1952年オスロオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オスロオリンピックから転送)
移動先: 案内検索
1952年オスロオリンピック
第6回オリンピック冬季競技大会
VI Olympic Winter Games
18671 Vinter-OL 1952 - åpningsseremoni.jpg
開催都市  ノルウェー オスロ
参加国・地域数 30
参加人数 694人
競技種目数 4競技22種目
開会式 1952年2月14日
閉会式 1952年2月25日
開会宣言 ラグンヒル王女
選手宣誓 トールビョルン・ファルカンゲル
最終聖火ランナー Eigil Nansen
主競技場 ビスレット・スタディオン
冬季
1948年サンモリッツ 1956年コルチナ・ダンペッツオ  >
夏季
1948年ロンドン 1952年ヘルシンキ  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

1952年オスロオリンピックは、1952年2月14日から2月25日まで、ノルウェーオスロで行われた冬季オリンピック

大会開催までの経緯[編集]

オスロオリンピックは1947年6月1日にスウェーデン・ストックホルムで開催された第40回IOC総会でコルティーナ・ダンペッツォレークプラシッドを破り開催が決定された[1]。 大戦中、ノルウェーはナチスドイツの占領下にあったため、連合軍からの空襲及びドイツ軍撤退時の焦土作戦により大きな被害を受けたノルウェーの戦後復興の大きな足がかりとなること期待しての五輪招致だった。開催決定後はドイツチームの参加の是非が議論され、大規模なドイツ参加反対運動も起こったが[2]、結局西ドイツの参加が許可された。同時に日本の参加も許可され、五輪への復帰となった。

1952年冬季オリンピック投票結果[3]
都市 1回目
オスロ  ノルウェー 18
コルティーナ・ダンペッツォ イタリアの旗 イタリア 9
レークプラシッド アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1

競技会場[編集]

  • ビスレット・スタディオン(開会式、スピードスケート、フィギュアスケート、バンディ)
  • ホルメンコーレンジャンプ競技場(スキージャンプ、ノルディック複合、クロスカントリー)
  • Jordal Amfi(アイスホッケー)
  • Korketrekkeren(ボブスレー)
  • Norefjell(滑降、大回転)
  • Rødkleiva(回転)

実施競技と日程[編集]

公式な開会式は2月15日に催されたが、前日の14日に小規模な2つの式典が行われた。[4] また2月15日から25日の間毎日、少なくとも1種目で決勝戦が行われた。[5]

開会式では本来国王ホーコン7世が開会を宣言する予定であった。しかし大会直前の2月6日に甥であるイギリス国王ジョージ6世が死去し、ホーコン7世は葬儀参列のため急遽渡英、式典は不参加となった。そのため、王太子オーラヴの長女ラグンヒルが祖父の代理として開会を宣言した。式典ではジョージ6世追悼のため全参加国旗は半旗となり、イギリス、オーストラリアカナダニュージーランド英連邦王国各選手団は喪章を着けて参加した。


日付 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
開・閉会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
スケート スピードスケート
フィギュアスケート
アイスホッケー
ボブスレー
バンディ

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 ノルウェー ノルウェー 7 3 6 16
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 4 6 1 11
3 フィンランド フィンランド 3 4 2 9
4 西ドイツ 西ドイツ 3 2 2 7
5 オーストリア オーストリア 2 4 2 8
6 カナダ カナダ 1 0 1 2
イタリア イタリア 1 0 1 2
8 イギリス イギリス 1 0 0 1
9 オランダ オランダ 0 3 0 3
10 スウェーデン スウェーデン 0 0 4 4

主なメダリスト[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Organising Committee for the VI Winter Olympic Games (1952), p. 20
  2. ^ Espy, Richard (1981). The Politics of the Olympic Games. Berkeley, United States: University of California Press. P.32.
  3. ^ Past Olympic Host City Election Results”. Gamesbids.com. 2010年8月26日閲覧。
  4. ^ Organising Committee for the VI Winter Olympic Games (1952), pp. 180–181
  5. ^ Organising Committee for the VI Winter Olympic Games (1952), p. 75

外部リンク[編集]