中薗英助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中薗 英助(なかぞの えいすけ、男性、1920年8月27日 - 2002年4月9日)は、日本小説家推理作家福岡県出身。本名:中園 英樹

来歴・人物[編集]

旧制八女中学校卒業。旧満州を経て、1938年北京へ遊学し、東亜新報記者を務めるかたわら、執筆活動を開始。1946年引き揚げ帰国し、1950年に『近代文学』に『烙印』を発表して以来、作家生活へ。

1981年に『闇のカーニバル』により日本推理作家協会賞受賞。

1993年に『北京飯店旧館にて』により読売文学賞受賞。

1995年に『鳥居龍蔵伝』により大佛次郎賞受賞。

2002年4月9日、肺炎により死去。81歳没。没前後して、著作が刊行された。

2012年3月3日から4月22日まで、神奈川近代文学館にて「収蔵コレクション展11 中薗英助展-〈記録者〉の文学-」が開催された。

著書[編集]