ヨハン・フォーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハン・フォーゲル Football pictogram.svg
Vogel061115.jpg
名前
本名 ヨハン・ルイ・フランソワ・フォーゲル
Johann Louis François Vogel
ラテン文字 Johann VOGEL
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1977-03-08) 1977年3月8日(41歳)
出身地 ジュネーヴ
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1984-1992 スイスの旗 メイラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999 スイスの旗 グラスホッパーズ 133 (13)
1999-2005 オランダの旗 PSV 169 (7)
2005-2006 イタリアの旗 ミラン 14 (0)
2006-2007 スペインの旗 ベティス 17 (0)
2008-2009 イングランドの旗 ブラックバーン 7 (0)
2012 スイスの旗 グラスホッパーズ 3 (0)
代表歴
1995-2007[1] スイスの旗 スイス 94 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヨハン・フォーゲルJohann Louis François Vogel1977年3月8日 - )は、スイスの元同国代表の元サッカー選手ジュネーヴ出身。ポジションはセンターハーフ、ディフェンシブハーフ

経歴[編集]

クラブ[編集]

16歳でグラスホッパーズでプロデビュー、スイスリーグ3連覇に貢献した。1999年にPSVに移籍しUEFAカップベスト8進出やエールディヴィジ優勝に貢献した。

2005-06シーズンはACミランでプレーするも出場機会に恵まれず、レアル・ベティスに移籍した。しかし2007-08シーズンには出場機会がなかったことから2007年12月にベティスを退団し、翌年3月にブラックバーンに入団した。しかしここでも満足な出場機会は得られず、2008-09シーズンの冬の移籍に契約を解除、自由契約となった。

2009年11月5日、現役引退が発表された[2]

2年半の引退期間を経て2012年2月に古巣グラスホッパーズに現役復帰[3]し、シーズン後に再び引退した。


代表[編集]

18歳でスイス代表に招集され、翌年開催されたEURO1996にも出場。国際大会での不遇を囲う代表において、キャプテンを任されるほど欠かせない存在へと成長した。ドイツW杯にも出場し、若手の多いチームにあって豊富な経験は貴重なものとなっていたが、ヤコブ・クーン監督との確執により2007年2月以降代表を離れた[4]

代表のチームメイトであったパトリック・ミュラーとは同い年であり、ユース時代からのチームメイトであったことなどから仲が良い。

脚注[編集]

  1. ^ “Johann Vogel - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/jvogel-intl.html 
  2. ^ Vogel beendet Karriere - transfermarkt.de 2009年11月6日
  3. ^ Vogel rediscovers his mojo at Grasshoppers - UEFA.com 2012年12月10日閲覧
  4. ^ ヤコブ・クーン監督と代表選手 - swissinfo.ch 2008年5月26日