チリアコ・スフォルツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チリアコ・スフォルツァ Football pictogram.svg
Ciriaco Sforza.jpg
名前
愛称 チリ[1]
ラテン文字 Ciriaco Sforza
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1970-03-02) 1970年3月2日(48歳)
出身地 アールガウ州ヴォーレン英語版
身長 180cm[2]
体重 78kg[2]
選手情報
ポジション MF / DF
ユース
1976-1978 スイスの旗 FCフィルマーゲン
1978-1986 スイスの旗 FCヴォーレン英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1988 スイスの旗 グラスホッパー 66 (5)
1988-1990 スイスの旗 FCアーラウ 22 (3)
1990-1993 スイスの旗 グラスホッパー 75 (7)
1993-1995 ドイツの旗 カイザースラウテルン 61 (15)
1995-1996 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 30 (2)
1996-1997 イタリアの旗 インテル・ミラノ 26 (1)
1997-2000 ドイツの旗 カイザースラウテルン 91 (4)
2000-2002 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 35 (1)
2002-2006 ドイツの旗 カイザースラウテルン 47 (1)
代表歴
1991-2001 スイスの旗 スイス 79 (7)
監督歴
2006-2008 スイスの旗 FCルツェルン
2009-2012 スイスの旗 グラスホッパー
2014-2015 スイスの旗 FCヴォーレン英語版
2015 スイスの旗 FCトゥーン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チリアコ・スフォルツァ(Ciriaco Sforza, 1970年3月2日 -)は、スイスの元サッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはミッドフィールダー(攻撃的MF)、ディフェンダー(リベロ)[3]1990年代から2000年代初頭にかけて最も成功を収めたスイスのサッカー選手[4]、またはスイスの生んだ最高のミッドフィールダーの一人とも称される[5]

経歴[編集]

クラブ[編集]

スフォルツァはアールガウ州ヴォーレン英語版でイタリア移民の子供として生まれ、20歳の時にスイス国籍を取得した[6]

1986年7月、16歳の時にグラスホッパー・クラブ・チューリッヒと契約を結びプロサッカー選手としてのキャリアを開始した[2][7]1988年オットマー・ヒッツフェルトが監督に就任し右サイドバックへの転向を勧められたが[7]、ミッドフィールダーとしてのプレースタイルを磨くためFCアーラウへ移籍[1][6]1990年、ヒッツフェルトに呼び戻されグラスホッパーに復帰を果たすとスイスリーグ優勝に貢献した[7][8]

1993年7月、ドイツの1.FCカイザースラウテルンへ移籍[2]。1993-94シーズン第1節の1.FCケルン戦でデビューするとこの試合で初得点を決めた[7][9]。当時のスフォルツァは無名の存在だったが[5]、選手としての評価を高めると[6]1994年4月14日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦での勝利(4-0でカイザースラウテルンの勝利[10])はキャリアの集大成となった[5]

1995年7月にはバイエルン・ミュンヘンへ移籍し[2]UEFAカップ優勝に貢献[6]1996年7月にはイタリアのインテル・ミラノへ移籍したが[2]、中心選手として機能していたカイザースラウテルン時代とは異なり数多くのスター選手が在籍するバイエルンやインテルの環境に適応することは出来ず、精彩を欠いた[5]

1997年7月、200万マルクの移籍金で[11]カイザースラウテルンへ復帰[2]オットー・レーハーゲル監督の下で2部リーグから昇格したばかりのチームを中心選手として牽引し、昇格初年度でブンデスリーガ優勝に導いた[12]。この時期には本来の攻撃的ミッドフィールダーとしてではなく、リベロとしてもプレーをしたが[3][13]、一方で1999年にはレーハーゲルとの間でトレーニング方法をめぐる対立が表面化した[14]

2000年7月、1280万マルクの移籍金で[7]、前シーズン限りで退団したローター・マテウスの後釜として[15]、バイエルン・ミュンヘンへ移籍[2]。2000-01シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグとブンデスリーガの優勝を経験したが、膝の負傷を抱えていたことから[7]、往時のプレーを見せことは少なくなった[1]。ヒッツフェルト監督の下では控えを務める機会が増え[6]、ブンデスリーガのハンブルガーSVVfLヴォルフスブルク、母国のスイスのクラブへ移籍する可能性が浮上した[7]

2002年7月、カイザースラウテルンへ移籍したが[2]2003年ハムストリングを負傷し回復までに1年6か月を要した[7][16]2004年11月20日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦で復帰を果たし[17]、好調なプレーを維持したことからサッカー専門誌『キッカー』の「カムバック賞」に選ばれた[7]。その後はスランプに陥り[7]2005年10月15日に行われたボルシア・ドルトムント戦を最後にクラブ側から契約を解除された[16]

代表[編集]

スイス代表としては1991年8月21日に行われたチェコスロバキア代表との国際親善試合でデビュー[18][19]。代表監督のロイ・ホジソンの指揮の下で1992年から1993年にかけて行われた1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では、28年ぶり7回目のワールドカップ出場に貢献した[20]1994年アメリカ合衆国で行われた本大会では決勝トーナメント進出に貢献した[21]

2年後の1996年イングランドで行われたUEFA EURO '96にも出場[21]2001年10月6日に行われたUEFA EURO 2000予選ロシア代表戦を最後に代表から退いた[22]。スイス代表としての通算成績は国際Aマッチ79試合出場[23]7得点[24][25][26][27][28][29][30]

引退後[編集]

引退後は指導者に転じ、2006年から2008年にかけてスイススーパーリーグ所属のFCルツェルン[31]2009年から2012年にかけて古巣のグラスホッパーで監督を務めた[31]2014年から2015年にかけてはチャレンジリーグ所属のFCヴォーレン英語版の監督を務めると17試合無敗記録とリーグ戦3位という成績を収め[32]、下部リーグへの降下を阻止した[1]

2015年6月、スーパーリーグ所属のFCトゥーンの監督に就任したが[31]、同年9月30日に双方の合意に基づき契約を解除したことを発表した[33]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[34]


スイス代表 国際Aマッチ
出場 得点
1991 4 0
1992 6 2
1993 8 0
1994 12 2
1995 8 1
1996 9 2
1997 5 0
1998 4 0
1999 10 0
2000 7 0
2001 6 0
合計 79 7

代表での得点[編集]

出典[24][25][26][27][28][29][30]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ
1.FCカイザースラウテルン
バイエルン・ミュンヘン

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Sforza, Ciriaco”. Rotweiss. 2016年9月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Ciriaco Sforza Spieler-Info”. kicker.de. 2016年9月18日閲覧。
  3. ^ a b Bundesliga: Sforza fordert Möller und neuen Libero”. SPIEGEL.de (1999年6月3日). 2016年9月18日閲覧。
  4. ^ Frankreich – Schweiz am Sonntag live im ZDF”. ZDF Presseportal (2016年6月16日). 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d Ciriaco Sforza wird 40”. 11 Freunde (2010年3月2日). 2016年9月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e Aus den Augen, aus dem Sinn? Nicht bei uns! Wir verraten Euch Woche für Woche, wie sich die Ex-Bundesliga-Stars im Ausland schlagen.”. goal.com (2013年5月14日). 2016年9月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j KARRIERE - DER SPIELER”. Ciriaco-Sforza.de. 2015年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  8. ^ ブンデスリーガで活躍したスイス人選手たち”. UEFA.com (2012年2月9日). 2016年9月18日閲覧。
  9. ^ Die Spielstatistik 1. FC Köln - 1. FC Kaiserslautern”. fussballdaten.de. 2016年9月22日閲覧。
  10. ^ Die Spielstatistik 1. FC Kaiserslautern - FC Bayern München”. fussballdaten.de. 2016年9月18日閲覧。
  11. ^ Rehhagels Wunschkandidat Sforza kommt”. Rhein-Zeitung (1997年7月23日). 2016年9月18日閲覧。
  12. ^ Wie Aufsteiger Kaiserslautern Meister wurde”. UEFA.com (2015年5月21日). 2016年9月18日閲覧。
  13. ^ Aufholjagd mit Teilzeit-Libero Sforza”. WELT.de (1998年11月19日). 2016年9月18日閲覧。
  14. ^ 1. FC Kaiserslautern: Rehhagel mustert Sforza aus”. SPIEGEL.de (1999年9月13日). 2016年9月18日閲覧。
  15. ^ Ciriaco Sforza soll das Spiel des FC Bayern lenken Reifeprüfung für einen Stinkstiefel”. berliner-zeitung (2000年8月12日). 2016年9月18日閲覧。
  16. ^ a b Kritik am Trainer: Lautern trennt sich von Sforza”. SPIEGEL.de (2005年10月18日). 2016年9月18日閲覧。
  17. ^ Spielbericht FC Bayern München - 1. FC Kaiserslautern”. fussballdaten.de. 2016年9月18日閲覧。
  18. ^ Tschechische Republik 1:1 Schweiz”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  19. ^ Switzerland - International Matches - Details since 1940”. rsssf.com. 2016年9月18日閲覧。
  20. ^ 『ワールドカップUSA94展望号』週刊サッカーダイジェスト1994年5月24日号増刊、日本スポーツ企画出版社、12-13頁。
  21. ^ a b Herzlichen Glückwunsch!”. FIFA.com (2016年2月28日). 2016年9月18日閲覧。
  22. ^ Die Spielstatistik Russland - Schweiz”. fussballdaten.de. 2016年9月18日閲覧。
  23. ^ Switzerland - Record International Players”. rsssf.com. 2016年9月18日閲覧。
  24. ^ a b Estland 0:6 Schweiz”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  25. ^ a b Schweiz 3:0 Malta”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  26. ^ a b Ungarn 1:2 Schweiz”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  27. ^ a b Schweiz 4:2 Schweden”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  28. ^ a b Schweiz 3:0 Ungarn”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  29. ^ a b Luxemburg 1:1 Schweiz”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  30. ^ a b Finnland 2:3 Schweiz”. Statistik und Resultate. Schweizerischer Fussballverband. 2016年9月22日閲覧。
  31. ^ a b c Ciriaco Sforza neuer Thun-Trainer”. FC Thun (2015年6月21日). 2016年9月18日閲覧。
  32. ^ KARRIERE - DER TRAINER”. Ciriaco-Sforza.de. 2015年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  33. ^ Thun und Sforza gehen getrennte Wege”. FC Thun (2015年9月30日). 2016年9月18日閲覧。
  34. ^ Sforza, Ciriaco”. National-Football-Teams.com. 2016年10月31日閲覧。
  35. ^ a b c Switzerland - Footballer of the Year”. rsssf.com. 2016年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]