ムッライッティーヴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ムッライッティーヴー
முல்லைத்தீவு
මූලදූව
Mullaitivu
ムッライッティーヴーのヒンドゥー寺院
ムッライッティーヴーのヒンドゥー寺院
座標 : 北緯9度17分 東経80度48分 / 北緯9.283度 東経80.800度 / 9.283; 80.800
行政
スリランカの旗 スリランカ
  北部州(スリランカ)の旗 北部州
  ムッライッティーヴー県
 市 ムッライッティーヴー
人口
人口 (2009年現在)
  市域 37,339人
  備考 推定人口
その他
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)

ムッライッティーヴータミル語: முல்லைத்தீவு Mullaittīvuシンハラ語: මූලදූව英語: Mullaitivu)は、スリランカ北部州ムッライッティーヴー県の都市である。ムッライッティーヴー県の県都であり、スリランカの北東海岸に位置する。かつてはコロンボジャフナを行き来する小さな帆船が錨を下ろす港があっただけであったが、漁民の入植の結果20世紀初頭に町は大きく成長した。市内にあるDS事務所の周囲には、多くの公的機関や学校が集まっている。

1983年スリランカ内戦勃発後は、ムッライッティーヴーは長らくタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) の支配下にあった。この地には大きな軍事基地がおかれ、町は幾度もの戦いの舞台となった。また2004年のスマトラ島沖地震による津波では、この地域も大きな被害を受けた。LTTEの支配は、内戦が最終局面を迎えた2009年1月25日、政府軍が攻勢により都市をLTTEから奪取するまで続いた。

写真[編集]

関連項目[編集]