ニャフルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニャフルル
Thomson's Falls.jpg
トムソンの滝
座標: 北緯0度2分 東経36度22分 / 北緯0.033度 東経36.367度 / 0.033; 36.367座標: 北緯0度2分 東経36度22分 / 北緯0.033度 東経36.367度 / 0.033; 36.367
ケニア
リフトバレー州
ライキピア県
標高 2,303m (7,556ft)
人口
 - 計 24,751
ウェブサイト www.nyahururu.tk/

ニャフルルスワヒリ語: Nyahururu)は、ケニアリフトバレー州、ライキピア県にある町。州都ナクルの東に位置する。かつては中央州ニャンダルア県の県都であったが、オルカロウに移転した。都市部の人口は2万7451人である。

概要[編集]

建設当初は近くのエワソンギロ川にある落差70mの「トムソンの滝」にちなんで、トムソンフォールズ (Thomson Falls) と名づけられた。ニエリ-ルムルティ間の道とニエリ-ナクル間の道の交差点に位置し、1929年にはギルギルから鉄道が延伸、発展を見た(鉄道は後に廃線)。かつては木材加工が盛んで、国営鉛筆会社が工場を置いた。製乳の拠点でもあった。

町外れには質の高い教育を提供する私立エジャートン大学のライキピアキャンパスがあり、人生の成功を目指して多くの学生が通っている。

ニャフルルの一帯は農業が基幹産業で、主に北部ではトウモロコシが、南部ではジャガイモが生産される。近年では冷涼な気候、土壌、安価な労働力から花き農家が増えている。

この標高の高さゆえ、重要な大会を控えたマラソンやクロスカントリーの選手がよく合宿に来る。北京オリンピックの男子マラソンで金メダルをとったサムエル・ワンジルなど、これまでに多くの陸上競技選手を輩出している。

2006年には福音派の汎アフリカン神学校が近郊に開校した。ニャフルルにはもう一校、エマニュエル聖書研究所という学校があるが、神学のほかにも音楽やさまざまな器楽のコースがある。

2010年にはスーパーマーケットで聖書2冊を万引きしたため、リンチされかけた女を警察が助け出すという事件が起こり、国内外で報じられた[1]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ James Munyeki, Mob attacks woman caught stealing Bible in the Standard (Kenya), 2010 June 25 (accessed 2010 June 24).