WebPositive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WebPositive
作者 Stephan Aßmus
初版 2010年02月(4年前) (2010-02
最新版 r580 / 2011年06月1日(3年前) (2011-06-01
プログラミング言語 C++
対応OS Haiku
使用エンジン WebKit
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
種別 ウェブブラウザ
ライセンス 二条項BSDライセンス
GNU LGPL
テンプレートを表示

WebPositive (ウェブポジティブ; 略称: Web+) とは、Haiku OS に標準搭載されるウェブブラウザである。



概要[編集]

HTMLレンダリングエンジンWebKit を用いたタブブラウザ

WebPositive という名称は、WebKit の‘Web-’と Haiku OS が目指す OS である BeOS に付属していたウェブブラウザ NetPositive の‘-Positive’に由来し、組み合わせたものである[1]

歴史[編集]

  • 2007年、Ryan Leavengood により WebKit が Haiku へ移植され[2]、2007年末に WebPositive の前身である HaikuLauncher として不完全ながら動作に成功した[3]
  • 2009年Google Summer of Code において、Ryan Leavengood の教え子である Maxime Simon により HaikuLauncher の大幅な改良がなされた[4][5][6]
  • 2010年2月、Stephan Aßmus (stippi) らが手を加えることにより HaikuLauncher は実用段階に達し、そのウェブブラウザの名称を WebPositive とした[7][8]
  • 2010年5月10日、WebPositive は、Haiku OS の R1/Alpha 2 において BeZillaBrowser に代わり既定のウェブブラウザとして採用された[9]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • Arora - WebPositive と同じく Haiku で動作する WebKit を用いたウェブブラウザ

外部リンク[編集]