クシシュトフ・カミンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クシシュトフ・カミンスキー Football pictogram.svg
Krzysztof Kamiński 2014.jpg
名前
愛称 カミック、神ンスキー
ラテン文字 Krzysztof Kamiński
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1990-11-26) 1990年11月26日(27歳)
出身地 ノヴィ・ドヴォル・マゾヴィエツキ英語版
身長 191cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション GK
背番号 21
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 ポーランドの旗 KSウォミャンキ
2009 ポーランドの旗 ナレフ・オストロウェンカ 6 (0)
2010 ポーランドの旗 MKPポゴン・シェドルツェ 12 (0)
2010-2012 ポーランドの旗 ヴィスワ・プウォツク 58 (0)
2012-2014 ポーランドの旗 ルフ・ホジューフ 35 (0)
2015- 日本の旗 ジュビロ磐田 94 (0)
代表歴
2012 ポーランドの旗 ポーランド U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クシシュトフ・カミンスキー(Krzysztof Kamiński, 1990年11月26日 - )は、ポーランド出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパーJリーグジュビロ磐田所属。日本での登録名はカミンスキー[1]

実兄はサッカー選手のラドスラフ・カミンスキー(元藤枝MYFC所属)[2]

来歴[編集]

11歳の時にサッカーを始め、KSウォミャンキの下部組織を経て[1]2008年にトップチームに昇格した[3]ナレフ・オストロウェンカ英語版MKPポゴン・シェドルツェ英語版ヴィスワ・プウォツクを経て、2012年ルフ・ホジューフへ移籍[3]2013年4月9日に行われたポーランド・カップレギア・ワルシャワ戦でデビューをすると[4]、3シーズンの間にリーグ戦35試合を含む公式戦45試合に出場した[4]。また、U-20・U-21ポーランド代表への選出歴を持つ[5]

2015年1月8日Jリーグジュビロ磐田への移籍が日本国外のニュースサイトで報じられ[6]1月10日にジュビロ磐田公式サイトで正式に発表された[5]

同年3月8日、先発デビューとなった開幕戦のギラヴァンツ北九州戦で駐日ポーランド大使のツィリル・コザチェフスキから花束贈呈が行われた[7]

2015年シーズンは、体調不良で欠場した1試合以外すべての試合に出場し、磐田の新守護神となった。試合でも上位の大宮アルディージャとの大事な試合でPKストップを含むビッグセーブを連発[8]。11月1日に行われた東京ヴェルディ1969戦では、前半にDF森下俊がハンドで退場し、PKを与えられた場面でPKをストップ。その後、得点を奪いチームは10人で勝利した[9]。ジュビロの3年ぶりのJ1復帰に大きく貢献した。

2016年シーズンは、5月11日のトレーニングで鼠径部痛を発し、試合に出れなかった事もあり、シーズン20試合の出場となった[10]

2017年シーズンは33試合に出場し、16年ぶりのリーグ最少失点を更新[11]。自身初のJリーグ優秀選手賞を受賞した[12]

エピソード[編集]

  • 2015年シーズンからジュビロでチームメイトとなった松井大輔とは、2013年7月26日に行われたルフ・ホジューフ対レヒア・グダニスクで対戦している[13]
  • 2015年7月31日に実兄であるラドスラフ・カミンスキーがジュビロと同じ静岡にある藤枝MYFCへ移籍した。移籍理由に「弟のところにも近いことが決める上での理由になった」と話している[14]
  • 2015年のジュビロ磐田のシーズンソング「君の風になって」(USAGI)のミュージック・ビデオに出演している。
  • 2015年9月20日ヤマハスタジアムで行われた愛媛FC戦では、「カミックの日」と名づけられ、先着1万人にカミンスキー着用のグローブをかたどった、紙製のグローブが配布された[15]。試合は、無失点だったものの得点が奪えず引き分けに終わっている。
  • ジュビロサポーターからは、毎試合神セーブを連発する事から「神ンスキー」や「神ック」(カミックの愛称から)などとも呼ばれている[16]
  • 2017年からチームメイトとなった元日本代表でFKの名手である中村俊輔から印象に残ったGKに元ブラジル代表のジーダと共に最近印象に残ったGKとしてカミンスキーの名前を挙げている。中村は「磐田に来た当初のFKで、ファーに蹴った時、カミックにも(ジーダと)同じように止められた。悔しいけど、後で本人に『あれ読んでたの?』って訊ねたら、『いや蹴ってから動いた』って。それを聞いて、なおさらショックだった」と話している[17]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ポーランド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 ヴィスワ・プウォツク 29 0
2012-13 ルフ・ホジューフ EKS 6 0
2013-14 12 10 0
2014-15 21 19 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 磐田 21 J2 41 0 - 0 0 41 0
2016 J1 20 0 0 0 0 0 20 0
2017 33 0 0 0 0 0 33 0
通算 ポーランド EKS
日本 J1 53 0 0 0 0 0 53 0
日本 J2 41 0 - 0 0 41 0
総通算

タイトル[編集]

個人[編集]

  • Jリーグ・優秀選手賞:1回(2017年)

代表歴[編集]

  • U-20ポーランド代表
  • U-21ポーランド代表

脚注[編集]

  1. ^ a b カミンスキー”. トップチーム選手 選手&スタッフ. ジュビロ磐田公式サイト. 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ J3藤枝、ポーランド人DF獲得へ 磐田GKの実兄”. スポニチ (2015年7月27日). 2015年7月29日閲覧。
  3. ^ a b Krzysztof Kamiński”. 90minut.pl. 2015年3月16日閲覧。
  4. ^ a b Krzysztof Kamiński żegna się z Cichą”. oficjalny serwis Ruchu Chorzów (2015年1月9日). 2014年3月16日閲覧。
  5. ^ a b カミンスキー選手が完全移籍加入”. ジュビロ磐田公式サイト (2015年1月10日). 2015年3月16日閲覧。
  6. ^ wybór golkipera Ruchu.Wyjeżdża bardzo daleko!”. Katowicki Sport (2015年1月8日). 2015年3月16日閲覧。
  7. ^ 3/8(日)北九州戦のホームゲームイベント ~サポーターと繋ぐ~”. ジュビロ磐田公式サイト (2015年3月4日). 2015年3月16日閲覧。
  8. ^ ビッグセーブ連発の磐田GKカミンスキー「GKには運が必要なんだよ」”. ゲキサカ (2015年5月17日). 2015年11月25日閲覧。
  9. ^ 磐田10戦負けなし MF川辺先制点で流れ変えた”. 日刊スポーツ (2015年11月2日). 2015年11月25日閲覧。
  10. ^ 磐田に痛手、MF松井大輔が肉離れで離脱…カミンスキーは回復に遅れサッカーキング 2016年6月3日
  11. ^ 最少失点 本領発揮ドロー J1リーグ最終節・磐田静岡新聞 2017年12月3日
  12. ^ 大井健太郎選手、中村俊輔選手、川又堅碁選手 カミンスキー選手が『2017Jリーグ優秀選手賞』受賞のお知らせジュビロ磐田 2017年12月4日
  13. ^ Relacja Live Ruch Chorzów - Lechia Gdańsk - Oficjalna strona klubu”. 2015年8月29日閲覧。
  14. ^ 藤枝に磐田GKカミンスキー実兄と吉岡航平が新加入”. 日刊スポーツ (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  15. ^ 磐田あす「カミックの日」先着1万人にグローブ配布”. 日刊スポーツ (2015年9月19日). 2015年9月19日閲覧。
  16. ^ 【磐田】“紙の手”で“神の手”アシスト!先着1万人に紙製グラブ贈呈”. スポーツ報知 (2015年9月20日). 2015年9月20日閲覧。
  17. ^ 「それ、取るんだ」 日本最強FKキッカー・中村俊輔が明かす二人の“天敵GK”football-zone 2017年11月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]