Arora

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Arora
Arora logo
Arora Webbrowser.png
Aroraのスクリーンショット
作者 Benjamin C. Meyer ("icefox")
開発元 Arora team
初版 2008年
最新版

0.11.0 - 2010年09月27日(4年前) (2010-09-27

[±]
プログラミング言語 C++
対応OS Linux, FreeBSD, Mac OS X, Windows, Haiku, OS/2
使用エンジン QtWebKit
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サイズ 1.2 MB (Linux)
対応言語 30言語
サポート状況 開発中
種別 ウェブブラウザ
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト http://code.google.com/p/arora/
テンプレートを表示

Aroraは、Qtに含まれるQtWebKit[1]を使用したクロスプラットフォームおよびオープンソースウェブブラウザ。最小主義で、軽量なインタフェース、タブ管理、シンプルな履歴、ブックマークシステムおよびグローバルユーザCSSなどの機能を持つ。

沿革[編集]

オリジナルのコードベースはTrolltech(現Qt Development Frameworks)のQt開発者であるBenjamin C. Meyer("icefox")によって作成され、Qt4.4.0の一部、QtWebKitのデモンストレーションを行うためのQtデモブラウザとしてリリースされた。リリース後、Meyerはコードをフォークし、名称をAroraとして単独で開発を続けた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Qt Software (2009年). “Qt 4.5: QtWebKit Module”. 2009年5月8日閲覧。
  2. ^ Benjamin C Meyer (2008年4月28日). “Arora & QtWebKit Trunk”. 2008年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]