インドネシア・エアアジア8501便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドネシア・エアアジア8501便
PK-AXC.jpg
2014年4月に撮影された当該機PK-AXC
事故の概要
日付 2014年12月28日 (2014-12-28)
概要 方向舵(ラダー)制御システムの障害とクルーの対応ミスに伴う失速[1]
現場  インドネシアジャワ海
カリマタ海峡ブリトゥン島ボルネオ島の間)[2]
南緯3度22分15秒 東経109度41分28秒 / 南緯3.3708度 東経109.6911度 / -3.3708; 109.6911座標: 南緯3度22分15秒 東経109度41分28秒 / 南緯3.3708度 東経109.6911度 / -3.3708; 109.6911[3]
残骸(大きさ18mx 5.4mx2.2m)は南緯3.9242°東経110.5252°にある[4]
乗客数 155
乗員数 7
死者数 162(全員)[5]
生存者数 0[5]
機種 エアバスA320-216
運用者 インドネシアの旗インドネシア・エアアジア
機体記号 PK-AXC
出発地  インドネシア
ジュアンダ国際空港
目的地 シンガポールの旗 シンガポール
シンガポール・チャンギ国際空港
テンプレートを表示

インドネシア・エアアジア8501便墜落事故(インドネシア・エアアジア8501びんついらくじこ)は、インドネシア現地時間 (UTC+7) の2014年12月28日の朝5時35分にインドネシアジャワ島東部、スラバヤにあるジュアンダ国際空港を出発しシンガポールチャンギ国際空港に向かって飛行していたインドネシア・エアアジア8501便 (QZ8501/AWQ8501) が、現地時間6時17分に消息を絶ち[6][7]、その後の捜索で墜落が確認された航空事故である。乗客155人[8]と乗員7名が搭乗していた[9][10]。乗客・乗員全員が死亡したと見られ、2015年3月20日の時点で56名が行方不明のままである。

8501便はエアアジア(本社:クアラルンプール)のグループ企業であるインドネシア・エアアジア(本社:ジャカルタ)が運航しており、機材もインドネシア国籍となっている。ただし、親会社のエアアジアが本社を置くマレーシアでも政府に衝撃が走り[11]、マレーシア国内ではマレーシア航空370便墜落事故17便撃墜事件に続く惨事と受け止められ[12]、マレーシア地元紙は「今年(2014年)3つ目の大惨事」と報じている[13]

事故当日の8501便[編集]

行方不明[編集]

飛行経路図。赤い線が飛行経路。

2014年12月28日、インドネシア・エアアジア8501便は同社の定期便[14]としてスラバヤのジュアンダ国際空港の滑走路10から、定刻より15分遅れとなる5時35分(現地時間)にシンガポール・チャンギ国際空港に向けて離陸した。離陸後は順調に32,000 フィート (9,800 m)まで高度を上げ、ジャワ海に達した。事故発生時はジャワ島とカリマンタン島の間を飛行中だった[15]。インドネシア運輸当局は28日昼の会見で、パイロットは6時12分に航空管制との交信にて「嵐を避けるため、高度を38,000 フィート (12,000 m)に上げる許可を求めていた」ものの、その5分後に位置情報を知らせる信号を発したのを最後にインドネシアが管轄している飛行情報区 (FIR) 内で交信が途絶え、6時18分に航空レーダーから消えたと発表した[16][17]

当該機が飛行していた空域は激しい雷雨に見舞われていた[18]。インドネシア紙コンパスの電子版によれば、「エアアジア機が消息を絶ったころ、飛んでいたとされるボルネオ島(カリマンタン島)の南西には、厚さ5 - 10キロメートルにおよぶ積乱雲が飛行ルート上にあった可能性がある(インドネシア気象気候地球物理庁の話)」と伝えている[19]。なお、積乱雲の高さは48,000 フィート (15,000 m)まで達していたとの見方もある[19]。積乱雲は激しい雷雨や強風をもたらしたうえ、低温の影響で航空機の航行システムが障害を起こして操縦ができなくなる恐れがある[20]。ただし、同日に他の航空機数機が無事にこの地域を通過している[21]

タイムライン[編集]

経過時間 (HH:MM) 時刻 出来事
協定世界時(UTC) インドネシア西部標準時(WIB)
UTC+7
シンガポール標準時(SST)
UTC+8
00:00 12月27日 12月28日 エアアジア・インドネシア8501便(以下8501便)がジュアンダ国際空港を出発。定刻の05:20(インドネシア西部標準時。以下は特記がなければ同タイムゾーン)から15分遅れであった[22](なお、出発時刻は05:36あるいは05:32だったという情報もある)[23][24]
22:35 05:35 06:35
00:37 23:12 06:12 07:12 8501便のパイロットが航空管制 (ATC) に対し、悪天候を避けるために予定ルートから左に逸れたルートの飛行をリクエストし、管制から承認を受けた。併せて32,000 ft (9,800 m) から38,000 ft (12,000 m) へ飛行高度を上げるリクエストも行なった。しかし、すでに当該空域に他の航空機が存在していたため、ジャカルタの管制は上昇の許可を一時見送った[22][25][26]
00:39 23:14 06:14 07:14 管制が8501便に対して上昇の許可を与えたが、8501便のパイロットから応答がなかった。
00:42 23:17 06:17 07:17 AirNav Indonesiaの情報によれば、この時刻に8501便がレーダーから消失した(当初、エアアジアは06:24にレーダーから消失したと報告していた)[24][22][27][28]
00:43 23:18 06:18 07:18 ADS-Bトランスポンダからの信号が途絶えた。インドネシア運輸省によれば、最後に信号が示していた座標はジャワ海カリマタ海峡ブリトゥン島カリマンタン島間の南緯3度22分15秒 東経109度41分28秒 / 南緯3.3708度 東経109.6911度 / -3.3708; 109.6911である[29]
01:20 23:55 06:55 07:55 エアアジアは8501便が行方不明となった旨を公式発表した[30]
01:55 12月28日 07:30 08:30 シンガポール・チャンギ国際空港への到着予定時刻。
00:30
04:47 03:22 10:22 11:22 インドネシア国家捜索救助庁 (BASARNAS) のパンカルピナン事務所が捜索救難を開始した[31]
04:55 03:30 10:30 11:30 シンガポール民間航空庁 (CAAS) およびチャンギエアポートグループ (CAG) の危機管理センターが始動し、航空会社の危機管理チームと共同で事故の情報収集を開始した[32]
05:06 03:41 10:41 11:41 エアアジアが公式FacebookTwitterアカウントで8501便が行方不明になったことを発表した[33][34]

捜索[編集]

MH-60R Seahawk helicopter supports AirAsia Flight QZ8501 search operations 150110-N-DC018-125.jpg
回収された事故機の垂直尾翼を運搬する船

事故発生後、インドネシア国家捜索救助庁などインドネシア当局に加え、シンガポール空軍・海軍C-130輸送機による捜索を実施している[35][36]。また、インドネシア空軍B737洋上偵察機を投入してパランカラヤから127 海里 (235 km)、方位249度の地点を最終コンタクト地点として捜索を開始した[37]。事故発生日の28日の捜索は日没を理由に、空からの捜索はいったん打ち切ったものの、船を使った海の捜索は夜通し続けられた[38]

事故翌日の29日、インドネシア国家捜索救助庁は「事故機は海上で墜落し、現在は海中に沈んでいると思われる」との見解を示した[39]。29日以降よりオーストラリアやマレーシアなども捜索に加わった(#事故後の対応も参照)。

消息を絶った当日の28日に地元漁師が残骸を発見している。しかし発見者は事故発生を知らず、ただのゴミだと思い、翌日の夜になって帰宅した。村に帰り着くと、8501便のニュースが報じられており、発見者はエアアジア社のロゴと同じ赤い残骸が浮かんでいたことを思い出した。地元警察に報告すると、警察から事故機を捜索していた当局に連絡が入った[40]

2014年12月30日、漁師の証言を元に捜索が行われた[41]。インドネシア空軍の捜索隊がカリマンタン島南西部海上にて機体の残骸を発見し、3名の遺体も収容された[42]

2014年12月31日に、インドネシア救難当局は、カリマンタン島南西部の海上で新たに3人の遺体を収容したと発表した[43]。そのうち1人は客室乗務員の女性とみられていて、この時点で収容された遺体はこれで6人となった[43]。潜水隊も派遣されていたが悪天候のため海中の捜索はできなかった[43]

2015年1月7日にインドネシア・カリマンタン島沖で尾翼を含む8501便の残骸が発見され[44]、12日にはブラックボックスの一部を回収したと発表した[45]。2015年1月14日に機体の胴体部分と右翼が海底で発見された[46]。胴体部分には多くの犠牲者が閉じ込められていると推測されるが悪天候続きのため、24日になって引き上げ作業が行われた。引上げ作業はロープが切断し失敗に終わった。またコックピット部分と思われる残骸も胴体部分から500メートルほどの場所に存在することが明らかとなった[47][48]

捜索救助活動を行ってきたインドネシア軍の報道官は1月27日に、胴体部分は持ち上げた際に「破壊」され、引き揚げ作業から撤退することとなったと公表した[49]。しかし、2月8日には胴体部分の回収作業が再開された[50]

2015年3月22日に不明者の捜索は打ち切られた。162名の乗客・乗員のうち、56名の遺体が未発見である[51]。2015年3月20日の時点で、身元が確認できたものは97名となっている[52]

事故原因[編集]

最終報告[編集]

2015年12月1日、インドネシア国家運輸安全委員会は最終調査報告書を発表した。それによると、主な要因は、方向蛇(ラダー)システムの障害だった。方向舵の作動を制限するラダーリミッター英語版のパーツのハンダ付け部の亀裂で接触が時々切れる状態になり、これによりECAMから繰り返し警報が送られた。4回目の警報でシステムをリセットしようとしたパイロットが、飛行増強コンピュータ (FAC; Flight Augmentation Computer) のサーキット・ブレーカーに触れたところ自動操縦が解除された。またこの時、失速防止装置も解除された。自動操縦が解除された場合はパイロットが手動で操縦するが、機体がロールし始めたとき、原因は不明だがパイロットの動作は9秒遅れた。その後失速警報が鳴り始め、機長は操縦桿(コントロールスティック)を押し下げて失速から回復させようとした。しかし副操縦士は機長とは逆で操縦桿を引いており、二人が別のスティック操作をしたため「double Input」という警報が鳴った。しかしパイロットはその警報について何の対応も取らなかった。二人が別の操作をしている間、昇降舵は中立位置だった。パイロット二人は最後まで逆の操作を続け、機体は失速状態のまま海面に激突した。なお、多くの推測で取り上げられた悪天候は、墜落に関係がなかったとされた(#報告書の発表前の推測も参照)。

報告書の発表前の推測[編集]

事故当時の衛星画像と8501便の航跡。赤い部分が温度の低い雲を表している。

調査報告書の発表まで、様々な推測がなされた。インドネシア海軍の報告によれば事故機は海面に激突して破壊された可能性が高く、発見された残骸も10キロメートル四方の狭い範囲に集中しており、空中分解の可能性は低いという[53]

2015年1月4日になってインドネシア気象気候地球物理庁 (BMKG) は「悪天候が事故の一因となった」とする報告書を公表した。同庁の解析によると事故当時周辺には高度48,000 フィート (15,000 m)に達する巨大な嵐雲[要出典]があり、「内部は氷点下80度に達する低温で、氷の粒子が多数あった」と指摘した。氷が機体やエンジンに付着して不具合を起こし、失速・墜落したとの見解を示した[54][55]。2015年に放映されたディスカバリーチャンネルの『検証・エアアジア墜落事故』では、対気速度を測定するピトー管がヒーターの故障によって凍結し、エールフランス447便墜落事故のような事故が起こった可能性もあるとしている[56]。また、航空管制レーダー画像が現地メディアにリークされていて、この画像を見た専門家からは、応答がなくなってから最大毎分9,000 フィート (2,700 m)で上昇後、最大毎分24,000 フィート (7,300 m)で降下していて、エアバス機は操縦系統にフライ・バイ・ワイヤを介しているため、通常は巡航高度でのこのような操縦は不可能であり、積乱雲などの何らかの外的要因によって機体が上昇して失速し、降下したとの見解が出ている[57][58]。1月20日に出されたインドネシア運輸大臣のコメントでも同様に、正常時の6 - 8倍にあたる毎分8,000 フィート (2,400 m)以上で上昇した後に失速したとされている[21]。テロの可能性については否定されている[21]

調査に詳しい関係者の話によると、ボイスレコーダーにはけたたましい警報音が記録されており[59]、操縦士は警報への対応を試みた後、警報システムの電源を落としたという[60]。また、最後までパイロットたちは墜落の回避を試みたことが確認されている[56]。事故当時、8501便を操縦していたのは副機長で、インドネシア・エアアジアにおいて2275時間飛行しており、フランス人系のパイロット団体の責任者であった[61]

機体・路線[編集]

事故機となったPK-AXCはエアバス社製のA320-216型機(製造番号:3648)で、2008年10月15日にインドネシア・エアアジアへ新造機として引き渡された[62]。機内はエコノミークラス180席の仕様で、エンジンはCFMインターナショナル製のCFM56-5B6/3を搭載していた。事故時点での機齢は6.3年であり、それまでに大きなトラブルは記録されていない。

エアバスA320は運航効率や経済性が高いこと[63]から格安航空会社に限らず、世界各国の航空会社やビジネスジェットなどで派生型も含めて6000機以上が採用されており、機体の特性に起因する事故は発生していない。

スラバヤ - シンガポール間の路線について、インドネシア当局はインドネシア・エアアジアに同航路の便を週4日運航する許可をしていたが、許可された内容に日曜日は含まれていなかったと発表し、インドネシア当局は同路線について、調査終了までエアアジア便の運航停止措置をとっている[64][65]。一方で、着陸地であるシンガポール当局はこのフライトが無認可だったという情報を否定している[66]ほか、事故以前にも毎週日曜日にはQZ8501便として当該路線のフライトが定期的に運航されていた[67]。そもそも、航空管制では国籍不明機による領空侵犯として扱われる可能性やニアミスといった事態を避けるため、着陸地までの飛行計画の運航許可が無いと出発許可が下りないことになっており、なぜ運航できていたかは不明である。

インドネシアの航空会社はインドネシア当局の安全管理に問題があるとして原則的にEUから乗り入れ禁止処分を受けている[68][69]が、今回事故を起こしたインドネシア・エアアジアは危険な航空会社ではないとしてガルーダ・インドネシア航空などと共に乗り入れ禁止処分から除外されていた。前述のインドネシア国内での路線運航許可体制について、この事故をきっかけにインドネシア当局が同国内の運航許可についてを調査したところ、航空会社5社が合計61便で同様の無許可運航となっていたことが判明し、この中に国内最大手のガルーダ・インドネシア航空も含まれていたことが判明している[70]。無許可運航を見逃していた当局の職員には処分が下された[70]

なお、事故が発生した路線はエアアジア (AK) のグループ会社であるインドネシア・エアアジア (QZ) が運航しており、全座席がQZ便名で販売されているにもかかわらず、本事故を「エアアジア8501便」と表記する報道も多い。

乗客・乗員[編集]

エアアジアの発表によれば乗客は155名搭乗しており、そのうち16名が子供、1名が乳児だった[71]。乗員は7名搭乗しており、内訳は操縦士が2名、客室乗務員が4名、技術者が1名である[71]。機長はインドネシア人、副操縦士はフランス人だった[72]。これまでの総飛行時間は機長が2万537時間(うちインドネシア・エアアジアで6100時間[73])、副操縦士が2275時間となっている[74]

搭乗者の国籍は以下の表[71]のとおりである。

国籍 乗客 乗務員
インドネシアの旗 インドネシア 149 6
大韓民国の旗 韓国 3
フランスの旗 フランス 1
マレーシアの旗 マレーシア 1
シンガポールの旗 シンガポール 1
イギリスの旗 イギリス 1[75]

事故後の対応[編集]

航空会社(インドネシア・エアアジア)[編集]

当日正午(現地時間)にプレスリリースをFacebookにて発表した[76]。 また、事故後に公式FacebookおよびTwitterの画像をグレースケールのものに変更した[77][78]。臨時のコンタクトセンターを開設し、電話で搭乗者の家族・友人への対応を行った[74]。出発地であるスラバヤの空港には、28日夜にエアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデスが到着して、安否確認に訪れた乗客の家族への対応を行った[38]。エアアジアは補償金として、総額およそ12万5000ドル(約1500万円)を支払うことを決定した。2万4000ドルをすでに見舞金として支払い済みで、残り10万ドルほどが補償金として支払われるという。補償額は、航空会社の責任などを定めた国際条約であるモントリオール条約によれば、一人あたり約17万4000ドルが最低額となるが、インドネシアは条約批准国ではなく、同国の運輸省の規定に従って算定された[79]

各国政府[編集]

インドネシア

副大統領モハマッド・ユスフ・カラは「事故の可能性が高い」という見解を示し、12月28日にインドネシア国家捜索救助庁は事故機が墜落した可能性のある海域の捜索を開始した[80]。12月30日からはインドネシア空軍輸送機EADS CASA C-295も捜索に参加している。

マレーシア

事故翌日の29日からマレーシア軍の航空機および艦船が捜索に加わった[39]

アメリカ
捜索活動に従事するUSSフォートワースとアメリカ軍のヘリコプター

アメリカ大統領副報道官のシュルツは12月28日に、「オバマ大統領はエアアジア機に関し報告を受けている。ホワイトハウスは情勢を注視している」と述べている[81]。29日にインドネシア政府からの要請に応じて、米第7艦隊所属のイージス駆逐艦USSサンプソン(DDG-102)と搭載ヘリのMH-60R[82]、1月3日から沿海域戦闘艦USSフォートワース(LCS-3)も合流し捜索活動に参加している[83]

オーストラリア

外務大臣のジュリー・ビショップはインドネシア政府からの要請があれば協力をする準備があるとし、「乗員乗客が生存していることを祈っている」と述べた。 事故翌日の29日には哨戒機1機の派遣を行った[84]

韓国

韓国政府は捜索のため、韓国軍のP-3C哨戒機を30日に派遣するとした[85]。事故機には韓国人宣教師家族3名が搭乗していた[85]

中国

中国外務省は29日、インドネシア政府に対して、必要であれば航空機や艦船を捜索のために派遣する用意があると伝えた[86]

日本

日本政府は31日、インドネシア政府からの捜索活動に対する参加要請に応じて、護衛艦たかなみおおなみの2隻を派遣することを決定した[87]。両艦はソマリア沖海賊の対策部隊派遣任務を終えて日本に帰還する途中だったが[87]、護衛艦および護衛艦搭載のヘリコプター3機を利用して捜索にあたることになった[87][88]

1月3日の夜、両艦は現場海域であるカリマンタン島南西沖に到着し、国際緊急援助活動として捜索活動を開始した[88][89]。以降1月9日までに捜索・救助活動等で遺体4体を収容したが、その後のインドネシア政府からの活動継続の要請が無かったため、捜索活動を終了し[90]1月下旬に帰国した[91]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この事故を扱った番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エアアジア機墜落、主要因は方向舵制御システムの障害”. News. AFPBB news (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ TNI AL: KRI Bung Tomo Evakuasi Jenazah Penumpang AirAsia dan Dibawa ke Pangkalan Bun”. News. detik (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  3. ^ Hradecky, Simon (2014年12月30日). “Crash: Indonesia Asia A320 over Java Sea on Dec 28th 2014, aircraft went missing believed to have impacted waters”. The Aviation Herald. 2014年12月30日閲覧。
  4. ^ Five large sections of AirAsia Flight QZ8501 found, say rescue teams; Indonesia set to ban Tony Fernandes’ airline”. The Financial Express. The Indian Express Group. 2015年1月5日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b Jensen, Fergus (2015年1月4日). “Weather frustrates AirAsia search divers, no 'pings' detected”. Reuters. 2015年1月5日閲覧。
  6. ^ ジャワ島発のエアアジア機 消息絶つ”. NHK (2014年12月28日). 2014年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  7. ^ “エア・アジア機が消息絶つ インドネシアテレビ報道”. 共同通信. (2014年12月28日). http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122801001196.html 2014年12月28日閲覧。 
  8. ^ “155人搭乗のエアアジア機、消息絶つ”. 日刊スポーツ. (2014年12月28日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20141228-1414781.html 2014年12月28日閲覧。 
  9. ^ “マレーシア機消息絶つ=乗客乗員161人-インドネシアからシンガポール行き”. 時事通信. (2014年12月28日). オリジナルの2015年1月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/jTjVB 2015年1月12日閲覧。 
  10. ^ 廉航亞洲航空班機 印尼飛往新加坡失聯” (正體中文). yahoo. yahoo新聞 (2014年12月28日). 2014年12月28日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 吉村英輝 (2014年12月28日). “【エアアジア機不明】相次ぐ悲劇…マレーシア政府に衝撃再び”. 産経新聞. http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280024-n1.html 2014年12月31日閲覧。 
  12. ^ M JEGATHESAN (2014年12月29日). “「呪いか」 嘆くマレーシア、1年で旅客機3機に悲劇 自然災害も”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3035383 2014年12月31日閲覧。 
  13. ^ 池田慶太; 辻本貴啓 (2014年12月29日). “マレーシア航空上場廃止へ、相次ぐ惨事「悪夢」”. 朝日新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20141229-OYT1T50017.html 2014年12月31日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ 当時は月、水、金、日の隔日運航。
  15. ^ “エアアジア機消息絶つ 162人搭乗”. 産経ニュース. (2014年12月28日). http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280014-n1.html 2014年12月28日閲覧。 
  16. ^ ジャカルタ=池田慶太 (2014年12月28日). “シンガポール行きエアアジア機、悪天候で墜落か”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20141228-OYT1T50016.html 2014年12月28日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ シンガポール=吉田渉 (2014年12月28日). “エアアジア機消息絶つ 乗客155人、日本人搭乗の情報無し”. 日本経済新聞. オリジナルの2015年1月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/HIhUP 2014年12月28日閲覧。 
  18. ^ “AirAsia jet with 162 is missing on way to Singapore; flight began in Indonesia”. CNN. (2014年12月27日). http://edition.cnn.com/2014/12/27/world/asia/airasia-missing-plane/index.html 2014年12月28日閲覧。 
  19. ^ a b 石橋亮介、榊原謙 シドニー=郷富佐子 (2014年12月29日). “エアアジア機、上昇の連絡後不明 飛行ルートに積乱雲か”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASGDX7340GDXUHBI00T.html 2014年12月29日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ “エアアジア機の捜索再開=積乱雲で操縦不能か-インドネシア”. 時事通信 (msn). (2014年12月29日). http://www.msn.com/ja-jp/news/other/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%A9%9F%E6%8D%9C%E7%B4%A2%E5%86%8D%E9%96%8B%EF%BC%9D%E5%BD%93%E5%B1%80%E3%80%81%E5%A2%9C%E8%90%BD%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E6%8C%87%E6%91%98%E2%80%95%E7%A9%8D%E4%B9%B1%E9%9B%B2%E3%81%A7%E6%93%8D%E7%B8%A6%E4%B8%8D%E8%83%BD%E3%81%8B%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2/ar-BBhiO3o 2015年1月12日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ a b c I-Made Sentana and Gaurav Raghuvanshi (2015年1月21日). “エアアジア機、異常な急角度で上昇後に失速か―インドネシア運輸相が見解”. 2015年1月21日閲覧。
  22. ^ a b c Sentana, I Made; Raghuvanshi, Gaurav (2014年12月29日). “Search for Missing AirAsia Flight 8501 Resumes”. Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/search-for-missing-indonesia-airasia-plane-resumes-1419739472 2014年12月29日閲覧。 
  23. ^ Tweet” (Indonesian). Twitter. Kementerian Perhubungan Republik Indonesia (Indonesia Transport Ministry) (2014年12月28日). 2014年12月29日閲覧。
  24. ^ a b “AirAsia 8501 Missing: Timeline of Events”. ABC News. (2014年12月28日). http://abcnews.com/International/airasia-8501-missing-timeline-events/story?id=27859420 2014年12月29日閲覧。 
  25. ^ Leung, Nancy (2014年12月29日). “Missing AirAsia Flight QZ8501: At a glance”. CNN. http://www.cnn.com/2014/12/28/world/asia/airasia-flight-qz8501-time-line/ 2014年12月29日閲覧。 
  26. ^ Bengali, Shashank (2014年12月28日). “AirAsia Flight 8501 probably 'at bottom of sea,' official says”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/world/asia/la-fg-airasia-missing-plane-search-20141228-story.html#page=1 2014年12月29日閲覧。 
  27. ^ AirAsia jet with 162 on board goes missing on way to Singapore”. CNN International Edition (2014年12月28日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月28日閲覧。
  28. ^ AirAsia QZ8501: Indonesia plane search resumes”. BBC (2014年12月29日). 2015年1月19日閲覧。
  29. ^ Hradecky, Simon (2014年12月30日). “Crash: Indonesia Asia A320 over Java Sea on Dec 28th 2014, aircraft went missing believed to have impacted waters”. The Aviation Herald. 2014年12月30日閲覧。
  30. ^ “AirAsia flight from Indonesia to Singapore loses contact”. The Sydney Morning Herald. (2014年12月29日). http://www.smh.com.au/world/airasia-flight-from-indonesia-to-singapore-loses-contact-20141228-12em2h.html 2014年12月30日閲覧。 
  31. ^ “AirAsia flight QZ8501 from Indonesia to Singapore loses contact with air traffic control”. The Australian Broadcasting Corp. (2014年12月28日). http://www.abc.net.au/news/2014-12-28/airasia-flight-from-indonesia-to-singapore-loses-contact/5990458 2014年12月30日閲覧。 
  32. ^ “QZ8501: Singapore activated coordination centre to assist in SAR”. The New Straits Times Press (M) Berhad (New Straits Times). (2014年12月28日). http://www.nst.com.my/node/66775 2014年12月30日閲覧。 
  33. ^ Air Asia Indonesia flight QZ8501”. Twitter. 2014年12月31日閲覧。
  34. ^ “AirAsia”. Twitter. (2014年12月27日). https://twitter.com/AirAsia/status/549048915429830656 2014年12月30日閲覧。 
  35. ^ AirAsia Flight QZ8501 loses contact with air traffic control”. CBC News. 2014年12月28日閲覧。
  36. ^ “乗客乗員162人を乗せたエアアジア機が消息不明”. テレビ朝日. (2014年12月28日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000041561.html 2014年12月28日閲覧。 
  37. ^ Cari Pesawat AirAsia, TNI AU Kerahkan Boeing 737 Surveillance”. Kompas. 2014年12月28日閲覧。
  38. ^ a b “エアアジア機消息絶つ 船による捜索を夜通し続ける方針”. fnn-news.com. (2014年12月28日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00283557.html 2014年12月29日閲覧。 [リンク切れ]
  39. ^ a b “エアアジア機、海底に沈んだ可能性=インドネシア当局”. ロイター. (2014年12月29日). オリジナルの2015年1月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/tws90 2015年1月12日閲覧。 
  40. ^ Jonathan Pearlman (2014年12月30日). “AirAsia QZ8501 wreckage found by fisherman who did not know plane was missing”. 2015年1月11日閲覧。
  41. ^ AirAsia QZ8501: Local fisherman crucial in locating wreckage - Nation” (2014年12月31日). 2015年1月11日閲覧。
  42. ^ 不明機、カリマンタン沖に墜落=エアアジア残骸・遺体発見-インドネシア、捜索続く” (2014年12月30日). 2015年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  43. ^ a b c エアアジア機体一部発見 新たに3人の遺体を収容”. FNN (2015年1月12日). 2015年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  44. ^ “エアアジア機、ブラックボックスが信号発信か 当局が探知”. 日本経済新聞. (2015年1月9日). オリジナルの2015年1月10日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/S7cZq 2015年1月11日閲覧。 
  45. ^ エアアジア墜落機のフライトレコーダー回収 解析へ” (2015年1月12日). 2015年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ Yusuke KOHASE (2015年1月15日). “エアアジアQZ8501便、胴体発見 右翼も”. Aviation Wire. 2015年1月26日閲覧。
  47. ^ “墜落エアアジア機、胴体部分の引き揚げに失敗 4遺体収容”. フランス通信社. (2015年1月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3037602 2015年1月26日閲覧。 
  48. ^ “胴体引き揚げ再び失敗、ロープ切断など エアアジア機墜落”. CNN. (2015年1月25日). http://www.cnn.co.jp/world/35059456.html 2015年1月26日閲覧。 
  49. ^ インドネシア軍、エアアジア機胴体部分引き揚げを中止”. フランス通信社 (2015年1月27日). 2015年3月9日閲覧。
  50. ^ 収容遺体100体に、機体回収作業を再開 エアアジア機墜落”. CNN (2015年2月9日). 2015年3月9日閲覧。
  51. ^ インドネシア、エアアジア機墜落の不明者捜索を22日に打ち切りへ”. ロイター (2015年3月18日). 2015年4月19日閲覧。
  52. ^ AirAsia Indonesia Flight QZ8501”. エアアジア (2015年3月20日). 2015年4月19日閲覧。
  53. ^ エアアジア機 海面に衝突し機体破壊か”. 日本テレビ (2015年1月1日). 2015年1月12日閲覧。
  54. ^ “エアアジア機:氷付着し機体に不具合…インドネシア気象庁”. 毎日新聞. (2015年1月4日). http://mainichi.jp/select/news/20150105k0000m030041000c.html 2015年1月12日閲覧。 [リンク切れ]
  55. ^ “着氷でエンジン故障の可能性=エアアジア機墜落から1週間”. 時事通信. (2015年1月4日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010400130 2015年1月12日閲覧。 [リンク切れ]
  56. ^ a b エアアジア8501便の墜落原因とは? 現代の航空技術が直面する問題を分析”. マイナビ (2015年4月4日). 2015年4月19日閲覧。
  57. ^ 高橋大地 (2015年1月4日). “エアアジア機 エンジントラブルか=上昇速度が遅く失速し墜落”. グローバルニュースアジア. 2015年1月12日閲覧。
  58. ^ Leaked radar data hints AirAsia plane rose, fell very fast” (2015年1月3日). 2015年1月12日閲覧。
  59. ^ 墜落前に「けたたましい」警報、エアアジア機の音声記録で判明”. フランス通信社 (2015年1月22日). 2015年3月9日閲覧。
  60. ^ エアアジア機操縦士、墜落直前に重要なシステム切る-関係者”. ブルームバーグ (2015年1月30日). 2015年3月9日閲覧。[リンク切れ]
  61. ^ エアアジア機墜落、操縦は副機長と発表 事故との関係不明”. CNN (2015年1月29日). 2015年3月9日閲覧。
  62. ^ PK-AXC Indonesia AirAsia Airbus A320-216 - cn 3648”. Planespotters.net. 2015年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  63. ^ 高橋大地 (2014年12月28日). “【エアアジア機・関連】エアバスA320は、日本のLCCも採用する信頼機”. グローバルニュースアジア. 2015年1月12日閲覧。
  64. ^ I MADE SENTANA; BEN OTTO (2015年1月3日). “エアアジア墜落機、運航許可なかった=インドネシア運輸省”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB12659516568778773425604580376581394458498 2015年1月4日閲覧。 
  65. ^ “エアアジア機、墜落当日の便は無許可だったと判明”. CNN. (2015年1月4日). http://www.cnn.co.jp/world/35058562.html 2015年1月4日閲覧。 
  66. ^ “【エアアジア機墜落】31人の遺体発見 未認可の「日曜運航」か? 海自護衛艦も捜索に協力”. 産経ニュース. (2015年1月4日). http://www.sankei.com/world/news/150104/wor1501040023-n1.html 2015年1月12日閲覧。 
  67. ^ 2014年9月14日 / 2014年12月7日 / 2014年12月14日 / 2014年12月21日 など(いずれもFlightawareによる情報)
  68. ^ LIST OF AIR CARRIERS OF WHICH ALL OPERATIONS ARE SUBJECT TO A BAN WITHIN THE EU, WITH EXCEPTIONS[リンク切れ] - 欧州連合(2014年12月11日、2015年1月4日閲覧)
  69. ^ EUの乗り入れ禁止処分は、航空会社が実際にEUへ乗り入れを行っているか否かを問わずに定められる。
  70. ^ a b “【エアアジア機墜落】61便で無許可運航、インドネシア5航空会社”. 産経ニュース. (2015年1月9日). http://www.sankei.com/economy/news/150109/ecn1501090053-n1.html 2015年1月12日閲覧。 
  71. ^ a b c AirAsia Indonesia Flight QZ8501”. AirAsia (2014年12月28日). 2015年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  72. ^ “AirAsia flight loses contact with air traffic control between Indonesia and Singapore”. The Guardian. (2014年12月28日). http://www.theguardian.com/world/live/2014/dec/28/airasia-flight-loses-contact-with-air-traffic-control-on-route-from-indonesia-to-singapore 2014年12月28日閲覧。 
  73. ^ エアアジア機不明、ロゴ変え無事祈る QZ8501便、邦人客なし - AviationWire(2014年12月28日付)
  74. ^ a b Updated statement QZ8501 - エアアジア公式Facebookページ
  75. ^ 香港とイギリスの二重国籍者(Hong Kong resident among passengers on missing AirAsia flight
  76. ^ AirAsiaIndonesia”. 2015年3月9日閲覧。
  77. ^ AirAsiaIndonesia - Facebook
  78. ^ ALEX DAVIES (2014年12月29日). “行方不明のエアアジア機QZ8501便について、いま分かっていること”. WIRED. 2015年3月9日閲覧。
  79. ^ “エアアジア機墜落、補償金総額は乗客1人約1500万円”. CNN.. (2015年1月8日). http://www.cnn.co.jp/world/35058775.html 2015年1月11日閲覧。 
  80. ^ 都留悦史、ジャカルタ=古谷祐伸 (2014年12月28日). “エアアジア機「事故の可能性」 インドネシア当局が捜索”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASGDX5R9MGDXUHBI00Q.html 2014年12月29日閲覧。 [リンク切れ]
  81. ^ “エアアジア機の消息不明注視=米副報道官”. 時事通信. (2014年12月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014122800073 2014年12月28日閲覧。 [リンク切れ]
  82. ^ エアアジア・インドネシア機の捜索に米海軍駆逐艦も参加
  83. ^ USS Fort Worth Joins USS Sampson in AirAsia Search Effort
  84. ^ “豪が捜索に哨戒機派遣 エアアジア機”. 共同通信・ライブドアニュース. (2014年12月29日). http://news.livedoor.com/article/detail/9625184/ 2014年12月30日閲覧。 
  85. ^ a b “エアアジア機捜索へ あすにも韓国政府が軍哨戒機派遣”. 聯合ニュース. (2014年12月29日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/12/29/0900000000AJP20141229001100882.HTML 2014年12月30日閲覧。 
  86. ^ “中国が捜索支援表明”. 産経ニュース. (2014年12月29日). http://www.sankei.com/world/news/141229/wor1412290041-n1.html 2014年12月30日閲覧。 
  87. ^ a b c “エアアジア機捜索に海自護衛艦が参加へ”. NHKニュース. (2014年12月31日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141231/k10014378061000.html 2014年12月30日閲覧。 [リンク切れ]
  88. ^ a b エア・アジア航空機消息不明事案に関する国際緊急援助活動”. 防衛省. 2017年10月7日閲覧。
  89. ^ “エアアジア機の一部確認=カリマンタン島沖海底-認可受けずに運航か・インドネシア”. 時事通信社. (2015年1月3日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015010300092 2015年1月4日閲覧。 [リンク切れ]
  90. ^ エア・アジア航空機消息不明事案に関する国際緊急援助水上部隊による国際緊急援助活動の終結について
  91. ^ アデン湾における派遣海賊対処行動に従事した艦艇の入港について (PDF)