ふとっちょ☆カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふとっちょ☆カウボーイ
本名 竹田 淳(たけだ じゅん)
生年月日 (1974-01-04) 1974年1月4日(44歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 B型
言語 日本語
最終学歴 名古屋大谷高等学校卒業
コンビ名 ベガーズ(1990年)
だぼぱん(1997年 - 2001年)
トリオ名 なごみ堂!(2001年 - 2006年)
相方 高木優(だぼぱん)
水町享央、林信亨(なごみ堂!)
芸風 漫談
事務所 アミー・パーク
活動時期 1990年 -
過去の代表番組 あらびき団
爆笑レッドカーペット
新春ピンクカーペット
など

ふとっちょ☆カウボーイ1974年1月4日 - )は、日本ピン芸人。本名、竹田 淳(たけだ じゅん)。

愛知県名古屋市出身。アミー・パーク所属。名古屋大谷高等学校卒業[1]

来歴[編集]

芸風[編集]

  • 自身の太っている体型を(メタボリックな人として)ネタにした自虐ギャグを披露する。
  • カウボーイの格好をして腹を出して掴み、「メタボリック、パ〜ン。パン、パ〜ン!」と発しながら、つかみのネタを始め数本のパターンネタを披露する。
  • 自分の腹を「腹ギター」として爪弾きながら、漫談を披露する。
パターン
  • 「もしも有名なキャラ(桃太郎など)がメタボリックだったら…」を絵で表現する。
  • 既存の商品に太っている人用(名称は「メタボリック」がかかっている)を作って欲しいと希望する「メタボリックダイアリー」。etc

逸話[編集]

  • 「爆笑!レッドカーペット」のオーディションで「メタボリックはネタではない」と否定され紙芝居を披露したが、中笑いを記録し勝俣州和から「あれは悪ふざけ」「殴りたくなる」と評された。後の新春ピンクカーペットでは満点大笑いを記録し、審査員だった森久美子らから絶賛。また、「エンタの神様」のオーディションはいうほど太っていないということで落選した[3]
  • 公式ブログではお菓子の差し入れの画像カロリーを記載する事が多い。
  • 2015年3月7日浅草KURAWOODにてライブ中ステージから客席に飛び降りたが自らの体重を支えきれず左ひざを複雑骨折、救急隊員により病院へ搬送された[4]。約5ヶ月後、2015年7月28日のアミーパークライブ(事務所ライブ)から復帰[5][6]
  • 呉服屋の息子である[7]

出演[編集]

テレビ[編集]

ピン芸人での出演

過去の出演番組[編集]

だぼぱん時代
なごみ堂時代

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 竹田淳(ふとっちょカウボーイ)Facebook 自己紹介(2018年8月24日閲覧)より。
  2. ^ 東京スポーツ 2011年9月7日付記事「あらびき団終了をふとっちょ☆カウボーイに直撃」
  3. ^ サイゾー・「それは、ネタじゃない」“あらびき芸人”の苦悩と野望
  4. ^ ご迷惑かけてます。”. ふとっちょ☆カウボーイの新パンパン日記 (2015年3月9日). 2018年8月24日閲覧。
  5. ^ アミーパークライブ。”. ふとっちょ☆カウボーイの新パンパン日記 (2015年7月29日). 2018年8月24日閲覧。
  6. ^ 2015年自分まとめ”. ふとっちょ☆カウボーイの新パンパン日記 (2015年12月31日). 2018年8月24日閲覧。
  7. ^ うたまっぷインタビュー ふとっちょ☆カウボーイ”. うたまっぷ.com. 2018年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]