和歌山県道177号南金屋由良線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
和歌山県道177号標識
和歌山県道177号南金屋由良線(紀勢本線線路付近)

和歌山県道177号南金屋由良線(わかやまけんどう177ごう みなみかなやゆらせん)は、和歌山県有田郡広川町から和歌山県日高郡由良町に至る一般県道である。

概要[編集]

全線(国道42号との重複路線を除く)にかけて道が狭い。南側では、道の整備をされており、周辺には農地集落があるため、生活道路として地元住民が利用している。しかし、北側では、道の整備をされておらず、国道425号と同様に、道が1車線未満の幅で非常に狭い。さらに、ガードレールが設置されていないため、悪天候時や雨天後に水越峠周辺の本路線を通行した場合、危険かつ転落死亡事故の可能性もある。安全性を考えた場合、深夜に好んで車で走行できる様な路線ではない。 特に、水越峠付近では、木や小石、草などに覆われており、夏を中心にクモなどが生息しやすいため、徒歩や自転車、オートバイでの通行をお勧めできない路線でもある。

本路線は和歌山県の険道である。

広川 - 由良へ実際に行く場合、国道42号線を通った方が快適性、安全性が良い。

路線データ[編集]

  • 陸上距離:11.2km
  • 起点:有田郡広川町殿(殿交差点=国道42号線
  • 終点:日高郡由良町畑(畑交差点=国道42号線)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]