ジョルジュ・ブレギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョルジュ・ブレギー Football pictogram.svg
Georges Bregy.JPG
名前
ラテン文字 georges bregy
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1958-01-17) 1958年1月17日(60歳)
出身地 ラーロン
身長 175cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975-1979 スイスの旗 ラーロン  ? (?)
1979-1984 スイスの旗 シオン 150 (69)
1984-1986 スイスの旗 ヤングボーイズ 58 (25)
1986-1988 スイスの旗 シオン 50 (26)
1988 スイスの旗 マルチニー 13 (4)
1988-1990 スイスの旗 ローザンヌ 66 (20)
1990-1994 スイスの旗 ヤングボーイズ 134 (27)
代表歴
1984-1994  スイス 54 (12)
監督歴
1994-1995 スイスの旗 ラーロン (選手兼任監督)
1995-1998 スイスの旗 ローザンヌ
1999-2001 スイスの旗 トゥーン
2001-2003 スイスの旗 チューリッヒ
2004-2006 スイスの旗 シュテファ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジュ・ブレギー (Georges Bregy、1958年1月17日 - )は、 スイスの元サッカー選手。元スイス代表。ポジションはミッドフィールダー

クラブ[編集]

1975年地元のクラブ、FCラーロンでキャリアをスタートさせる。そこで4年間プレーし、1979年FCシオンに移籍する。すると彼はすぐにチームに欠かせない選手となり、1979–80、1981–82シーズンにスイスカップで優勝、1983–84シーズンにはリーグで21得点を記録し、得点王となった。1984年、ブレギーはBSCヤング・ボーイズに移籍。2年間プレーし、1985–86シーズンにスーパーリーグで優勝。その後FCシオンに戻り、そこで50試合26得点を記録。1987–88シーズンの途中、スイス2部FCマルティニに移籍。半年ほどプレーし、FCローザンヌへ移籍。2年間プレーし、1990年、再びBSCヤング・ボーイズに移籍。4シーズンプレーし、クラブでのキャリアは、ここが最後となった。

代表[編集]

1984年から1994年にかけてスイス代表として54試合に出場し、12得点を記録した。一度は代表を離れたものの、1994年ワールドカップ予選で監督のロイ・ホジソンによって呼び戻され、5年ぶりに代表に復帰した。ブレギーは36歳のベテランとして1994 FIFAワールドカップに出場。アメリカ戦ではフリーキックからゴールを決めた[1]。同国代表はグループリーグを突破したが、決勝トーナメント、スペイン戦で0-3とされ、ベスト16で大会を終えた。ブレギーはスペイン戦を最後に現役を引退した。

引退後[編集]

引退後、FCラーロン選手兼任監督を務める。その後、UEFA'A Proライセンスの所有者として、ローザンヌ、トゥーン、チューリッヒへと行き、2003年からは、トップチームを離れ、アマチュアチームで指導しながら、保険のコンサルタントとして働く。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヤング・ボーイズ
FCシオン

個人[編集]

出典[編集]

  1. ^ “[ http://www.20min.ch/sport/dossier/bregy/story/18308336 Es gibt keinen zweiten wie Bregy]”. 2016年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]