小椋三嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小椋 三嘉(おぐら みか、Ogura Mika)は、日本エッセイスト翻訳家チョコレートフランス食文化研究家でもある。夫は写真家のハナブサ・リュウ[1]

略歴[編集]

大学在学時、中京テレビの公募で新番組『5時SATマガジン』の中継レポーターとなり、同番組にレギュラー出演。ローカルタレントとして、テレビ・ラジオ、コマーシャル等で活躍した。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に留学経験があり英語が堪能。ラジオの英語番組のパーソナリティーも務めた。この頃から毎日新聞の日曜版に連載を持つ等、執筆活動を始める。

カナダ・バンクーバー国際交通博覧会(1986年)では、日本文化が英語で紹介できるMCとして日本政府館の劇場の司会者に抜擢された。この任期終了後に渡仏。1999年までフランス・パリ在住[2]

フランス在住中は、雑誌を中心にファッション、文学、絵画、音楽、料理、映画、演劇、建築、文化一般と幅広いジャンルに渡り記事やエッセイを寄稿[3]

帰国後、東京創元社より『チョコレートものがたり』を出版[4]。現在は日本在住。

作品[編集]

エッセイ[編集]

  • 『チョコレートものがたり』東京創元社 - 2000年
  • 『パリを歩いて―ミカのパリ案内―』東京創元社 - 2002年 
  • 『ショコラが大好き!』新潮社 - 2004年
  • 『チョコレートのソムリエになる』集英社be文庫 - 2007年
  • 『高級ショコラのすべて』PHP新書 - 2010年 - のち電子書籍、PHP研究所

ノンフィクション[編集]

翻訳本[編集]

  • 『嫉妬する女たち』東京創元社 - 1998年
  • ソニア・リキエルのパリ散歩』集英社 - 2002年

脚注[編集]

外部リンク[編集]