クリティ・サノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリティ・サノン
Kriti Sanon
Kriti Sanon
クリティ・サノン(2017年)
生年月日 (1990-07-27) 1990年7月27日(31歳)
出生地 インドの旗 インド ニューデリー
職業 女優
活動期間 2014年-
テンプレートを表示

クリティ・サノン(Kriti Sanon、1990年7月27日 - )は、インドボリウッドで活動する女優

生い立ち[編集]

ニューデリーの公認会計士ラーフル・サノン、デリー大学教授ギータ・サノンの娘として生まれる[1][2][3][4]。サノン家はパンジャーブ人家庭である[5]。彼女はデリー公立学校英語版を卒業後にノイダ英語版ジャイピー情報技術学院英語版で電子工学の学位を取得する[6][7]

キャリア[編集]

クリティ・サノンとカールティク・アールヤン

2014年にスクマール英語版テルグ語映画1: Nenokkadine』で女優デビューする。同作ではマヘーシュ・バーブ英語版が演じる主人公の想い人役を演じた[8][9][10]。批評家からは賛否両論を評価を受け[11][12]ザ・タイムズ・オブ・インディアからは「愛らしく見え」「上手く演じている」[13]、Sify.comからは「華麗に見え」新人としての演技は「良かった」と批評されている[14]。同年にはサビール・カーン英語版の『Heropanti』でタイガー・シュロフと共演し、ヒンディー語映画デビューする[15][16][17]。同作は批評家からは賛否両論となったが、興行的には成功を収めた[18]ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは「彼女は華麗に見え、確実に、そして自信をもって自分のパートを演じきっている」[19]ラジーヴ・マサンドは「彼女は愛らしく見え、軽率な役柄にも関わらず強い印象を作り出している」[20]、ザ・タイムズ・オブ・インディアのスリジャナ・ダースはサノンの感情表現を「安っぽい」と批評している[21]。彼女は同作の演技を評価され、フィルムフェア賞 最優秀新人女優賞英語版を受賞した[22]。2015年にスディール・ヴァルマ英語版の『Dohchay』に出演し、ナーガ・チャイタニヤ英語版と共演した[23]。同年にはローヒト・シェッティの『Dilwale』でヴァルン・ダワンシャー・ルク・カーンカジョールと共演している。同作は37億2000万ルピーの興行収入を記録したが[24][25]アヌパマ・チョープラーからは酷評されている[26]

2017年にディネーシュ・ヴィジャン英語版の『Raabta』に出演し、スシャント・シン・ラージプートと共演した[27]Rediff.comのスカニヤ・ヴェルマは映画を「呆れるほどの馬鹿らしさ」と酷評したが、サノンの「彫像のような活気のある存在感」は注目に値すると批評した[28]。同作は興行的には失敗している[29]。同年にアシュヴィニー・アイヤール・ティワーリー英語版の『バレーリーのバルフィ英語版』でアーユシュマーン・クラーナーラージクマール・ラーオ英語版と共演した[30]ニューデリー・テレビジョン英語版サイバル・チャテルジーは「『バレーリーのバルフィ』を成功させるカギはクリティ・サノンが握っており、彼女はミスを犯さなかった」と批評したが、インディアン・エクスプレス英語版のシュブラ・グプタは「サノンの努力にも関わらず、彼女の演技はナチュラリズムに欠けている」と批評している[31][32]。同作は2億ルピーの製作費に対して5億4800万ルピーの興行収入を記録するヒット作となった[33]。2019年に『Luka Chuppi』でカールティク・アールヤン英語版と共演し[34]、興行的な成功を収めた[35]。同年には『Arjun Patiala』『ハウスフル4英語版』に出演し[36][37]、『ハウスフル4』は批評家から酷評されたものの興行的には成功を収めている[38]第三次パーニーパットの戦いを題材にしたアシュトーシュ・ゴーワリケール英語版の『Panipat』ではアルジュン・カプール英語版と共演したが[39]、同作はボックスオフィス・ボムとなった[40]。同年、サノンはフォーブス・インディアセレブリティ100で第38位(推定年収8090万ルピー)にランクインした[41]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

クリティ・サノン(2015年)

ミュージックビデオ[編集]

  • Chal Wahan Jaate Hain(2015年)
  • Paas Aao(2017年)

出典[編集]

  1. ^ Parkar, Shaheen (2016年5月8日). “Mother's Day Special: Meet the star moms of Bollywood”. Mid-day. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ Kriti Sanon”. One India Entertainment. 2014年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月31日閲覧。
  3. ^ Mangaokar, Shalvi (2015年7月27日). “Varun Dhawan and I think in the same filmy way: Kriti Sanon”. Hindustan Times. 2016年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  4. ^ Dilwale: Will start shooting with Shah Rukh and Kajol in mid-August, says Kriti Sanon”. India Today (2015年7月29日). 2016年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  5. ^ Kriti Sanon is speaking to her parents in Punjabi, here's why!”. DNA (2018年2月24日). 2019年4月19日閲覧。
  6. ^ Sharma, Garima (2010年3月18日). “Ticket to Bollywood”. The Times of India. 2015年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  7. ^ Chakravorty, Vinayak (2015年6月14日). “Engineering student Kriti Sanon says life in B-Town was meant to be”. India Today. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  8. ^ Most Wanted: Kriti Sanon has her kitty full with movies”. India Today (2013年1月26日). 2013年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月22日閲覧。
  9. ^ Ticket to Bollywood”. The Times of India (2010年3月18日). 2014年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月12日閲覧。
  10. ^ Mahesh Babu to romance Kriti Sanon”. The Times Of India (2012年10月5日). 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月22日閲覧。
  11. ^ '1 Nenokkadine' Review Roundup: Mahesh Babu Starrer Fails to Live up to Expectations”. International Business Times (2014年1月11日). 2014年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  12. ^ Sangeetha Seshagiri (2014年2月12日). “'1 Nenokkadine' Box Office Collection: Mahesh Babu Starrer is a Big Disaster”. International Business Times. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月27日閲覧。
  13. ^ 1-Nenokkadine Movie Review”. The Times of India. 2014年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  14. ^ 1 Nenokkadine”. Sify. 2014年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  15. ^ Kriti Sanon finalized opposite Tiger in Heropanti”. Bollywood Hungama (2013年1月21日). 2014年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  16. ^ Telugu actress Kriti Sanon to act opposite Tiger”. The Times Of India (2013年1月21日). 2013年12月22日閲覧。
  17. ^ Heropanti Cast & Crew”. BollywoodHungama. 2014年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  18. ^ Heropanti Set To Emerge A HIT”. Box Office India. 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月27日閲覧。
  19. ^ Adarsh, Taran (2014年5月23日). “Movie Review: 'Heropanti'”. Bollywood Hungama. 2014年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月4日閲覧。
  20. ^ Masand, Rajeev (2014年5月23日). “'Heropanti' review: Tiger Shroff is likeable and earnest but he deserved a better debut than this clunky film”. CNN-IBN. 2014年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  21. ^ Das, Srijana (2014年5月23日). “Heropanti Movie Review”. Times of India. オリジナルの2017年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170830231649/http://timesofindia.indiatimes.com/movie-review/35520099.cms 2016年6月5日閲覧。 
  22. ^ “60th Britannia Filmfare Awards 2014: Complete list of winners”. The Times of India. (2015年1月31日). オリジナルの2015年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150203081332/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/60th-Britannia-Filmfare-Awards-2014-Complete-list-of-winners/articleshow/46080277.cms 2015年1月31日閲覧。 
  23. ^ Naga Chaitanya's new movie regular shooting from today”. India Glitz (2014年7月14日). 2014年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月27日閲覧。
  24. ^ Groves, Don (2015年12月20日). “'Dilwale' Easily Wins The Battle Of The Bollywood Blockbusters”. Forbes. オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305043328/http://www.forbes.com/sites/dongroves/2015/12/20/dilwale-easily-wins-the-battle-of-the-bollywood-blockbusters/#4141c45b3539 2016年2月24日閲覧。 
  25. ^ Top Worldwide Grossers All Time”. Box Office India. 2018年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月5日閲覧。
  26. ^ Chopra, Anupama (2015年12月19日). “Dilwale review by Anupama Chopra: This is just recycled mediocrity”. Hindustan Times. オリジナルの2016年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160326124616/http://www.hindustantimes.com/movie-reviews/dilwale-review-by-anupama-chopra-this-is-just-recycled-mediocrity/story-yKK2JEX3UvFrejYOrX6XqI.html 2016年6月5日閲覧。 
  27. ^ “Raabta: It's splitsvilla for Sushant Singh Rajput and Kriti Sanon”. Hindustan Times. (2017年3月23日). オリジナルの2017年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170414163226/http://www.hindustantimes.com/bollywood/raabta-it-s-splitsvilla-for-sushant-singh-rajput-and-kriti-sanon/story-gIUi4M0mE7PuNuKO0IeTRL.html 2017年4月14日閲覧。 
  28. ^ Verma, Sukanya (2017年6月9日). “Raabta Review: Rom-com, Rebirth and Mr Right crisis”. Rediff.com. 2018年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月2日閲覧。
  29. ^ Raabta flops at the box office”. Rediff.com (2017年6月12日). 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月2日閲覧。
  30. ^ “Ayushmann Khurrana and Kriti Sanon relish 'Bareilly ki barfi'!”. The Times of India. (2017年1月29日). http://timesofindia.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ayushmann-Khurrana-and-Kriti-Sanon-relish-Bareilly-ki-barfi/articleshow/55129072.cms 2017年4月14日閲覧。 
  31. ^ Chatterjee, Saibal. “Bareilly Ki Barfi Movie Review: Kriti Sanon Makes This Sweet Concoction Work”. NDTV. 2017年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月2日閲覧。
  32. ^ Gupta, Shubhra (2017年8月18日). “Bareilly Ki Barfi movie review: This Rajkummar Rao, Ayushmann Khurrana and Kriti Sanon film works in fits and starts”. The Indian Express. オリジナルの2018年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180113045028/http://indianexpress.com/article/entertainment/movie-review/bareilly-ki-barfi-movie-review-ayushamann-khurrana-kriti-sanon-rajkummar-rao-star-rating-4801347/ 2018年8月2日閲覧。 
  33. ^ Bareilly Ki Barfi”. Box Office India. 2018年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月2日閲覧。
  34. ^ Bhattacharya, Roshmilla (2018年7月2日). “Kriti Sanon, Kartik Aaryan in a romcom based in Mathura”. Mumbai Mirror. https://mumbaimirror.indiatimes.com/entertainment/bollywood/kriti-sanon-kartik-aaryan-in-a-romcom-based-in-mathura/articleshow/64819970.cms 2018年7月2日閲覧。 
  35. ^ Luka Chuppi Emerges A Hit - Sonchiriya Crashes”. Box Office India (2019年3月6日). 2019年3月6日閲覧。
  36. ^ “Arjun Patiala was such an exciting journey: Kriti Sanon”. The Indian Express. (2018年5月15日). オリジナルの2018年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180617145419/https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/arjun-patiala-actor-kriti-sanon-5177438/ 2018年8月2日閲覧。 
  37. ^ “Kriti Sanon joins Akshay Kumar and Riteish Deshmukh starrer Housefull 4” (英語). The Indian Express. (2018年3月22日). オリジナルの2018年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180702233258/https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/kriti-sanon-akshay-kumar-riteish-deshmukh-housefull-4-5107275/ 2018年6月2日閲覧。 
  38. ^ “Amidst Unfavorable Reviews, Housefull 4 Crosses The 100 Crore Mark”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/bedatrichoudhury/2019/10/31/amidst-unfavorable-reviews-housefull-4-crosses-the-100-crore-mark/ 2019年11月6日閲覧。 
  39. ^ Arjun Kapoor, Sanjay Dutt and Kriti Sanon all set for Ashutosh Gowariker's 18th century battle film – Panipat”. Bollywood Hungama (2018年3月14日). 2018年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月14日閲覧。
  40. ^ Panipat Bites The Dust In Week One”. Box Office India (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  41. ^ “2019 Celebrity 100”. Forbes India. http://www.forbesindia.com/lists/2019-celebrity-100/1819/all 2018年12月20日閲覧。 

外部リンク[編集]