タイ国政府観光庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タイ国政府観光庁 (タイ語: การท่องเที่ยวแห่งประเทศไทย, ททท.英語: Tourism Authority of Thailand, TAT)は、タイ王国内閣 観光・スポーツ省の管轄下の庁の一つ。1960年に設置。

概要[編集]

タイ国政府観光庁は、観光振興を担当するタイ王国で一番初めの設立された独立行政機関。同庁は海外からタイへの旅行、及びタイ国内旅行の推進のためのマーケティングを担当する専門機関で、タイの国家経済の中で重要な位置を占める旅行業の持続的の成長を目指している。内外の旅行者への観光情報の提供、広報、観光商品の調査・開発、また人材開発のための協力、支援を行っている。

観光庁は「タイ観光局」と呼ばれることもあるが、2010年に観光・スポーツ省内部部局観光開発局観光局と改称している。観光地の開発、事業者の管理などはこちらの観光局が担当している。

歴史[編集]

1960年3月18日に創設。1968年に初めの地方事務所をチェンマイに設置。現在では、タイ全国で40箇所に地方事務所を設置している。さらに同庁は海外事務所も設置しており、一番初めの海外事務所は1965年に設置されたニューヨーク事務所である。すでに世界中に29箇所の事務所を持っている。

所在地[編集]

本庁[編集]

バンコク ラーチャテーウィー区 マッカサン地区 ペッチャブリー・タットマイ通り 1600 (1600 ถ.เพชรบุรีตัดใหม่ แขวงมักกะสัน เขตราชเทวี กรุงเทพฯ 10400

スワンナプーム国際空港内インフォメーションカウンター[編集]

  • 到着フロア 国内線ターミナル
  • 到着フロア 国際線ターミナル

地方事務所[編集]

北部[編集]

中央部[編集]

東北部[編集]

南部[編集]

(*()内は管轄地域)

国外事務所[編集]

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

北米[編集]

南米[編集]

オーストラリア[編集]

最新情報提供ウェブサイト[編集]

観光庁は『タイランド・ツーリズム・アップデート』(Thailand Tourism Update)を通じて、使用言語は英語のみではあるが随時最新観光情報、交通情報、危険情報を発信している。2010年夏ごろまで反独裁民主同盟デモ活動の位置情報をGISを用いて提供していた。

コールセンター[編集]

電話:1672

観光庁はコールセンターを通じて、最新観光情報の問い合わせ対応をしている。さらに、2009年11月からインターネットを通じてタイ旅行者を対象にライブチャットサービスを開始。カメラ、マイク、ヘッドセットを接続し、ビデオライブチャットも可能になった。タイ語と英語のみ対応。1回10分の時間制限、24時間対応[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.thailandtravel.or.jp/news/view.php?&id=1258099688

関連事項[編集]

外部リンク[編集]