エリック・ワイナイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ケニアの旗 ケニア
男子 陸上競技
オリンピック
1996 アトランタ マラソン
2000 シドニー マラソン

エリック・ワイナイナEric Wainaina1973年12月19日 - )は、ケニアの男子陸上長距離(マラソン)選手。オリンピック銀メダリスト。マラソン優勝7回。

来歴・人物[編集]

ケニアのニャンダルワ県ニャフルル市オルジョロロコ町で生まれ育つ。1988年ソウルオリンピック(マラソン)で銀メダルを獲得したエスビー食品陸上部のダグラス・ワキウリに憧れ、地元のウェル・セガンダリ高校時代に本格的なトレーニングを開始した。

コニカ(現:コニカミノルタ)陸上部監督の酒井勝充監督に能力を見出され、1993年に来日し同部へ所属。同年の札幌国際ハーフマラソンで2位、翌1994年北海道マラソンで初マラソンに挑み初優勝。1995年東京国際マラソンでも優勝し、1996年アトランタオリンピック(マラソン)ケニア代表に選ばれる。同五輪では、見事に銅メダルを獲得。さらに2000年シドニーオリンピック(マラソン)では銀メダル、2004年アテネオリンピック(マラソン)では7位入賞と、五輪2大会連続でメダル・3大会連続で入賞した。

2006年3月にコニカミノルタを退社し、現在はライツネットワークメンバーとして、またニューバランスのTeam NBの一員として、日本各地のマラソン大会にゲストランナーとして出場し、市民ランナーと交流をしたり児童へのランニングクリニックの開催などの活動をする傍ら、現役ランナーとしてウルトラマラソンにもチャレンジしている。(2010年サロマ湖100kmウルトラマラソン優勝) 2006年からはTBS系の大型特番『オールスター感謝祭』内の企画「赤坂5丁目ミニマラソン」に出場した。日本食が好物で、「日本を第二の故郷」と語った。座右の銘は「Never give up」で、「エリック」の愛称を持つ。 2015年より、ケニアと日本の架け橋となるため、POLE POLE Incを設立。代表取締役として夢を叶える場を創っている。

主な戦績[編集]

種目 大会 順位 タイム
1993年 ハーフマラソン 札幌国際ハーフマラソン 02位  
1994年 マラソン 北海道マラソン 優勝 2時間15分03秒
1995年 東京国際マラソン 優勝 2時間10分31秒
1995年 世界陸上イェーテボリ大会 18位 2時間19分53秒
1996年 アトランタオリンピック 03位 2時間12分44秒
1997年 北海道マラソン 優勝 2時間13分45秒
2000年 長野マラソン 優勝 2時間10分17秒
2000年 シドニーオリンピック 02位 2時間10分31秒
2002年 東京国際マラソン 優勝 2時間08分43秒
2002年 福岡国際マラソン 03位 2時間10分08秒
2003年 長野マラソン 優勝 2時間12分00秒
2003年 北海道マラソン 優勝 2時間13分13秒
2004年 アテネオリンピック 07位 2時間13分30秒
2010年 ウルトラマラソン サロマ湖100キロウルトラマラソン 優勝 6時間39分52秒

自己ベスト[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]