みちのく娘!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みちのく娘!
ジャンル 演歌
活動期間 2018年 -
レーベル 日本クラウン
公式サイト [1]

みちのく娘!(みちのくむすめ)は東北出身の女性演歌歌手3人、工藤あやの津吹みゆ羽山みずきからなるユニットである[1]

「歌謡ミュージカル」をコンセプトにし、オリジナル曲はむろんのことカバー曲もフォーメーションダンスで踊りながら歌唱する[1]

概要[編集]

工藤あやのは2014年に、津吹みゆは2015年に、羽山みずきは2016年にそれぞれソロデビューをはたしていたが、振付師花柳糸之がプロデュースする形で2018年にグループとしてデビューした[1]。グループデビュー後もそれぞれの個人活動は続けている[1]

もともとデビュー時期が近かったことと、所属するレコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ日本クラウンだがどちらも第一興商グループということもあってキャンペーンなどでは3人いっしょになることも少なくなかった[1][2]。イベントで東北っこ三人娘と呼ばれていたこともあり、2017年にはMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE東京都渋谷区)で3人のコンサートを開催している[1][2]。このコンサートの評判が良く、グループ結成のきっかけとなった[1][2][3]

2018年2月28日放映の『新・BS日本のうた』(NHK BSプレミアム)で試験的に「微笑がえし」「雨のオランダ坂」を3人で歌っている[1]。その後、『新・BS日本のうた』番組プロデューサーから花柳を紹介され、稽古を積む[1]

2018年5月13日放映の『新・BS日本のうた』で「お祭りマンボ」を歌唱し、これがグループデビューとなる[1]。複雑なフォーメーションダンスを踊りながら歌う3人の姿に問い合わせが殺到した[1]。その後も『新・BS日本のうた』にはたびたび出演し、「夢見るシャンソン人形」、「好きになった人」、「ジャンケン娘」、「家へおいでよ」、「愛のさざなみ」、「ミネソタの卵売り」、「真赤な太陽」の歌唱をダンスと共に披露している[1]。同年11月にはデビューシングル「春ッコわらし」をリリースする[1]。「春ッコわらし」はアップテンポなポップス調歌謡曲であり3人のハーモニーはキャンディーズを彷彿させるものがあった[1][3]

2019年9月には四谷区民ホール東京都新宿区)でファーストコンサートを開催した[4][5]

新型コロナウイルス流行後の初コンサートとなるよみうりホール(東京都千代田区)で2020年11月に開催したコンサートではトリオ漫才を披露した。これは花柳糸之から「3人の会話が東北訛りで何を言っているかわからないから、漫才をやれ」と指示されたことによるもの[6]

ディスコグラフィ[編集]

シングル
  1. 春ッコわらし (2018年11月14日発売)(CRCN-8204)
  2. べっぴん音頭/あっちむいてほい (2020年5月13日発売)(CRCN-8333)
  3. みちのく恋の花/悲しいときは (2021年12月8日発売)(CRCN-8446)
アルバム
  1. みちのく物語 (2020年11月4日発売)(CRCN-20471)
DVD
  1. みちのく娘!コンサート ~今できること~ (2021年2月17日発売)(CRBN-96)

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連[編集]

外部リンク[編集]