している個人住宅も多い。

気候[編集]

高地に位置することから、ヌワラ・エリヤはケッペンの気候区分西岸海洋性気候 (Cfb) に属す。年間の平均気温は16℃である。冬季の夜はとても寒くなり、霜が降りることもある。しかし日が昇ると気温も急速に上昇する。

ヌワラ・エリヤの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 25.9
(78.6)
25.6
(78.1)
26.8
(80.2)
27.7
(81.9)
27.3
(81.1)
26.4
(79.5)
25.4
(77.7)
24.7
(76.5)
25.4
(77.7)
24.2
(75.6)
26.2
(79.2)
27.5
(81.5)
27.7
(81.9)
平均最高気温 °C (°F) 20.0
(68)
21.2
(70.2)
22.5
(72.5)
22.8
(73)
21.3
(70.3)
18.9
(66)
18.5
(65.3)
18.7
(65.7)
19.2
(66.6)
19.8
(67.6)
19.8
(67.6)
19.4
(66.9)
20.2
(68.4)
日平均気温 °C (°F) 14.7
(58.5)
15.3
(59.5)
16.3
(61.3)
17.1
(62.8)
17.1
(62.8)
16.1
(61)
15.7
(60.3)
15.7
(60.3)
15.7
(60.3)
15.8
(60.4)
15.6
(60.1)
15.2
(59.4)
15.9
(60.6)
平均最低気温 °C (°F) 9.4
(48.9)
9.4
(48.9)
10.2
(50.4)
11.4
(52.5)
12.8
(55)
13.3
(55.9)
12.8
(55)
12.7
(54.9)
12.3
(54.1)
11.9
(53.4)
11.5
(52.7)
11.0
(51.8)
11.6
(52.9)
最低気温記録 °C (°F) 1.2
(34.2)
0.4
(32.7)
1.1
(34)
4.4
(39.9)
7.8
(46)
8.7
(47.7)
2.3
(36.1)
8.4
(47.1)
7.2
(45)
5.1
(41.2)
2.4
(36.3)
1.9
(35.4)
0.4
(32.7)
降水量 mm (inch) 100.6
(3.961)
77.7
(3.059)
71.5
(2.815)
158.4
(6.236)
175.9
(6.925)
171.9
(6.768)
164.9
(6.492)
161.0
(6.339)
178.8
(7.039)
226.8
(8.929)
221.7
(8.728)
196.0
(7.717)
1,905.2
(75.008)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 8 7 8 13 13 16 17 16 15 18 17 15 163
 % 湿度 75 67 65 73 87 84 84 84 83 83 82 85 79
出典 1: 世界気象機関[2]
出典 2: NOAA[3]

言語[編集]

ヌワラ・エリヤでは主にシンハラ語タミル語が話される。その他英語もまた広く用いられている。

交通[編集]

ペラデニヤ・ヌワラ・エリヤ道路

ヌワラ・エリヤ市内には鉄道駅が存在しておらず、最も近い鉄道駅は約8km離れたナーヌ・オヤ英語版となる。空の便としてはLake Gregory Waterdrome英語版によるエアタクシーが、ヌワラ・エリヤとコロンボを結んでいる[4]

姉妹都市[編集]

施設[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]