β-クリプトキサンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
β-クリプトキサンチン[1]
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 472-70-8 チェック
PubChem 5281235
ChemSpider 4444647 チェック
特性
化学式 C40H56O
モル質量 552.85 g/mol
融点

169 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

β-クリプトキサンチン(β-cryptoxanthin)は、天然に存在するカロテノイド色素の一つである。ホオズキオレンジの皮、パパイヤ卵黄バターリンゴウシの血清など多様なところから単離される[1]

化学的性質[編集]

分子構造β-カロテンに似ており、その片方の環にヒドロキシル基が一つ置換している。炭素水素以外の元素を含むためカロテノイドのうち、キサントフィルに属する。

純粋なクリプトキサンチンは金属光沢を有する赤色の結晶である。クロロホルムベンゼンピリジン二硫化炭素に易溶[1]

生物学的機能[編集]

ヒトでは、β-クリプトキサンチンはビタミンAレチノール)に変換されるためプロビタミンAと見なされている。他のカロテノイドと同様に、β-クリプトキサンチンは抗酸化物質としてフリーラジカルによる酸化的損傷から細胞およびDNAを保護していると考えられている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c Merck Index, 11th Edition, 2612.
  2. ^ Lorenzo, Y.; Azqueta, A.; Luna, L.; Bonilla, F.; Dominguez, G.; Collins, A. R. (2008). “The carotenoid -cryptoxanthin stimulates the repair of DNA oxidation damage in addition to acting as an antioxidant in human cells”. Carcinogenesis 30: 308. doi:10.1093/carcin/bgn270. 

関連項目[編集]