フリーダム (沿海域戦闘艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリーダム
USS-Freedom-130222-N-DR144-174-crop.jpg
基本情報
運用者  アメリカ海軍
艦級 フリーダム級
モットー Fast, Fearless, Focused
建造費 46,501,821ドル(フライト0、契約額)
経歴
発注 2004年5月(NVRの公式発表は2004年12月15日)
起工 2005年6月2日
進水 2006年9月23日
就役 2008年11月8日
退役 就役中
要目
満載排水量 3,292トン
全長 115.3 m(378.3 ft)
全幅 17.5 m(57.4 ft)
吃水 3.7 m(12.1 ft)
機関 CODAG方式
主機 フェアバンクス・モースコルト-
 ピルスティク 16PA6B STC
 ディーゼルエンジン×2基
MT30ガスタービンエンジン×2基
推進 ウォータージェット推進器×4軸
出力 98,000馬力
速力 47ノット
航続距離 3,500海里 (18kt巡航時)
乗員 中核乗員15から50名
作戦要員75名(ブルー、ゴールド各班)
兵装 Mk.110 57mm単装速射砲×1基
Mk.46 30mm機銃×2基
RAM近SAM 21連装発射機×1基
搭載機 MH-60R/S×2機
MQ-8 ファイアスカウト×2機
C4ISTAR COMBATSS-21戦術情報処理装置
レーダー TRS-3D 3次元式
・航法用×2基
電子戦
対抗手段
・電波探知妨害装置
・DL-12T 12連装デコイ発射機×1基
テンプレートを表示

フリーダムUSS Freedom, LCS-1)は、アメリカ海軍沿海域戦闘艦(LCS)。沿海域戦闘艦のプロトタイプの1隻であり、ロッキード・マーティンによって設計されたフリーダム級沿海域戦闘艦ネームシップである。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

艤装中の火災により就役が遅れたが、2008年9月18日に海軍によって公式に受領された。2008年11月8日にウィスコンシン州ミルウォーキーで就役し、母港はカリフォルニア州サンディエゴである。

2009年1月初旬現在、バージニア州ノーフォーク海軍基地で、運用試験を進行中である。今後投入される作戦や具体的行動海域は非公開であるが、マラッカ海峡アラビア海などでの海上テロ、海賊対策などに用いられると考えられている(読売新聞の取材に応じた副長クリスティ・ドイル中佐による)[1]

2010年9月12日、南カリフォルニア沖を航行中、右舷ガスタービン主機のタービン翼飛散という重大故障を生じたことから、ディーゼル主機のみによって帰港し、修理を受けることとなった[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞2009年1月10日朝刊。
  2. ^ Cavas, Christopher P. (2010年9月23日). “Gas turbine engine on LCS Freedom breaks”. Navy Times. 2015年5月30日閲覧。
  3. ^ 川村庸也「どうなる!? 米沿海域戦闘艦建造計画」、『世界の艦船』第737号、海人社、2011年2月、 108-111頁、 NAID 40017440295

外部リンク[編集]