アストンマーティン・DB5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DB5
DB5ドロップヘッドクーペ

DB5は、アストンマーティン・ラゴンダが1963年7月-1965年9月に製造したスポーツカーであり、DB4の後継車種である。

1964年秋から高性能版のヴァンテージ仕様も設定されたが、DB4GTより少ない65台の製造にとどまった。またドロップヘッドクーペは、123台が製造され、その他に12台がハロルド・ラドフォードの架装によりシューティングブレークに改造された。

2年余りの間に1,023台が製造された後、後継モデルのDB6にバトンタッチした。

映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、続く4作目『サンダーボール作戦』において、様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の映画シリーズの特徴となったことから、ボンドカーの代表的な車種として知られる。17作目『ゴールデンアイ』で再登場すると、その後のシリーズでも、メインのボンドカーとは別に、しばしばボンドの愛車として作中に登場している。また、3代目ボンドのロジャー・ムーアが出演したアメリカ映画『キャノンボール』でも、ボンドカーのパロディとして様々なギミックが搭載されたアストンマーティン・DB5が登場する[1]

アメリカのTVドラマ『スパイ大作戦』第1シリーズの「武器弾薬を渡すな Odds on Evil」では、左ハンドル仕様で赤い車体のものが、メンバーの逃走用自動車として登場する。

機構・スタイル[編集]

  • エンジンは、シリンダー内径をDB4のものから4mm拡大した、内径φ96mm×行程92mmの3,995cc水冷直列6気筒全軽合金製DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSU製キャブレターから282hpを、高性能版のヴァンテージ仕様は3基のウェーバー製キャブレターから314hpを出力する。
  • トランスミッションは当初は親会社のデヴィッド・ブラウン製のオーバードライブ付4速MT、後にはZF製5速MTが標準であり、ボルグワーナーATもオプション設定された。
  • 外観はDB4Sr.5との差異は殆どないが、装備類の充実からか車重は116kg増の1,470kgとなった。

注釈[編集]

  1. ^ ムーアが出演した007シリーズでは、DB5に限らず、アストンマーティンがボンドカーになったことはない。

関連項目[編集]