イオンモール富津

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イオンモール富津
ÆON MALL FUTTSU
AEON MALL Futtsu.JPG
地図
店舗概要
所在地 293-0012
千葉県富津市市青木一丁目5番地1[1]
座標 北緯35度19分49.1秒 東経139度50分45.9秒 / 北緯35.330306度 東経139.846083度 / 35.330306; 139.846083 (イオンモール富津)座標: 北緯35度19分49.1秒 東経139度50分45.9秒 / 北緯35.330306度 東経139.846083度 / 35.330306; 139.846083 (イオンモール富津)
開業日 1993年平成5年)9月25日[1]
施設所有者 三井住友信託銀行株式会社[3]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 65,438 m²[2]
延床面積 約63,000 m2[1]
商業施設面積 33,377 m²[2]
中核店舗 イオン富津店
店舗数 100店舗
駐車台数 約1,800台[1]
商圏人口 267,000人(自動車30分圏)[2]
最寄駅 青堀駅
最寄IC 木更津南IC
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール富津(イオンモールふっつ)は、千葉県富津市に所在するイオンモール株式会社運営のモール型ショッピングセンターである。

概要

当SCは青堀駅から1kmほど離れた市民ふれあい公園[4]に立地する。イオンモールとしては千葉県第一号店であり、千葉県南地域では最大級の規模となるショッピングセンターである[4]

核店舗は扇屋ジャスコ運営のジャスコ富津店であった[4]。1999年8月に扇屋ジャスコはジャスコと合併したため、ジャスコ富津店はジャスコに営業譲渡された。2011年3月、ジャスコ富津店はイオン富津店に改称した。イオン富津店は専門店売り場より狭い。

富津市内には大型店が少ないため木更津地域への商圏食い止めをはかり当モールだけで富津市民全体の商圏を獲得し採算向上をしている。当SC周辺には衣料品店やコンビニエンスストア携帯電話販売店、ホームセンタースーパーマーケットガソリンスタンドカー用品店と商業施設が多く立地するようになった。

沿革

当モールは1993年9月にグランドオープンした。その後2007年3月にジャスコ直営売り場の一部を縮小する代わりに専門店部分を拡大するリニューアルが実施された[2]

主なテナント

2014年12月22日現在[6]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

イオン富津店

直営売り場の1階は「食品と日用雑貨のフロア」「イオンドラッグ」である[6]

付記

  • 日東交通により君津駅(青堀駅経由・専用車両で運行)からの路線バスが運行されている。かつては木更津駅西口からも当モール経由富津公園行きの路線バスが運行されていたが、2009年9月30日をもって廃止した[7]
  • 店舗内にエスカレーターは3基、エレベーターは2基設置している[6]
  • イベントは主に1階アゼリアコートで実施されている。
  • 黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』(2008年)に外観が登場している(店内のシーンは別の場所で撮影されている)。
  • 2023年4月に3階の旧ユニクロ・従業員休憩室の跡地として富津市立図書館を設置する方針を決めた[8]

脚注・出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e イオンモール富津 モール概要 - イオンモール株式会社
  2. ^ a b c d e 3月17日(土)イオン富津SC全館リニューアルオープン (PDF) - イオンモール株式会社 ニュースリリース 2007年3月17日
  3. ^ 令和2年度届出概要及び手続状況”. 千葉県 (2020年11月30日). 2020年12月28日閲覧。
  4. ^ a b c 『ジャスコ三十年史』p.566
  5. ^ イオンモールの沿革 - イオンモール株式会社
  6. ^ a b c イオンモール富津 フロアガイド - イオンモール株式会社
  7. ^ 『千葉県バス対策地域協議会第1回分科会協議結果総括表』 (PDF) - 千葉県 2009年8月5日
  8. ^ 東京新聞ホームページ

参考文献

  • ジャスコ株式会社編『ジャスコ三十年史』ジャスコ、2000年。

関連項目

外部リンク