ノイダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ノイダ
नोएडा
نوئیڈا
Noida
セクター94の高層ビル群
セクター94の高層ビル群
位置
ノイダの位置(ウッタル・プラデーシュ州内)
ノイダ
ノイダ (ウッタル・プラデーシュ州)
ノイダの位置(インド内)
ノイダ
ノイダ (インド)
座標 : 北緯28度34分12秒 東経77度19分12秒 / 北緯28.57000度 東経77.32000度 / 28.57000; 77.32000
行政
インドの旗 インド
  ウッタル・プラデーシュ州
  メーラト県英語版
 地区 ゴータン・ブッダ・ナガル地区英語版
 市 ノイダ
会長 Sanjiv Mittal
(NOIDA)
地理
面積  
  市域 203 km2
標高 200 m
人口
人口 (2011年現在)
  市域 637,272人
    人口密度   2,463人/km2
その他
等時帯 IST (UTC+5:30)
Pincode 201301 to 201307
市外局番 0120
ナンバープレート UP-16

ノイダ英語: Noida; ヒンディー語: नोएडा, ウルドゥー語: نوئیڈا‎, ヒンドゥスターニー語発音: [n̪oː.eː.ɖäː])は、インドウッタル・プラデーシュ州にある都市である。

ヤムナー川を挟んで西にデリーファリーダーバード、北にガーズィヤーバードヒンドン川英語版を挟んで東にグレーター・ノイダ英語版が隣接し、デリー首都圏の一角を構成している。

都市名のノイダは、ウッタル・プラデーシュ州が設立したニューオークラ工業開発公社の英名、"New Okhla Industrial Development Authority"の頭文字をとった"NOIDA"に由来し、都市もこの公社によって管理・開発されている。インドのセンサスタウン英語版の一つとなっている。

1980年代、首都デリーでは人口・工業の一極集中が問題となり、これを分散させる必要が出てきた。ノイダはこれを改善させるために誕生した郊外の総合工業都市の一つで、それまで地域の大部分は耕地が広がっていたが、1980年代以降の開発により現在は一変して区画整備された工業団地が広がる。2022年現在も街は南東に伸び続けている。

このように計画的に整備された経緯があることから、社会インフラや商業施設、公共施設などの都市機能性が高く、また緑地面積の割合も50%近くある。これらから、2014年にノイダはインドで最も優れた都市と評価された[1]。また、2022年にはインドで最もクリーンな都市と評価された[2]

気候[編集]

Noidaの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 19
(66)
23
(73)
32
(90)
37
(99)
39
(102)
41
(106)
38
(100)
36
(97)
35
(95)
36
(97)
28
(82)
22
(72)
32.2
(89.9)
平均最低気温 °C°F 7
(45)
12
(54)
18
(64)
21
(70)
26
(79)
28
(82)
25
(77)
26
(79)
24
(75)
20
(68)
14
(57)
9
(48)
19.2
(66.5)
降水量 mm (inch) 69
(2.72)
22
(0.87)
17
(0.67)
7
(0.28)
8
(0.31)
69
(2.72)
269
(10.59)
173
(6.81)
169
(6.65)
31
(1.22)
4
(0.16)
5
(0.2)
843
(33.2)
出典:Noida Weather

交通[編集]

空港[編集]

最寄りの国際空港は、インディラ・ガンディー国際空港である。

ノイダの南南東約50kmのジェーワル英語版ノイダ国際空港英語版が計画されており、完成すればアジアで最大規模の空港となる予定。

鉄道[編集]

地下鉄

デリーメトロ

デリー-ヴァーラーナシー間の高速鉄道回廊英語版では、セクター148英語版に駅の設置が計画されている。

道路[編集]

高速道路[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]