イオンモール名取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモール名取
ÆON MALL NATORI
Aeonmall natori airi.JPG
店舗概要
正式名称 イオンモール名取
所在地 981-1294
宮城県名取市杜せきのした五丁目3番地の1
北緯38度9分50秒 東経140度53分44秒 / 北緯38.16389度 東経140.89556度 / 38.16389; 140.89556座標: 北緯38度9分50秒 東経140度53分44秒 / 北緯38.16389度 東経140.89556度 / 38.16389; 140.89556
開業日 2007年平成19年)2月28日[1][2]
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 大成建設株式会社
株式会社松田平田設計[7]
施工 大成建設株式会社
敷地面積 158,000[1]
商業施設面積 55,000[5]
延床面積 117,000[1]
中核店舗 ジャスコ新名取店[1][6]
+
三越名取店[1][6]

イオン名取店
店舗数 172[6]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約3,900台[1]
前身 ダイヤモンドシティ・エアリ[1]

イオンモール名取エアリ[3][4]
最寄駅 Sendai Rapid Transit.png/JR logo (east).svg 仙台空港アクセス線杜せきのした駅[1]
最寄IC NEXCO East.png 仙台東部道路名取IC、または、仙台空港IC
外部リンク http://natori-aeonmall.com/
ÆON MALL

イオンモール名取(イオンモールなとり)は、仙台空港アクセス線沿いの宮城県名取市なとりりんくうタウンに所在するショッピングセンターである。

概要[編集]

ダイヤモンドシティが宮城県名取市の仙台空港臨空都市に建設したショッピングセンターで[6]仙台空港線杜せきのした駅の南側にあり[1]、同駅とペデストリアンデッキと建物の2階で[8]直結している[9]

2006年(平成18年)4月8日の起工式の時点では「ダイヤモンドシティ仙台名取ショッピングセンター(仮称)」とされていたが[8]、同年9月27日に名取市の仙台空港の近隣にあることなどから「ダイヤモンドシティ・エアリ」と名づけられた[10]

また、起工式の時点ではジャスコ以外の核店舗として百貨店を招致したいとの意向を持っていた選定を進めていたものの実際の招致は困難との見通しをダイヤモンドシティが示していたが[8]、三越名取店が入居することになった[6]。 なお、シネマコンプレックスの併設は起工式の時点で計画の中に含まれていた[8]

敷地面積158,000m²に3階建て延床面積117,000m²という大規模なショッピングセンターで[1]、2007年(平成19年)2月28日の開業時点では[2]、ジャスコ新名取店と三越名取店を核店舗に172のテナントが入居する[6]2核1モール型のショッピングセンターであった[2]

このうち、三越は武蔵村山店に続く郊外型ショッピングセンターへの出店で[6]売場面積は13,480m²で売場面積18,685m²のジャスコと共に核店舗となっていた[2]

当施設は仙台市南部に位置する半径10キロメートル圏内の約43万人を基本商圏としつつも福島県や山形県からの集客を目指しており[2]、初年度売上は330億円を見込んでいた[1]

実際、当施設を含めて2007年(平成19年)以降に仙台市や名取市に大規模商業施設が複数開店したことで山形県では消費の県外流出を加速し、山形県の2012年度(平成24年)買い物動向調査で山形市では10人に1人が仙台地区で買う品物もあるなど山形県からの買い物流出率は同年度で約1.2%に達するに至ったと山形県商工労働観光部が調査結果を分析している[11]

また、当施設はファッション関連のショッピングセンターへの出店常連企業で構成される研究会SPACによる2006年(平成18年)春から2007年(平成19年)春に開業した主要大型ショッピングセンターの成績を出店したテナント企業のアンケート回答の集計で、集客力と利益では5位となり、同期間における新設ショッピングセンターの中で上位10施設の一つとの評価を受けた[12]

ところが、翌年2008年(平成20年)には来店者数が対前年比で約10%減少し[9]、同年春に行われた2006年(平成18年)秋冬から2008年(平成20年)春に開業した主要大型ショッピングセンター45施設の成績を、出店したテナント企業のアンケート回答の集計では、評価を大きく落としている[13]

また、開業初年度に売上高が目標の60億円を大きく下回る約37.5億円と低迷して約5.7億円の営業赤字となったうえ[14]、主力店舗が軒並み減収に陥った影響で不採算店舗の見直しが行われたことなどにより[15]、2009年(平成21年)3月1日に[9]名取三越は閉店した[15]

2009年(平成21年)11月13日に三越の撤退跡に家電量販店100円ショップを入居させるなどの改装を行って新装開店した[4]

ダイヤモンドシティとしては全国24箇所目の出店で[16]、開業時点では東北最大級のショッピングセンターと言われていた[1]

運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと2007年(平成19年)8月21日に合併したことに伴って運営母体がイオンモールとなり[17]、「イオンモール名取エアリ」[4]に名称変更された。

なお、イオンモールが運営するショッピングセンターの名称をイオンモールの後に所在地名を付ける形に統一することになったため[18]2011年(平成23年)10月21日「イオンモール名取」に名称変更された[3]

また、核店舗の「ジャスコ新名取店」[6]2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[19]ことに伴って「イオン新名取店」に改称した。

そのほか、シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ」は運営会社の「ワーナー・マイカル」が「イオンシネマズ」と2013年(平成25年)7月1日に合併して「イオンエンターテイメント」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更することになった[20]

旧名称[編集]

  • 「空気」(AIR):ダイヤモンドシティが東北初出店であること、出店地区が新興住宅地であることから、出店が新しい空気をこの街に吹き込むことをイメージ。
  • 「仙台空港」(SENDAI AIRPORT):仙台空港が設置されている地区である。
  • 「名取」(NATORI):出店する自治体の名称。地域との共生をイメージ。

以上、三つの言葉の一部を繋いで「airy」(エアリ)と命名された。また、来店者に妖精(Fairy)のように自由に跳びまわって欲しいとの意味合いも含まれている[16]

テナント[編集]

出店しているテナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間とATMコーナーについては公式サイト「営業時間・サービス案内」をそれぞれ参照。

核店舗[編集]

  • イオン名取店(約18,685m²[2]) - 「ジャスコ新名取店」[6]から2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一するため[19]、「イオン新名取店」に店名を変更。

なお、同じ名取市内にあった「ジャスコ名取店」は閉店して建て替えられ、[21]マックスバリュを核とした2007年(平成19年)8月28日にイオンタウン名取が開業した[22]

後に公式にイオン名取店となっている。

閉店したメインテナント[編集]

  • 名取三越 - (約13,480m²[2]) ※2009年(平成21年)3月1日に[9]閉店[15]

名取三越は、ダイヤモンドシティ・ミュー(現・イオンモールむさし村山東京都武蔵村山市)内の武蔵村山三越に続き、三越にとっての新業態である「郊外ショッピングセンター内の百貨店」として出店した[6]

しかし、仙台空港を利用する韓国中国からの外国人観光客の売り上げも好調とされていたものの[9]、開業初年度に売上高が目標の60億円を大きく下回る約37.5億円と低迷して約5.7億円の営業赤字となったうえ[14]、主力店舗が軒並み減収に陥った影響で不採算店舗の見直しが行われたことなどにより[15]、2009年(平成21年)3月1日に[9]名取三越は閉店した[15]

なお、東北地方における郊外ショッピングセンター内百貨店の先例として、1997年(平成9年)10月3日に秋田県秋田市のイオン秋田ショッピングセンター(現在のイオンモール秋田)内に開業した中三秋田店があるが[23]2008年(平成20年)10月20日に閉店に追い込まれている[24]

このように名取三越を含めて郊外型ショッピングセンターの核店舗としての出店が失敗に終わる要因としては、納入業者に最終リスクを持たせる委託販売とか消化仕入に依存する割合が高いことから粗利益率がアメリカ合衆国の約40%より大幅に低い約26%に留まることが影響して日本の百貨店は商圏人口約100~400万人で成立し、郊外のモール型リージョナルショッピングセンターの商圏人口45~60万人で営業する小売業ノウハウを持っていないことがあると言われている[25]

名取三越の撤退跡は2009年(平成21年)11月13日に家電量販店や100円ショップを入居させるなどの改装を行って新装開店している[4]

なお、「三越仙台店」 は隣接していた「ファッションドーム141」を2008年(平成20年)8月24日に閉店させ[26]、その商業フロア部分を賃借して「定禅寺通り館」 として同年11月21日から順次開業させ[27]、百貨店として東北最大となる約32,000m²へ増床することになった[27]

仙台の都心部では藤崎仙台ファーストタワーに売り場面積は1,150m²の藤崎ファーストタワー館を2009年(平成21年)7月11日に開店させて増床している[28]

なお、名取三越のエアリとの契約期間は2015年(平成27年)2月28日までとなっていた[29]。 そのため、イオンに違約金を支払う必要があるとされる[30]

グリーンスコアサービス[編集]

専用端末

CO2を削減することを目的に、自家用車と比べ9分の1(国土交通省算出)とされる鉄道を使って来店する客へ「グリーンスコア」を提供している(主催:イオンモール名取、協賛:仙台空港鉄道、協力:JR東日本仙台支社、イオン名取店)[31]。 スコアによって仙台空港アクセス鉄道グッズや、Suicaグッズなどがプレゼントされる[31]。 利用するには、駅側入口正面の2階エアリコート内に設けられたスコア取得専用端末で、Suicaをタッチすることで蓄積、200ポイント以上で、館内2か所に設けられた端末で交換引換券を発行、1階インフォメーションで希望の商品と交換できる[31]。 一度の鉄道利用ごとに一般が20スコア、定期券では10スコアが蓄積される[31]

沿革[編集]

周辺施設[編集]

近隣には2007年(平成19年)11月14日に開業した「スーパービバホーム新名取店」や[33]、2008年(平成20年)9月26日開店の「日本トイザらス」などが入居する「アクロスプラザ杜せきのした」[34]などの商業施設が立地している。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m “東北最大級体感 「エアリ」開店に2000人が列 名取”. 河北新報(河北新報社). (2007年2月28日)
  2. ^ a b c d e f g “全国小売流通特集:東北エリア=イオン、攻勢強める 仙台・盛岡での競争激化”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年7月24日)
  3. ^ a b c 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  4. ^ a b c d e 立松真文 (2009年12月12日). “東京23区内初のアウトレット 節約志向で出店攻勢”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  5. ^ 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  6. ^ a b c d e f g h i j k “ダイヤモンドシティ、東北最大級SC「エアリ」2月28日オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年1月31日)
  7. ^ ダイヤモンドシティ・エアリ”. 実績紹介. 大成建設. 2012年11月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e “DC仙台名取着工 核店舗の百貨店「誘致は難しい」”. 河北新報(河北新報社). (2006年4月9日)
  9. ^ a b c d e f g h “名取三越閉店、驚き広がる 進む街づくりに痛手”. 河北新報(河北新報社). (2008年9月26日)
  10. ^ a b “東日本最大級のリージョナルSC 「DIAMOND CITY airy」(ダイヤモンドシティ・エアリ) 正式名称決定”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年10月2日)
  11. ^ “山形から仙台へ 買い物客の流出進む山形市”. 河北新報(河北新報社). (2013年9月5日)
  12. ^ 小島健輔 『最新SCを格付け評価する』 月刊販売革新 2007年6月号 (商業界)
  13. ^ 小島健輔 『SC大異変にかく対応せよ』 月刊販売革新 2008年7月号 (商業界)
  14. ^ a b “三越、全国6店舗の閉鎖発表 名取は来年3月1日”. 河北新報(河北新報社). (2008年9月26日)
  15. ^ a b c d e f “2008年度百貨店調査、高コスト是正待ったなし、不振店の閉店相次ぐ”. 日経MJ(日本経済新聞社). (2009年8月12日)
  16. ^ a b ダイヤモンドシティプレスリリース (PDF) (2007年1月19日)
  17. ^ a b “イオン、大型SCで中国進出に本腰 開発会社合併効果を発揮”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年8月22日)
  18. ^ “イオンモール 15店名を変更”. 中日新聞 (中日新聞社). (2011年9月22日)
  19. ^ a b c “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  20. ^ “イオン、「ワーナー・マイカル・シネマズ」の劇場名を「イオンシネマ」に変更”. 日刊工業新聞(日刊工業新聞社). (2013年6月12日)
  21. ^ “ジャスコ名取店 建替 今年8月完成めざす 宮城県名取市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年3月26日)
  22. ^ “イオンタウン名取SC 8月28日(火) 宮城県名取市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年8月30日)
  23. ^ “「イオン秋田SC」リニューアル、百貨店加え2核で開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年10月15日)
  24. ^ “中三秋田店が閉店 「郊外型百貨店」根付かず”. 河北新報 (河北新報社). (2008年10月21日)
  25. ^ 六車秀之 『我が国の百貨店の課題と未来展望 第1回 百貨店の課題』 月刊ストアーズレポート 2009年7月号 (ストアーズ社) (2009年6月28日)
  26. ^ “1000の祈り吹き流しに 141最後の七夕飾り”. 河北新報(河北新報社). (2008年7月26日)
  27. ^ a b “命名「定禅寺通り館」 三越仙台店増床部分”. 河北新報(河北新報社). (2008年10月24日)
  28. ^ “高級感漂う店舗 藤崎ファーストタワー館オープン”. 河北新報(河北新報社). (2009年7月11日)
  29. ^ 『ダイヤモンドシティ 第38期有価証券報告書』 ダイヤモンドシティ、2007年5月18日。
  30. ^ 【ドラマ・企業攻防】三越・伊勢丹、リストラでせめぎ合い 関係ぎくしゃく?(2008年10月4日)
  31. ^ a b c d イオンモール名取 グリーンスコアキャンペーン”. イオンモール. 2014年8月18日閲覧。
  32. ^ 口座店としては、2013年2月8日の営業終了後に先行して杜せきのした支店へ移管。
  33. ^ “東北地区初出店 スーパービバホーム新名取店 11月14日オープン 宮城県名取市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年12月6日)
  34. ^ “日本トイザらス アクロスプラザ杜せきのした 9月26日開店めざす 宮城県名取市 ”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年2月25日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]