OmniWeb

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OmniWeb
開発元 The Omni Group
最新版 5.11.2 / 2012年07月20日(23か月前) (2012-07-20
対応OS Mac OS X
対応言語 多言語
種別 ウェブブラウザ
ライセンス プロプライエタリ / LGPL
公式サイト OmniGroup: OmniWeb
テンプレートを表示

OmniWeb(オムニウェブ)はThe Omni GroupMac OS X用に開発しているウェブブラウザ

歴史[編集]

OmniWebはそもそもNEXTSTEP用のブラウザとしてThe Omni Groupによって開発され、1995年3月17日に米ライトハウスデザイン社 (en:Lighthouse Design)から発売された。NEXTSTEPがOPENSTEP、Mac OS Xへと進化していくに従って、OmniWebもそれらのプラットフォームに移行していった。Mac OS X Server v1.xでは、標準WebブラウザとしてOmniWeb 3.0.xがバンドルされていた。OmniWebがWindows上でYellow BoxやOPENSTEPを使って動作していた時期もあった。Lighthouse Designがサン・マイクロシステムズに買収されてから、バージョン2.5以降は、Omni Group自身が発売している。バージョン4.0以降はMac OS X用のみに開発されている。

OmniWebはMac OS Xの機能を完全に活用できるCocoaで開発されている。鮮明な画像や滑らかなテキストを表示するためにQuartzを用い、ドロワーやシート、カスタマイズ可能なツールバ-などを活用したインタフェースを特徴としている。

OmniWebは初期にプロプライエタリHTMLレンダリングエンジンを採用していた。しかしそのエンジンはCSSのような最新のWeb標準と完全には互換性がなかった。2003年2月にOmni GroupはAppleSafariのために作ったAppleWebCore(後のWebKit)レンダリングエンジンを採用した。

2004年8月11日、Omni Groupはいくつもの新機能を搭載したバージョン5.0を発売した。特筆すべき新機能はその特徴的なタブブラウジング機能である。タブはウィンドウの端にあるドロワーに垂直に並んで表示される(サムネイルを付けることも可能)。この機能の有用性に関しては議論があるが、現在のバージョンにも残っている。

2006年9月6日にバージョン5.5が発売された。新機能にはWebKitをカスタマイズ、ユニバーサルバイナリへの対応、web archive形式での保存、ユーザースタイルシートへの対応、などがある。

2009年2月24日にバージョン5.9が発表され、同時に無料化された。

2012年7月20日にバージョン5.11.2が発表され、OS X Mountain LionのGatekeeperに対応した。

外部リンク[編集]