バドゥッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
バドゥッラ
බදුල්ල
பதுளை
Badulla
Cullen Estateから望むバドゥッラ
Cullen Estateから望むバドゥッラ
位置
バドゥッラの位置図
バドゥッラ
座標 : 北緯6度59分5秒 東経81度3分23秒 / 北緯6.98472度 東経81.05639度 / 6.98472; 81.05639
行政
スリランカの旗 スリランカ
  ウバ州の旗 ウバ州
  バドゥッラ県
 市 バドゥッラ
地理
面積  
  市域 10 km2
人口
人口 (2012年[1]現在)
  市域 47,587人
    人口密度   4,759人/km2
その他
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)

バドゥッラシンハラ語: බදුල්ලタミル語: பதுளை英語: Badulla)は、スリランカウバ州バドゥッラ県の都市である。古都キャンディから南東へ60 km、標高約680mの高地地域に位置している。都市を囲むようにバドゥッラ川が流れ、周囲には美しい丘陵に紅茶プランテーションが広がっている。ウバ州の州都であり、バドゥッラ県の県都でもある。

地理[編集]

バドゥッラの周囲にはナムナクラ英語版の山々(最も高い峰が標高2,016m)があり、その影が薄らと都市を覆っている。この地域は、植民地時代以前、キャンディ王の下シンハラ人の王子が統治する拠点であった。後にイギリスの支配が始まると、この地は州行政のハブの一つとなった。イギリスにより建設された、プランテーションからコロンボに紅茶を運び出すための鉄道路線も、バドゥッラが終点とされた。

バドゥッラはスリランカ最大の都市コロンボから約230 km離れた、スリランカ中央高地の東側の斜面に位置している。コロンボ、キャンディ、ゴールといった他の主要都市からバドゥッラまではいくつかのルートがある。コロンボからであれば、A4とA16ハイウェイに沿ってラトゥナプラバランゴダ英語版ハプタレー英語版バンダーラウェラ、HaliElaと通って約5~6時間である。キャンディからであれば、Victoria-Randenigala Raja Mawathaかヌワラ・エリヤ(A5ハイウェイ)の2ルートが使用できる。ゴールからの場合、マータラハンバントタ、ウェッラワーヤ、エッラ、Demodara、HaliElaを通るルート(A2ハイウェイ)などが使用できる。

バドゥッラの周辺には、ホートン・プレインズ国立公園英語版ナックル山脈英語版といった自然豊かで風光明媚な地域が存在する。

人口動態[編集]

民族 人口(2001年)[2] %
シンハラ人 29,961 73.22
スリランカ・ムーア 5,519 13.49
スリランカ・タミル 2,717 6.64
インド・タミル 1,989 4.86
その他(バーガー人マレー人を含む) 735 1.80
合計 40,920 100

写真[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sri Lanka - largest cities (per geographical entity)”. World Gazetteer. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月10日閲覧。