アラン・ズッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラン・ズッター Football pictogram.svg
080603 sutter.jpg
名前
ラテン文字 Alain Sutter
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1968-01-22) 1968年1月22日(50歳)
出身地 ベルン州ベルン
身長 178cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1993 スイスの旗 グラスホッパー 202 (36)
1987-1988 スイスの旗 BSCヤングボーイズ (loan) 28 (5)
1993-1994 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク 29 (5)
1994-1995 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 22 (1)
1995-1997 ドイツの旗 SCフライブルク 45 (5)
1997-1998 アメリカ合衆国の旗 ダラス・バーン 25 (2)
代表歴
1986-1996 スイスの旗 スイス 68 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アラン・ズッター(Alain Sutter, 1968年1月22日 -)は、スイスの元サッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィールダー(左サイドハーフ)[1]

経歴[編集]

1985年グラスホッパー・チューリッヒと契約を結びプロサッカー選手としてのキャリアを開始した[1]1987年BSCヤングボーイズへのレンタル移籍し、1年後の1988年にグラスホッパーへ復帰すると2度のスイスリーグ優勝(1989-90、1990-91)、2度のスイス・カップ優勝(1988-89、1989-90)、に貢献した[1]

1993年、ドイツブンデスリーガ1.FCニュルンベルクへ移籍[1]。同年8月6日ハンブルガーSV戦でデビューし、同年10月22日VfBライプツィヒ英語版戦で初得点を決めた(試合は5-0でニュルンベルクの勝利)[2]。自身はニュルンベルクで実力を発揮し評価を高めたが[3][4]、チームは1993-94シーズンのリーグ戦で18チーム中16位となり2部リーグへ降格した[1]

1994年、強豪のバイエルン・ミュンヘンへ移籍[1]ジョバンニ・トラパットーニ監督の下で加入初年度の1994-95シーズンには出場機会を得ることに成功しUEFAチャンピオンズリーグにも出場を果たしたが、2年目の1995-96シーズンには構想外となり、1995年10月にブンデスリーガ1部のSCフライブルクへ移籍した[1]。ズッターはストライカーのハリー・デヘイフェル英語版らと共にフライブルクの1部残留に貢献したが[4]1997年4月12日ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦を最後に退団[1]。選手キャリアの晩年はアメリカ合衆国ダラス・バーンでプレーを続けた[1]

スイス代表としては、1986年10月9日に行われたデンマーク代表戦でデビュー[1]ステファヌ・シャピュイサチリアコ・スフォルツァらと共に1994 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグ第2戦のルーマニア戦での得点はキャリアの集大成となった(試合は4-1のスコアでスイスの勝利)[1]

その後、1995年11月15日に行われたイングランド代表戦が最後の代表出場となり、1996年に行われたUEFA EURO '96への出場は逃した[1]。代表での通算成績は国際Aマッチ68試合出場5得点[5]

引退後は、サッカー解説者として活動している[1]

人物[編集]

選手時代はブロンドの長髪が特徴的な選手であった[1][6]

1995年9月5日にフランス大統領のジャック・シラクの指示によりムルロア環礁で核実験が行われたことに抗議して、スイス代表の試合の際に「ストップ・イット・シラク」と記された横断幕を掲げるパフォーマンスを行った[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Sutter, Alain”. Rotweiss. 2016年9月18日閲覧。
  2. ^ Die Spielstatistik 1. FC Nürnberg - 1. FC Lokomotive Leipzig”. Rotweiss. 2016年9月18日閲覧。
  3. ^ ニュルンベルクとのダービマッチ シャキリ:「彼らは闘志を燃やしている」”. FCバイエルン・ミュンヘン (2014年2月6日). 2016年9月18日閲覧。
  4. ^ a b ブンデスリーガで活躍したスイス人選手たち”. UEFA.com (2012年2月9日). 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ Switzerland - Record International Players”. rsssf.com. 2016年9月18日閲覧。
  6. ^ a b "Wie kann ein Mensch solch eine Zerstörung anrichten?"”. Spiegel Online (2010年9月22日). 2016年9月18日閲覧。
  7. ^ Von Stop It Chirac bis zu Black Power”. Basler Zeitung (2013年10月2日). 2016年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]