すさみ串本道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道自動車専用道路(A')
国道42号標識
E42 すさみ串本道路
路線延長 19.2 km
起点 和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台
(串本IC)
終点 和歌山県西牟婁郡すさみ町江住
すさみ南IC
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

すさみ串本道路(すさみくしもとどうろ)は、和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台から西牟婁郡すさみ町江住に至る予定の自動車専用道路である。近畿自動車道紀勢線に並行する国道42号自動車専用道路として整備されている。高速道路ナンバリングは、近畿自動車道紀勢線(勢和多気 - 和歌山)を形成するため「E42」が割り振られる[1]

概要[編集]

すさみ串本道路と並行する幹線道路は国道42号のみであり、南海トラフ巨大地震発生時は約6割の区間が浸水することが想定されている[2]。また、同区間は台風による越波や大雨による法面崩落によって通行規制が多発している[2]。これ以外にも線形が悪い箇所も存在し、災害時や緊急時の輸送・搬送に長時間をかけることになる[2]。このため、国道42号の代替路を確保する必要性が浮上し、2014年(平成26年)度に事業化されることになった。

なお、紀勢自動車道に接続するすさみ南ICは、和歌山・田辺方面のみ利用できるハーフインターチェンジとなるため、串本方面から利用するには和深ICか紀勢自動車道のすさみICを利用することになる。

路線データ[編集]

道路の位置関係[編集]

近畿自動車道紀勢線
(大阪・和歌山方面) - E26 / E42 阪和自動車道 - E42湯浅御坊道路 - E42 阪和自動車道 - E42 紀勢自動車道 - E42すさみ串本道路 - E42串本太地道路 - E42那智勝浦新宮道路 - E42新宮道路 - E42新宮紀宝道路 - E42紀宝熊野道路 - E42熊野道路 - E42熊野尾鷲道路 - E42 紀勢自動車道 - (津・名古屋方面)

※は高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路を示す。

歴史[編集]

  • 2014年(平成26年)度 - 事業化
  • 2025年(令和 7年)度 - 串本IC~すさみ南IC間開通に伴い、供用開始予定[要出典]

インターチェンジなど[編集]

  • 全区間が和歌山県に所在。
  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。施設欄の背景色がである部分は未開通区間または未供用施設を示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
E42 紀勢自動車道 和歌山・大阪方面
39 すさみ南IC 県道36号上富田すさみ線 和歌山・田辺方面出入口 すさみ町
40 和深IC 国道42号 7.1 事業中
新宮方面出入口
串本町
41 串本IC 国道42号 19.2 事業中
和歌山・田辺方面出入口

串本太地道路開通後は古座・新宮方面の出入口が開設される予定。

E42 串本太地道路(事業中)那智勝浦・尾鷲方面

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c 一般国道42号(近畿自動車道紀勢線) すさみ串本道路に係る新規事業採択時評価 (PDF) - 国土交通省 近畿地方整備局 紀南河川国道事務所
  3. ^ a b c d e f 一般国道42号 すさみ串本道路”. 国土交通省近畿地方整備局紀南河川国道事務所. 2018年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]