バーギャシュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーギャシュリー
Bhagyashree
Bhagyashree
バーギャシュリー(2015年)
本名 Bhagyashree Patwardhan
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州サーングリー
職業 女優
配偶者 ヒマーラヤ・ダサーニー[1]
著名な家族 アビマニュ・ダサーニー(息子)
アヴァンティカ・ダサーニー(娘)
主な作品
私は愛を知った英語版
テンプレートを表示

バーギャシュリー(Bhagyashree)は、インドヒンディー語映画カンナダ語映画マラーティー語映画テルグ語映画ボージュプリー語映画で活動する女優

キャリア[編集]

1987年に『若草物語』を原作としたテレビシリーズ『Kachchi Dhoop』で女優デビューした[2]。彼女は同シリーズの監督アモル・パレカル英語版に対し、突然降板した女優の代役として自分を起用するように申し出て役を獲得した。

1989年に『私は愛を知った英語版』でサルマン・カーンと共演し、映画デビューを果たした。同作で演技を評価されたバーギャシュリーはフィルムフェア賞 最優秀新人女優賞英語版を受賞し、彼女のキャリアの中で最も成功した作品として同作が挙げられている[3]。結婚後の1992年には『Qaid Mein Hai Bulbul』『Tyagi』『Paayal』に出演し、『Paayal』では夫ヒマーラヤ・ダサーニーと共演している。1993年には『Ghar Aaya Mera Pardesi』に出演し、これ以降はテルグ語映画に出演するようになった。2000年代中盤からはヒンディー語映画に復帰し、『Maa Santoshi Maa』『Humko Deewana Kar Gaye』『Red Alert: The War Within』に出演した。2009年以降はテレビシリーズから遠ざかっていたが、2014年から2015年にかけて放送された『Laut Aao Trisha』でテレビシリーズに復帰した[4]

女優業の他に、夫ヒマーラヤと共同でメディア企業シュリシュティ・エンターテインメントを経営している[5]。2015年3月にはマハーラーシュトラ州政府英語版が主導するバーギャシュリー計画(貧困家庭の女児への資金援助政策)のブランド大使に任命された[6][7]

家族[編集]

マハーラーシュトラ州サーングリーの王族の出身であり[8]、父ヴィジャイ・シングラオ・マダヴラオ・パトワルダンは同地のマハーラージャだった[9]。バーギャシュリーは3人姉妹の長女であり、妹にはマドゥワンティーとプルニマがいる[10]

俳優のヒマーラヤ・ダサーニーと結婚して1男1女を生んだ[11][12][13]。息子アビマニュ・ダサーニーは『燃えよスーリヤ!!』で俳優デビューしており[14]、娘アヴァンティカ・ダサーニーはモデルとして活動している。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

バーギャシュリーとアビマニュ・ダサーニー(2014年)
バーギャシュリー(2019年)

テレビシリーズ[編集]

バーギャシュリーとアヴァンティカ・ダサーニー(2012年)
  • Kachchi Dhoop(1987年)
  • Honi Anhoni(1987年)
  • Kisse Miya Biwi Ke(1987年)
  • Didi Ka Dulha Apna Bana Lu(1989年)
  • Samjhota(1996年)
  • Saraab(1996年)
  • Aandhi Jazbaton Ki(1997年)
  • Jaan(1999年)
  • Sambandh(2000年)
  • CID(2001年)
  • Kaagaz Ki Kasti(2002年)
  • Jubilee Plus(2002年)
  • Smriti(2002年)
  • Tanha Dil Tanha Safar(2002年)
  • Kabhie Kabhie(2003年)
  • Jhalak Dikhhla Jaa 3(2009年)
  • Laut Aao Trisha(2014年-2015年)

出典[編集]

  1. ^ I never went away from my fans: Bhagyashree”. The Indian Express (2014年7月13日). 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ “Coming of age: Bhagyashree made her debut with Kachchi Dhoop”. (2016年3月4日). https://www.hindustantimes.com/entertainment/coming-of-age-bhagyashree-made-her-debut-with-kachchi-dhoop/story-1aXpEiLhAthu7FE7rsp5lL.html 2018年6月27日閲覧。 
  3. ^ I'm happy to be known as 'Maine Pyar Kiya' girl: Bhagyashree”. Yahoo!. 2009年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月22日閲覧。
  4. ^ Bhagyashree Patwardhan back to screens with Laut Aao Trisha”. IANS. news.biharprabha.com. 2014年6月17日閲覧。
  5. ^ 'Kagaz Ki Kashtti' on Sahara TV completes a century”. IANS. Indian Television. 2020年2月5日閲覧。
  6. ^ Maharashtra Government launches Bhagyashree Scheme for girl child, to be linked with Beti Bachao, Beti Padhao Scheme”. intoday.in. 2020年2月5日閲覧。
  7. ^ PTI. “'Bhagyashree' scheme for girls in Maharashtra”. The Hindu Business Line. 2020年2月5日閲覧。
  8. ^ “Beyond the coyness...”. The Hindu (Chennai, India). (2011年3月19日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-features/tp-metroplus/beyond-the-coyness/article1551740.ece 2020年2月5日閲覧。 
  9. ^ ' I like to know all the details of my role beforehand' : Bhagyashree”. Indian Television Dot Com (2002年8月22日). 2020年2月5日閲覧。
  10. ^ Bhagyashree: I have no regrets”. Rediff (2016年1月22日). 2016年7月17日閲覧。
  11. ^ Khan, Faizan (2019年7月3日). “Bhagyashree's husband Himalaya Dasani arrested by Amboli police in gambling racket”. Mid Day. https://www.mid-day.com/articles/mumbai-crime-bhagyashrees-husband-himalaya-dassani-arrested-by-amboli-police-in-gambling-racket/21276166 2019年7月3日閲覧。 
  12. ^ Bhagyashree's son Abhimanyu: People only recognised me when they saw me with mom” (英語). Hindustan Times (2018年8月27日). 2019年12月13日閲覧。
  13. ^ Shah, Gunjan (2019年11月25日). “Salman Khan to say "Maine Pyaar Kiya" to Bhagyashree's daughter Avantika?”. Republic World. 2019年12月13日閲覧。
  14. ^ “Bhagyashree’s Son Abhimanyu Dasani Can’t Feel Any Pain in Mard Ko Dard Nahi Hota Trailer”. CNN-News18. (2018年8月17日). https://www.news18.com/news/movies/bhagyashrees-son-abhimanyu-dasani-cant-feel-any-pain-in-mard-ko-dard-nahi-hota-trailer-1847339.html 2020年2月5日閲覧。 

外部リンク[編集]