ソニア・リキエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニア・リキエル
Sonia Rykiel
Sonia Rykiel.jpg
ソニア・リキエル
誕生 1930年5月25日
フランスの旗 フランス共和国パリ近郊ヌイイ=シュル=セーヌ
死没 (2016-08-25) 2016年8月25日(86歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 ファッション・デザイナー
国籍 フランスの旗 フランス
主な受賞歴 フランス文化省 芸術文化勲章
公式サイト SONIA RYKIEL - MODE PARIS
テンプレートを表示

ソニア・リキエル(Sonia Rykiel, 1930年5月25日 - 2016年8月25日[1])は、フランスパリ西部近郊ヌイイ=シュル=セーヌ出身のファッションデザイナー

略歴[編集]

ヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。ユダヤ人の血をひく家系で、父はルーマニア人、母はロシア人の中流ブルジョワ家庭で育った。普段着だったニットセーターないしプルオーバー)を、特に少年らが着ていたそれをファッショナブルに変貌させ、「ニットの女王」の異名をとった。着たいようなマタニティウェアがなかったので、自分で作ったのがデザイナーになったきっかけだという。

1954年にサム・リキエルと結婚後、パリ14区のアレジア通り沿いにある現店舗に程近いジェネラル・ルクレール大通り (Avenue du Général Leclerc) 104番地にあるサムの店舗に服を卸していた。

雑誌ELLEに彼女のセーターが取り上げられ、また、お店の前を歩いていたオードリー・ヘップバーンもソニア・リキエルのロゴ入り色別全14種のセーターを買い求めたとのこと。

1968年5月、自らメゾンを立ち上げ、名前と同名のブランドを持つ。パリ6区グルネル通りに第1号店を開いてから、子供服、化粧品、紳士服と次々と事業を拡大していった。80歳を過ぎても現役であった。娘のナタリーもアートディレクターとして参加している。

1983年、フランス文化省から芸術文化勲章を受勲した。晩年はパーキンソン病を患っており、この病が元で2016年8月25日午前5時、パリの自宅で亡くなった[2]

ブランド[編集]

  • ソニア・リキエル - ファーストライン婦人服
  • ソニア・ソニア・リキエル - カジュアルライン婦人服
  • ソニア・リキエル・アンファン - 子供服
  • ソニア・リキエル コスメティックス - 化粧品。以前は「ソニア・リキエル ナイト&デイ」という呼称だったこともある。日本の化粧品会社アルビオンと提携。
  • リキエル・オム - 紳士服

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]