アストンマーティン・DB4GTザガート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DB4GTザガート(手前)

DB4GTザガートは、アストンマーティン・ラゴンダが1960年から1963年に製造したスポーツカーである。 

DB4GTをさらに高性能化・軽量化したバージョンであり、19台のみ製作された。

通常のDB4GTシャシに、カロッツェリアザガート製の軽量ボディを架装。ボディデザインは当時カロッツェリアザガートのデザイナーだったエルコーレ・スパーダの手による。

一時期、自動車評論家の小林彰太郎がシャシ番号0200/Rを所有していた。

1991年に、未使用のDB4GT用のシャーシナンバーを使用して、アストンマーティン・ラゴンダ公認で4台がサンクションII[1]として追加製造された。

機構・スタイル[ソースを編集]

  • エンジンは、DB4GTの3,670cc水冷直列6気筒のツインプラグDOHCエンジンをベースに圧縮比を9.7:1と高めたもの。3基のウェーバー製45DCOEダブルチョークキャブレターから314hpを出力する。
  • 車重はDB4GTに比べ更に軽量な1,159kgとされたが、さらに一層の軽量化を行ったバージョンが4台製作された。

関連項目[ソースを編集]

  1. ^ 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. (2013). pp. 98. ISBN 9784779617232.