アンドレア・シュシュニャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレア・シュシュニャラ
Andrea Šušnjara
出生名 アンドレア・シュシュニャラ(Andrea Šušnjara
生誕 (1987-02-26) 1987年2月26日(31歳)
スプリト
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアクロアチア社会主義共和国スプリト(現・クロアチアの旗 クロアチア
職業 歌手
活動期間 2004年 -

アンドレア・シュシュニャラAndrea Šušnjara1987年2月26日 - )は、クロアチアの歌手。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国クロアチア社会主義共和国(現・クロアチア共和国)の中南部の都市スプリト出身。ロシアモスクワ2009年5月に行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2009年大会に、イゴル・ツクロヴと共にクロアチア代表参加し、「Lijepa tena」を歌う。

アンドレア・シュシュニャラは、幼い頃から音楽に関心を抱き、小学校と並行して初頭音楽学校に通っていた。2004年、ユーロビジョン・ソング・コンテストのクロアチア代表を選ぶ国内選考であるHRTドラに参加したことで本格的なデビューを果たす。同大会でシュシュニャラは、楽曲「Noah」を歌い、準決勝を1位で通過したものの決勝では2位となった。また、同年のスプリト音楽祭では「Kad Zažmirim」を歌い、最優秀新人賞となった。また、翌年のHRTドラでは「Ljudi S Mora」を歌い4位となった[1]

2005年、シュシュニャラはソープオペラ作品『Villa Maria』のオープニング曲および作中の曲を製作した。2009年イゴル・ツクロヴの「Lijepa tena」がこの年のユーロビジョンのクロアチア代表を目指して国内選考に参加した際、同曲をプロデュースしたトンチ・フリッチTonči Huljić)がシュシュニャラに共演を求めた。ツクロヴはHRTドラで優勝し、これを請けてツクロヴと共にこの年のユーロビジョンのクロアチア代表として大会に参加することとなった[1]

2010年5月、スプリトを拠点とするバント・マガジンのヴォーカルに抜擢される[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Igor Cukrov feat. Andrea - Lijepa Tena - Croatia 2009”. 2009年5月閲覧。
  2. ^ Nova fruzura za novi početak: Andrea Šušnjara snimila prvi singl” ((クロアチア語)). ユタルニ・リスト英語版 (2010年5月30日). 2013年1月1日閲覧。