アジア・アフリカ作家会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アジア・アフリカ作家会議(アジアアフリカさっかかいぎ、英語: Afro-Asian Writers' Association[1])とは、アジアとアフリカの国際的な文学者の連帯組織である。AA作家会議と表記されることも多い。

来歴[編集]

1950年代植民地支配から脱却しつつあったアジア・アフリカ諸国の連帯の機運がたかまった。1955年にはバンドン会議がひらかれ、政治的にも連帯のムードが動き出したことも、その傾向に拍車をかけた。その中で、文学者の連帯がはかられた。

1956年12月、インドニューデリーで第1回アジア作家会議が開かれ、15カ国の作家が参集した(日本からは堀田善衛が参加)。このとき、次回はウズベキスタン(当時ソ連統治下)のタシュケントで開催することを決定、その準備の段階で、アフリカの文学者も参加することが決まり、1958年10月、タシュケントで第1回アジア・アフリカ作家会議が開催された。この会議には35カ国からの参加があった(パキスタンからは詩人のファイズ・アハマド・ファイズ が参加)。

この会議では、コロンボに常設事務局をおくことと、次の10カ国からなる常任理事国を決定した。

常任理事国(国名は当時のもの) カメルーンセイロン中国ガーナインドネシアスーダンインドソ連アラブ連合・日本

その後、1961年3月に東京で緊急集会(20カ国[2])、1962年2月にはカイロで第2回大会(43カ国[2])が開かれた。しかし、その頃からの中ソ対立が運動に影をおとし、1964年ジャカルタで予定されていた[2]第3回大会を統一して開くことは不可能になった。1966年6月に北京で開かれた緊急集会は、反ソキャンペーンの場となり、それに対抗したグループは1966年8月、アゼルバイジャン(当時ソ連)のバクーで緊急集会を開いた。コロンボの常設事務局もカイロと北京とに分裂した[2]

この対立は1967年3月、ベイルートで開かれた第3回大会(43カ国[2])に中国とそこを支持するグループが参加しなかったことで決定的になった。中国では当時文化大革命が進行中であり、前年10月にカイロでひらかれた準備会議から欠席を続けていた。北京事務局は活動を停止し、その結果、中国側は運動から脱落したような形になった。この会議では、連帯のために雑誌『LOTUS』を発刊することを決めた。また、1969年からは、ロータス賞を制定した。

第4回大会は1970年11月にニューデリーで(32カ国[2])、第5回は1973年9月にカザフスタン(当時ソ連)のアルマアタ(現アルマトゥイ)で(64カ国[2])、第6回は1979年7月にアンゴラルアンダで(58カ国[2])開催された。

その後、1982年ベトナムホーチミン市で、1983年に25周年記念としてタシュケントで、1986年北朝鮮平壌で、1988年チュニジアチュニスで大会が開かれている。

雑誌『LOTUS』は英語フランス語アラビア語1990年代半ばまで刊行された[3]

2013年8月、ベトナム作家会議がホスト役となって、50カ国の作家が参加しハノイ円卓会議が開催された[4]。アジア・アフリカ作家会議を再建し、ラテンアメリカの作家も参加対象とすること、次回はイラクで開催することなどを申し合わせ、「ハノイ宣言」を採択した[5]

日本における動き[編集]

第1回アジア・アフリカ作家会議に向けて、石川達三を委員長とする『アジア・アフリカ作家会議日本連絡協議会』が結成され、第1回大会に伊藤整を団長、野間宏加藤周一遠藤周作らが参加する代表団を送った。会議後の1959年、常設のアジアアフリカ作家会議日本評議会が結成され、堀田善衛が事務局長となった。東京会議にも、多くの文学者が参加した。

第2回の会議には、木下順二団長、堀田善衛・松本正雄武田泰淳らが参加した。

その後の中ソ対立は、日本評議会にも影響が及び、北京集会には白石凡団長、由起しげ子霜多正次らが参加、バクー集会には中薗英助安部公房らが参加した。この間、堀田は事務局長を辞任し、白石や松岡洋子たち中国支持グループは日本評議会の解散を一方的に決め、ソ連とも中国とも距離を置いていた霜多正次・窪田精はそれを批判する声明をだした(『民主文学』1967年10月号掲載)。

ベイルート会議には堀田善衛・長谷川四郎たちが参加、その後の運動は長谷川たちの属する新日本文学会が中心になった。1970年のニューデリー大会には、堀田善衛団長、竹内泰宏副団長として、島尾敏雄大江健三郎らが参加した。1973年には野間宏が『青年の環』でロータス賞を受賞した。

1974年3月、日本アジア・アフリカ作家会議の準備会が結成され、参加の呼びかけがおこなわれた(『新日本文学』1974年5月号掲載)。呼びかけ人には、大江健三郎・小田実中野重治・野間宏・堀田善衛たちが名を連ねた。5月25日、東京で結成総会が開かれ、野間宏議長、堀田善衛事務局長が決まった。

1979年、堀田善衛が『ゴヤ』でロータス賞を受賞した。

1988年、小田実が、『HIROSHIMA』でロータス賞を受賞した。

日本アジア・アフリカ作家会議は、1974年に日本アラブ文化連帯会議を、1981年にアジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化会議をそれぞれ主催し成功させた[2]1983年11月より季刊機関誌『aala』を刊行していた[6]が、1990年代の国際情勢の変化の中活動が滞り、事務局長栗原幸夫1997年2月をもって同誌終刊を宣言、会自体も自然消滅した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]