ピーポくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカ空軍軍人記念撮影をするピーポくんの着ぐるみ

ピーポくんは、警視庁マスコットキャラクター

概要[編集]

都民と警視庁のきずなを強めるため「親しまれ、信頼される警視庁」をテーマに、警視庁のシンボルマスコットとして1987年昭和62年)4月17日に、発案者の鎌倉節、デザイン担当の上原幸子、名前を付けた安藤隆春[1]により誕生した。名前の由来は、人々の「ピープル」と、警察の「ポリス」の頭文字から[2]

ほぼ全身が黄色であり、耳が大きく、腰にはベルト(1994年3月まで警察官の装備として採用されていた負革の付いた帯革)を締めている。

ピーポくんは特定の動物ではなく、いろいろな動物の可愛らしい部分をイメージ化して作られたものである。顔が大きく体が小さいなど、愛着のあるキャラクターとして幼児向けの要素も盛り込んでいるが、大きい耳やアンテナ、見開いた目には、それぞれ以下のような役目を持つとされる[3]

  • 耳:都民の声を幅広く聞くためのもの
  • アンテナ:社会全体の動きを素早くキャッチするためのもの
  • 目:社会すみずみまで見わたすためのもの

キャラクター展開[編集]

1987年4月17日にキャラクター制定[4]。ピーポくんは元々、警視庁広報課が発案しキャラクターデザイナーと共同で製作したもので、その著作権は警視庁に帰属し、商標登録もされている(登録権利者は東京都)[5]。そのため、テレビ番組やコミックなどでピーポくんをモデルにしたキャラクター(あるいはピーポくんそのもの)を登場させる際には、「ピーポーくん」などと言い換えられることがある(許可なく『ピーポくん』そのものを出演させた場合は、本物を示す言葉として使われているので商標としての使用には反しないが、著作権や意匠に関する部分で違反となる。)。

当初は防犯ポスターなどに使われていたが、その後、縫いぐるみや携帯ストラップ、メモ帳、消しゴム、マウスパッド、テレカ、Tシャツ、キーホルダー、防犯ブザーなど各種グッズが製作・販売されるようになった(警視庁管内の運転免許試験場の売店などで購入できる)。また、警視庁公式ウェブサイトにはいたるところにピーポくんが登場する。さらに、警視庁管内の交番や警察署の各課窓口などには、縫いぐるみやポスター、建て看板などが置かれていたりもする。

2002年平成14年)4月17日から“ピーポくんのうた”が使われ始め、イベントなどで利用されている。作詩作曲は清水道代で同年2月に採用された[2]。CDは非売品[2]

2016年以降に発表されている広報用映像やWebアニメなどでは声優原奈津子が声を担当している[6]

刑事ドラマなどでの登場も多く、この種のマスコットキャラクターとしては好意的、かつ認知度も高いキャラクターである。

ピーポくんの家族[編集]

ピーポくんには家族がおり、父母妹弟、さらに祖父母もいる。それぞれの容姿はピーポくんをモデルとしており大きな形状変化は見られない。彼らの声はウェブ上で聞くことが可能である[7]

  • おじいさん
  • おばあさん
  • おとうさん
  • おかあさん
  • ピー子(妹)
  • ピー太(弟)

脚注[編集]

  1. ^ 愛されて35年 明かされた「ピーポくん」誕生の秘話【news深掘り】:時事ドットコム
  2. ^ a b c フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。 
  3. ^ ピーポくんのしょうかい
  4. ^ 警視庁ピーポくん30年…実は7人家族永遠の子ども毎日新聞 2017年5月1日
  5. ^ 名刺に「ピーポくん」お値段1千円? 商標法違反容疑で男を逮捕”. 朝日新聞 (2021年11月17日). 2021年11月17日閲覧。
  6. ^ haranatsukoのツイート(715497891826012160)
  7. ^ ピーポくんの家族紹介

関連項目[編集]

外部リンク[編集]