Amazon Silk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amazon Silk
開発元 Amazon.com
初版 2011年11月15日 (2011-11-15)
対応OS Android
使用エンジン WebKit
対応言語 英語スペイン語フランス語イタリア語日本語中国語
サポート状況 開発中
種別 ウェブブラウザ
公式サイト www.amazon.com/silk
テンプレートを表示

Amazon Silk (アマゾン シルク) は、Kindle Fire[1]用にAmazonが開発したウェブブラウザである。ウェブページの読み込みを速くするために、いくつかの処理をAmazonのサーバーで行うという分割アーキテクチャを使用している。フロントエンドは、WebKitが使用されている。

概要[編集]

Silkは、ウェブページの読み込み速度を上げるためにGoogleSPDYプロトコルを使っている[2]

Amazon Silkを通したインターネットの活動に関して、プライバシーおよびセキュリティに関する懸念があげられている。Silkブラウザには、Amazonのサーバー側の処理を止めるオプションがある[3][4][5]

その仕様と低いシェアのために、多くのサイトとプログラムはAmazon Silkとの互換性がない。ブラウザとしての世界シェアは1%より少ない。

名称[編集]

Amazon Silkという名前は、Kindle FireとAmazon EC2サーバーをつなぐ様子を「目に見えない絹糸が2つのものを極めて頑丈につなげる」ことに例えて名付けられた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Amazon's Silk Browser May Not Be Smooth When It Comes to Privacy”. PC World (2011年9月28日). 2011年9月29日閲覧。
  2. ^ Amazon Silk is hiring: Software Development Engineers - SPDY”. Aws.amazon.com. 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ Gregg Keizer (September 29, 2011), “Amazon's Silk browser raises privacy, security eyebrows”, computerworld.com (Computerworld): pp. 1–2, http://www.computerworld.com/s/article/9220403/Amazon_s_Silk_browser_raises_privacy_security_eyebrows 
  4. ^ Thomas Claburn (September 29, 2011), “Amazon Silk Browser Prompts Privacy Worries”, informationweek.com (InformationWeek), http://www.informationweek.com/news/security/privacy/231602422 
  5. ^ Stephen Shankland (September 29, 2011), “Amazon Silk: One step forward, two steps back”, news.cnet.com (CNET), http://news.cnet.com/8301-30685_3-20113387-264/amazon-silk-one-step-forward-two-steps-back/ 
  6. ^ Amazon Silk—Amazon's Revolutionary Cloud-Accelerated Web Browser - YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]